「記憶術のやり方とコツ」の記事一覧

記憶術を活かすためにはまず基本テクニックを習得

記憶術のやり方は、まず、記憶術の基本テクニックを習得することから始まります。基本スキルは、当方の記憶術サイトでも書いています。


まずは記憶術を使うための基本テクニックを習得することが大切です。

記憶術の基本テクニックには


この3つがやり方があります。
この3つは、記憶術を使うための基本能力になります。
まずは、この基本能力を身につけるのがコツになります。

そうして、この3つの基本能力に基づいて、


といった「記憶術のベーシック技術」を身につけます。これこそ記憶術の基本的なやり方になります。ここまでできれば、記憶術の方法の半分を習得したことになります。

各種の記憶術の方法を習得する

次に、各種類の記憶術のやり方を習得していきます。たとえば、記憶術といえば「場所法」と言われていますが、場所法は記憶術の方法の一つになります。
記憶術の方法には、


こういったノウハウがあります。

記憶術最大の秘密情報は「記憶の場(宮殿)」

そして最後のコツになりますが、実は、これが最も重要です。その重要な記憶術のコツとは、憶えやすい「記憶の場(宮殿)」を作ることになります。

もしかすると、記憶術のやり方で一番大切で、秘密情報で、最大のコツ・秘訣となるのが、「記憶の場(宮殿)」かもしれません。

「記憶する場(宮殿)」とは、つまり、暗記する対象物を連想や結合でひっかけて記憶する「場」ですね。場所法の「場」のことです。この作り方と使い方が、一番大切なやり方といっても過言ではありません。

そもそも記憶術は、憶えるものを身体や場所などに絡めて憶えていくテクニックです。しかし大学受験や資格試験では、憶える分量も相当なボリュームになります。この膨大な知識を暗記する際、記憶する「場」が必要になります。

ここで言っていることは、記憶術を使ったことがある人ならおわかりかと思います。記憶術で最も重要になり、秘密情報となるのが「記憶の場(宮殿)」です。

ネットで販売されているマニュアルの中には秘密の「記憶の場」テクニックがある

ネットでは「記憶術のマニュアル」が販売されていますが、実は、この手のマニュアルの中には、効率よくスピーディかつ確実に記憶するための「秘密のノウハウ」が書かれています。

「秘密のノウハウ」といいますと、少々仰々しくもなってしまいますが、著者自ら開発し、実績を出した「記憶の場(宮殿)」の作り方や活用の仕方が掲載されているわけですね。

実は、市販書に無いノウハウがこれになります。市販書には、記憶術の使い方が紹介されています。で、市販書を読めば、大概、記憶術の使い方はわかります。

しかし、実際に使い出すと、最も重要になってくるのが「記憶の場」であることがわかってきます。そうして、これを作ること、準備することが想像以上に大変なこともわかってきます。

こうした「記憶の場の作り方、活用の仕方」が、秘密マニュアルとして販売されているものがあるわけですね。

たとえば、


というのがあります。

これは独自の記憶の場の作り方と活用の仕方を述べたマニュアルです。実際、著者自身が、自ら生み出した記憶術の方法を使って、東京大学をはじめ、各種の難関資格に合格しています。

このマニュアルには、独自の「記憶の場」の作り方と使い方が掲載されています。お宝情報の一つですね。

これは地味な感じですが、「文章の暗記」に威力を発揮する「論文、長文、文章記憶」に特化された記憶術です。著者自身が、資格試験における法律の条文暗記で実績を出しているようです。

このように記憶術のキモに相当する「記憶の場」の作り方や活用の仕方が、実は、一番、大切になってきます。このHPのカテゴリーでも、記憶術のキモに該当することを紹介できればと思っています。