記憶術の歴史

ここでは記憶術の歴史について説明しています。
当方の記憶術HPのトップにも要点としてご紹介していますが、
記憶術は2500年くらいの歴史があります。
実は長い歴史がありますが、意外とこのことが知られていません。

 

詳細は、各ページに書きましたが、
ここではダイジェストで記憶術の歴史の流れをまとめてみましょう。

 

記憶術の発祥は古代ギリシア

発祥はギリシア時代になります。
シモニデスが記憶術を発明し、同じ頃、ギリシアではメトロドロスが活躍します。

 

ローマ時代

その後400年くらいしてからローマではキケロが現れて記憶術を広めます。
キケロのローマ時代には、記憶術の三大古典書が記されます。

 

11〜13世紀:スコラ哲学時代

その後しばらく記憶術の歴史は空白を迎えますが、
11世紀頃からキリスト教修道士の世界で、宗教的な教え、道徳観の暗記のために
記憶術が積極的に使用されます。
スコラ哲学の中での記憶術です。

 

この当時、ポンコンパーニョや有名なトマス・アクィナスが登場します。
トマス・アクィナスの方式は、ペトラルカ、ラゴーネといった人々に受け継がれていきます。

 

14〜15世紀:ルネサンス期

やがてルネサンスの時代を迎え、記憶術はオカルトの世界で使用されていきます。
ルネサンスの頃、印刷技術が登場します。

 

このため修道士の世界で一子相伝として継承されてきたキリスト教的世界観を
わざわざ暗記する必要がなくなり、次第に聖書そのものを読むようになり、
修道士の間では記憶術の使用が減っていきました。

 

オカルトとしての記憶術

代わりに新プラトン主義、ヘルメス主義、カバラといいた神秘学の世界で記憶術が使用されます。
この当時の代表的な記憶術家には、ジュリオ・カミッロラモン・ルル、ジョルダーノ・ブルーノ、
ロバート・フラッドといった隠秘哲学の人々によって使用されていきます。

 

成功術としての記憶術

ルネサンス期には、世俗的な記憶術の萌芽も見られました。
現代での成功術としての記憶術がルネサンス期に登場しています。
ペトゥルスが元祖になります。

 

学問的な記憶術

さらに古典記憶術とスコラ哲学記憶術を包括したものも登場します。
ロンベルヒまた、フランシス・ベーコンやデカルトもこの系列に入ります。

 

17世紀:記憶術の大衆化

ルネサンス期が終わって17世紀に入ってからは記憶術の大衆化が起こります。
別の言い方をすれば、「成功術」としての記憶術が台頭してきます。

 

17世紀以降に活躍した記憶術家はかなり多く、
ウィンケルマンリチャード・グレーグレガー・ファイネーグらがいます。

 

19世紀:商業主義的な記憶術

さらに19世紀に入ると世界各地でも記憶術が流行し、
商業的にも使用され出します。

 

この当時は、ベニウィスキィ、フランシス・フォーベル・グーロー、
カール・オットー・レーベントロー、その他大勢の記憶術家が活躍します。

 

日本の記憶術の歴史

日本でも19世紀の明治時代、記憶術が大流行します。
特に明治20年代からは大流行し、妖怪博士の井上円了
和田守菊次郎島田伊兵衛といった面々が、日本の記憶術の元祖となっていきます。

 

昭和の時代に入ってからは渡辺剛彰の記憶術がブームとなります。
その後現在に連なり、現代では、脳トレや、より使いやすい進化・工夫の施された記憶術が登場しています。
たとえば、吉永賢一(東大記憶法)といったノウハウ総合型として登場もしています。

 

記憶術は進化し続けている

記憶術は「秘密技術」としての側面があります。
記憶術の原理原則はほぼ公開されていますが、
これらを自在に使いこなす工夫は各人や専門家が
自家薬籠中の物のように秘伝として使いこなしてもいます。

 

現代記憶術においても、使い方やノウハウに秘密があったりして、
こうしたものがマニュアルになって販売されているケースもあります。

 

記憶術は今後も様々なものとタイアップしながら進化していく可能性があります。

記憶術の歴史記事一覧

記憶術の元祖といえばシモニデス(Simonides)と言われています。シモニデスが世界で一番最初に記憶術を開発しました。シモニデスは、紀元前556年にギリシアのケオス島で誕生し、紀元前468年に没したとあります。※⇒wiki情報シモニデスはギリシア最高の叙情詩人であり、自己制御を軸とした倫理を説いた...

シモニデスが記憶術を世界で初めて発案した当時は、記憶術は顧みられることはありませんでした。しかし、シモニデスが亡くなってから約300年くらい経った頃、記憶術はローマで注目を浴びるようになります。きっかけはキケロという雄弁家です。キケロ(マルクス・トゥッリウス・キケロ)は、紀元前106年〜紀元前43年...

記憶術は古代ギリシアで活躍した叙情詩人として非常に優れていたシモニデスが発案者であります。彼自身の書による記憶術の著書は残っていませんが、その300年位後のローマ時代で、シモニデスの記憶術について言及する書が三冊登場します。これらは全てラテン語で書かれいるため「記憶術の三大古典書」とも言われています...

キケロがローマ時代に活躍していたほぼ同年代に、ギリシアに「メトロドロス」という天才的な記憶術の使い手がいました。メトロドロスは哲学者で、ギリシアのトロアス半島出身のスケプシス人だったといいます。キケロとほぼ同年代に生存していたことから、紀元前100年頃の人物であったのでしょう。記憶術の歴史の中におい...

410年、現在のチュニジア共和国近くのカルタゴ生まれの「マルティアムス」はクィンティリア式の記憶術を推奨したものの、その後、中世の時代には、記憶術は変容しています。記憶術の基本は「ヘレンニウス」への方法が中心だったといいます。中世の時代、記憶術は、当時勃興してきた「スコラ哲学」の中に組み込まれていき...

1235年にギリシアに生まれた「ラモン・ルル(ラモン・リュイ)」という修道士も記憶術の一種を生み出しています。ルルが生み出した方法は、トニー・ブザンの「マインドマップ」のルーツになります。ラモン・ルルはライムンドゥス・ルルス(レイモンドス・ルルス)とも言い、キリスト教の修道士でした。彼は、トマス・ア...

記憶術は古代ギリシアやローマから、中世のスコラ哲学を経て、ルネサンス期においても変容を遂げていきます。ルネサンス期における記憶術にもいくつかあります。ルネサンス期の初期の頃は、スコラ哲学的な記憶術を踏襲したものになっています。たとえばヤコブス・プブリキウスは1482年に「弁論術要綱」を出します。この...

ルネサンス期では記憶術もいくつかの方面で使用されていきます。その中でも大衆向けに記憶術を普及し始めた人がいます。それがラヴェンナの「ペトゥルス」という人でした。ペトゥルスは1491年に「不死鳥」という記憶術の本を出版します。折しも印刷技術が普及したルネサンスです。この書は、世界初の「記憶術ハウツー本...

フランシス・ベーコン(1561〜1626年)はイギリスの経験主義の哲学者で帰納法を提唱したことでも有名ですね。実は、フランシス・ベーコンは、記憶術を使用していました。ベーコンが記憶術を使用していたと聞くと、驚く方もいるかもしれませんが、これは本当のことで、ベーコンは記憶術にも言及しています。しかも彼...

ヨハンネス・ロンベルヒは、16世紀の半ば(1530年頃)に「記憶術集成」という著書を出しています。ロンベルヒのこの書は、記憶術の三大古典書を踏まえつつもスコラ哲学的記憶術も包括し、さらにロンベルヒ独自の「変換法記憶術」による方法も掲載されていました。ロンベルヒは、シモニデス、キケロ、クィンティリアヌ...

記憶術は古代ギリシアの弁論術での使用を経て、中世ではスコラ哲学の中で宗教倫理の記憶や伝承に使われましたが、ルネサンスに入ってから再び用途に変化が出てきました。その変遷の一つが、ヘルメス主義や新プラトン主義といわれる、いわゆる「魔術」「オカルティズム」の世界での使用です。記憶術をオカルトの世界といった...

紀元前のギリシアのシモニデスやローマ時代のキケロ、クィンティリアヌスらによって作られ整理された記憶術は、その後スコラ哲学化したりヘルメス主義といったオカルトにも変遷しましたが、かなりの年代を経て再び、大衆が使用する「記憶のテクニック」として登場します。きかっけは世界初の記憶術本を出したペトゥルスです...

ウィンケルマンの数字変換法が世に出た後、イギリス人の「リチャード・グレー」(1696年〜1771年)という人がさらに改良を加えます。リチャード・グレーはオックスフォード大学を卒業した後、教会牧師となり、イギリス・ベッドフォードの副司教も務めています。知識人でもあったリチャード・グレーは、ウィンケルマ...

変換法記憶術は、ウィンケルマンの登場によって世の中に広まり、その後、リチャード・グレーも同じ方法を踏襲して変換法記憶術を広めましたが、さらにこの流れの系列に登場するのがドイツ人の修道士であったグレガー・ファイネーグ(Feinaigle)でした(1765年〜1819年)。グレガー・ファイネーグはドイツ...

ファイネーグがフランスやイギリスで記憶術講座を開き、ヨーロッパの各地を旅行しながら記憶術を教えたため、19世紀には記憶術が欧米で大流行します。またファイネーグの後には、続々と同じような記憶術専門家が現れます。たとえば1840年のロンドンには、18の言語を話せたというポーランド人のベニウィスキィ(Be...

ところで19世紀に入ってからファイネーグが欧米に記憶術を広め、後に続々と記憶術の専門家が多くなっていった頃から、記憶術は秘匿情報の性格が出てきます。いわゆる「秘伝」として封印されて、一子相伝の如きテクニックとして伝承されるようになっていきます。一子相伝、秘密、秘伝扱いされるようになった理由は後述しま...

妖怪博士の異名を取った哲学館(東洋大学)を創設した井上円了博士は、明治27年(1894年)に「記憶術講義」という本を上辞します。井上円了博士は、哲学者としても有名ですが、妖怪研究の分野でも大著を残し、迷信を払拭し、科学的なアプローチの大切を説いた方でもありました。この井上円了博士が記憶術本を出版して...

和田守菊次郎は明治28年(1895年)に「和田守記憶法」という記憶術の本を出版します。彼は「代言人(現在の弁護士)」でしたが、記憶術の本を出版します。和田守記憶法は、ファイネーグらの欧米の記憶術に似ています。といいますか、当時は記憶術が大ブームであり、欧米の本を翻訳し、それを各自の「オリジナルの記憶...

「和田守記憶法」が出た明治28年と同年の10月に、関西から「島田記憶術」という本が出版されます。著者は島田伊兵衛という大阪の人でした。島田伊兵衛は明らかに和田守菊次郎を意識していて、東京で和田守と似たような記憶術の公開パフォーマンスを行います。大阪毎日新聞に記憶術の公開実演の広告を載せたり、和田守記...