連想結合法記憶術~連想で結合する基本テクニック

連想結合法とは?

「連想結合法」基礎結合法と対になる記憶術の基本スキルです。
基礎結合法記憶術~記憶の宮殿を使う基本テクニック 「連想結合法」とは、文字通り「連想して物事を数珠つなぎに結合して記憶する方法」になりますね。

「連想結合法」もまた、記憶術の基本技術である連想力連結力変換力といった3つの基本スキルを組み合わせた暗記のテクニックになります。
連想力【記憶術のやり方基本】~イメージをつなげていく能力連結力【記憶術のやり方基本】~イメージで関連付ける能力変換力【記憶術のやり方基本】~文章・数字・専門用語を覚える

連想結合法は数珠つなぎに続けて記憶する

ちなみに「連想結合法」と対になる基本テクニックである基礎結合法は、身体や指などの部位に、暗記したい対象を絡めて覚えていく技術になります。「場所法」と同じです。

一方、「連想結合法」は、どこまでも連結して暗記していく方法になります。指とか頭といった身体などに結び付けて暗記してく方法ではないんですね。数珠つなぎにどんどんとつなげて覚えていくやり方になります。

ちなみに記憶術における代表的な方法の一つである「物語法」とは、まさに連想結合法の集大成だったりします。
物語法(ストーリー法)記憶術の3つのやり方と使い方

連想結合法のやり方

「連想結合法」の具体的なやり方は、たとえば次のような暗記対象物があるとします。

  1. 黒板
  2. チョーク
  3. エンピツ
  4. 座布団
  5. イス
  6. 答案用紙
  7. 体育館
  8. ラーメン屋
  9. ダイヤモンド
  10. ネコ
  11. イチゴ
  12. ロウソク
  13. 時計

これらは、関連性が無いものもありますが、個々の項目を、連想力・連結力・変換力を使いながら、数珠つなぎにして暗記していきます。

たとえば、このようにイメージングして覚えていきます。

  1. 「机」を「黒板」にぶん投げた
  2. その「黒板」に「チョーク」を突き刺した
  3. その「チョーク」に「エンピツ」を突き刺した
  4. その「エンピツ」に「座布団」をぶら下げた
  5. その「座布団」を「イス」で踏んづけた
  6. その「イス」に「答案用紙」をベタベタ貼り付けた
  7. その「答案用紙」が「体育館」を覆った
  8. その「体育館」に「ラーメン屋」が衝突した
  9. その「ラーメン屋」の上に巨大な「ダイヤモンド」が落ちた
  10. その「ダイヤモンド」を「靴」に投げた
  11. その「靴」で「ネコ」を叩いた
  12. その「ネコ」に「イチゴ」が襲いかかった
  13. その「イチゴ」に「ロウソク」を突き刺した
  14. その「ロウソク」で「時計」を貫通させた
このようにインパクトのある映像(イメージ)を使いながら数珠つなぎにして覚えていきます。

この手の事例なら、1~2回イメージングするだけで覚えることができると思います。

もしうまくでいない場合は、こちらの教材にある記憶術のトレーニングを行うとできるようになります。
東大記憶法~吉永賢一の究極記憶術【レビュー・口コミ】宮口式記憶術【宮口公寿】~偏差値41落ちこぼれの試験合格の記憶術

連想結合法は、まさに記憶術といった感です。連想してつなげて暗記していくことで、大量のことを暗記することができるようにもなります。

連想結合法は大量の暗記が得意

上述の通り、連想結合法は、暗記すべき対象物を数珠つなぎに関連付けて記憶していきます。

ですので文章であったり長文を暗記する際に効力を発揮します。

実際、法律の条文や説明文などは連想結合法を応用して記憶していくことが多くなると思います。

連想結合法はボリュームのある事項の暗記に威力を発揮するようになります。

ちなみに基礎結合法は、取りあえずその場で瞬間的に暗記してしまう場合に重宝します。

反対に「連想結合法」は、ボリュームのある事柄の暗記の際に重宝します。

記憶術とは、畢竟、連想力・連結力・変換力が基本技術となり、これに「連想結合法」と「基礎結合法」を組み合わさった記憶のテクニックともいえます。

連想力・連結力・変換力・連想結合法・基礎結合法、これら5つのテクニックを組み合わせて使いこなし、応用することで、記憶術のバリエーションを増やし、暗記効果を何倍にも高めていくことができるようになります。

連想結合法をパワーアップ

記憶術そのもものの基本テクニックは、このページで紹介していることが基本(核)となります。

あとはこれらの基本技術を基にして、受験や資格試験といった現場で使っていくようになります。

しかしながら近年では、脳トレやNLP、脳を活性するサプリメント、栄養素、運動、瞑想などを取り入れて併用することによって、記憶術の効果を高め、より記憶の定着率を高める方法も行われています。

「連想結合法」も複合的な手法になってきて、記憶術の効果をさらに高めています。パワーアップしています。

たとえば「ユダヤ式記憶術」は、独自の「記憶の宮殿」を使いながら、連想結合法を組み合わせて使うことができる受験・資格試験向きの超おすすめ記憶術です。
ユダヤ式記憶術のレビュー・効果・ネタバレ~実際に購入したから言えること

現代の記憶術には、受験や試験に特化し、体系的に知識を暗記するノウハウも登場しています。こうした記憶術はおすすめですね。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。