宮口式記憶術【宮口公寿】のレビュー~実際に購入しているのでわかるその凄さ

目次

宮口式記憶術とは?~HPはショボイがおすすめの記憶術

「宮口式記憶術」という記憶術があります。宮口公寿(みやぐち きみとし)さんが工夫を凝らして独自に作り上げた記憶術です。

ですので「宮口式記憶術」と言っています。その工夫と独自性は、ネタバレにならない程度に、後ほど紹介しますが、偏差値41の落ちこぼれから逆転して「東京大学理科2類」に現役合格した記憶術としても知られています。

「宮口式記憶術」は記憶術の王道であり最高峰といわれている「場所法」を元にした「道法」になります。

「道法」とは、道路沿いの建物や看板などを「記憶の宮殿」として覚えるやり方ですね。

「宮口式記憶術」は場所法(道法)になりますが、独創性と工夫があります。

ちなみに私は、実際に購入しています。その証拠写真はこちらです。

ですので中身を知っています。で、宮口式記憶術は、端的にいって「初めて記憶術を使う人」から「記憶術を使うことができる人」までをも対象にした汎用性のある記憶術になります。

しかも市販書には載っていない著者の宮口氏によるオリジナルの工夫と創意、使い方があって、学校の成績アップ、高校受験や大学受験の合格、あるいは資格試験合格など、およそ「試験」には滅法強い記憶術となっています。

ちなみに宮口式記憶術のHPはショボく、HPからは、その中身がよくわかりません。そこでレビュー記事を書いていますが、実は、おすすめの記憶術の一つが「宮口式記憶術」だったりします。

⇒HPはショボいが、記憶術の特典が11本も付いた「宮口式記憶術」はこちら

宮口式記憶術の特徴とメリット

「宮口式記憶術」は、

  • 記憶の定着率が高く忘れにくい「道法(場所法の改良型)」を採用している
  • 宮口公寿氏が東大に合格するために並外れた努力で工夫をし、その後も改良して実績を出している(だから教材化している)
  • 一般書には書いていない大事な秘訣がいくつも述べられている
  • 1年以上覚えていることができる
  • 試験に合格するための記憶術として作られている
  • 記憶術の「使い方」と「トレーニング」がメインとなっている
  • いつの時代であっても色あせず使うことができる普遍的な記憶テクニック
  • 50代でも(年齢に関係なく)効果を実感できる記憶術

これらが宮口式記憶術の特徴やメリットになっています。

宮口式記憶術は「道法」

宮口式記憶術は「場所法」を改良した「道法」という記憶術になっています。ちなみに場所法は、記憶術の中でも最高峰のテクニックです。
記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説

記憶術の最高峰である「場所法」を、さらに改良して、記憶の定着率を高めたのが「道法」になります

「道法」とは、場所法の一種になりますが、通学や勤務などで使用している道路の両脇にある建物や看板を「記憶の宮殿」として使うやり方をいいます。
⇒道法とは?

「道法」は何故、記憶の定着率が高いのか?

では何故、道法は、記憶の定着率が高いのでしょうか?それは、そもそも人は「道」を強く覚えていられる性質があるからです。実のところ、脳内には「道」を記憶する神経細胞があることがわかっています。

脳には、海馬や嗅内皮質に「場所細胞(place cell)」と「グリッド細胞(grid cell)」という神経細胞があります。これら神経細胞によって作られるニューロンは、「特定の場所(空間)」を記憶する際に活性化することがわかっています。⇒参考記事

この「特定の場所(空間)」の中でも、「道」に対して、人は強く記憶するといいます。この記憶の定着の高さを利用したのが「道法」ということです。

「道法」は、「場所法」の一種になります。が、「道法」のほうが「場所法」よりも記憶の定着率が高いということなんですね。

ですので、宮口式記憶術の「道法」は、最強の記憶術ということができるわけです。

⇒記憶の定着率が高い「宮口式記憶術」公式HPはこちら

宮口公寿氏が工夫を凝らした記憶術

また宮口式記憶術は、先にも書いたとおりで、著者の宮口公寿氏が、東京大学合格のために場所法を改良をしたやり方です。さらに、その後、改善改良して、他の人に教えて実績も出しています。

工夫が幾重にも施された、まさに宮口公寿氏による「オリジナル記憶術」です。このことは宮口式記憶術のテキストにも書いてあります。

宮口氏は「私の宮口式記憶術は、私自身が東京大学に受かるために、また合格した後も勉強に役立てようとして、いろいろなノウハウから、自分なりに試行錯誤して構築したノウハウになっています」と述べています。

また「記憶術ができることが目的ではなく、記憶術を使って、必要な場面(たとえば受験や資格試験)で、より良い結果を出すことを目的として作った」と述べています。

宮口式記憶術とは、まさに「試験に特化した記憶術」であることがわかります。

宮口式記憶術は一般書にも書いてないノウハウがある

また宮口式記憶術は、一般書には書いていないノウハウ・秘訣があります。そのノウハウや秘訣は、ネタバレになりますので、さすがに公開はできませんが、伏せ字で書きますと、

  • ◎◎◎◎◎は少なめにする
  • ◎◎をフル活用する
  • ◎◎に覚えるのは◎◎◎個
  • ◎◎◎◎◎◎を設ける
  • ◎◎を4回行う
  • 記憶術で覚えても◎◎◎覚えていれば試験に合格できる。
  • 宮口式記憶術は記憶術を使った◎◎◎

ということになります。

ちなみに、これら伏せ字になっているノウハウ・秘訣は、宮口式記憶術の購入者特典である「早野悟式 宮口式記憶術 200%活用マニュアル」に書いてあります。 ⇒特典付き「宮口式記憶術」のお申し込みはこちらから

もっとも、これらのことは、聞けば「なーんだ」と思うかもしれません。

けれども実際に記憶術として使う時に、ものすごい威力を発揮して、受験や資格試験に非常に役に立ち、効率よく勉強ができて、合格することができるようになります。

1年以上覚えていることができる

また宮口式記憶術では「覚えたことを1年以上、覚えていることができるのが特徴になっています。

何故これが可能かといえば、宮口式記憶術では「あること」をしているからです。この「あること」をすると、その後何もしなくても「1年以上」も覚えていられるようになります。

これまた、聞けば「なーんだ」と思うかもしれません。が、この「なーんだ」と思うシンプルなノウハウの気づきと活用こそが、使いやすさと、パワフルな効果を発揮するわけですね。

で、その結果「長期記憶」が可能になるわけです。

このシンプルな秘訣が、宮口式記憶術の教材の中で語られています。

⇒1年以上も覚えていられる「宮口式記憶術」はこちら

宮口式記憶術は試験合格向きの記憶術

このように、宮口式記憶術は独自のノウハウと秘訣があります。

ですので、宮口氏は「100ページにわたるレジュメや参考書を3~4時間または1日で覚えることができる」と言い切っているわけですね。

さらに「中学の歴史1年分なら3時間」「高校の日本史・世界史なら5日」で覚えられといっています。

何故こうしたことが可能なのかといえば、くどいようですが宮口式記憶術には、試験に受かるための工夫がいくつも取り入れられているからです。

また試験に合格するための記憶術の使い方に徹しています。余計なことやムダなことはしません。

宮口式記憶術は、長年、工夫と改良をほどこして、学校の試験や高校・大学の受験、資格試験などの「試験合格」「成績アップ」に精鋭化した場所法(道法)です。受験や資格試験では習得しておきたい記憶術ですね。

試験突破に精鋭化した「宮口式記憶術」の公式HPはこちら

試験に合格する「文章暗記」の方法

また「宮口式記憶術」には、試験に合格するための「文書の暗記の仕方」「教科書・参考書の覚え方」もあります。具体的には「宮口式記憶術」のテキストp64~76にある「覚える内容を◎◎◎◎」という章にあります。

ここは非常に大事なことです。なぜなら記憶術を使って無闇やたらに覚えるのではなく、「試験に合格するための記憶術の使い方」を教えているからです。

実のところ、このテクニックはレアです。教えているところはほとんどありません。こうしたテクニックがいくつか載っているのが「宮口式記憶術」なんですね。だから「受験・資格試験向けの記憶術講座」と言えるわけなんですね。

「宮口式記憶術」のテキストp31にも書いてありますが、「3~4時間で100ページの本を覚えることができる」方法です。後述しますが、実際に宮口さん自身が、1000ページにわたるマニュフェストを一晩で覚えています。

宮口式が伝えている「文章暗記」のテクニックを使えば、受験や資格試験の勉強において非常に効率よく勉強ができるようになります。

このように「宮口式記憶術」は「文章の暗記」のテクニックも載っています。このテクニックは受験・資格試験向けであり、勉強術になります。

なお当方より付けている「特典10」には「教科書・参考書を丸暗記する記憶術の秘密の使い方」もあります。

いつの時代で使うことができる普遍的な記憶術

あと、宮口式記憶術は、「いつの時代であっても色あせず使うことができる普遍的な記憶術」です。

先述の通りで、宮口式記憶術は「道法」になります。しかも従来の「道法」を改良し、より使いやすく、試験に活かせ、記憶の定着率がさらによくなった「道法」となっています。

さらにいえば、宮口式記憶術は、いつの時代でも使うことができます。

ちなみに、宮口式記憶術は2011年に作成されています。2011年に作成?と聞くと「古いのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

けれどもそれは早計です。

そもそも記憶術は2500年の歴史がありますhttps://www.kiokuanki.com/rekishi

で、記憶術の最高峰といわれる「場所法」は、なんと2500年前に生み出されています。記憶術のノウハウは決して陳腐化しないんですね。記憶術は劣化しません。

ですので宮口式記憶術は、決して古くありません。むしろ、記憶術の世界では「新しい」ほうになります。

古いとか思わないで、この点は安心してお使いいただくことができます。それどころか、いつの時代でも使うことができる普遍的な記憶術になります。

50代でも(年齢に関係なく)効果を実感できる記憶術

また、宮口式記憶術は「年齢に関係なく(むしろ高年齢の方のほうが)効果を実感できる記憶術」となっています。

実際、著者の宮口さんは、2010年(52才の年)に、フジテレビ「めざましテレビ」「9つの政党のマニュフェストを24時間で覚える」という企画で、若手の専門家の卵達と記憶力勝負をして、互角で引き分けています。

若手の専門家の卵達は、有名私立大学の政治研究サークルのメンバー。政治への関心が非常に高く、政治や政党について2~3年も勉強している人達です。専門家の卵ですね。

宮口さんは、フジテレビより、「9つの政党のマニュフェストを24時間で覚えて対決して欲しい。すべて覚えて欲しい。記憶術の先生ならできるはずだ。」と要請を受けます。

そこで宮口さんは、民主党、自民党、共産党、公明党、国民新党、新党改革、社民党、たちあがれ日本、みんなの党、合計9政党、これらの9政党のマニュフェストを24時間で覚えます総ページ数にすれば約1000ページ

で、結果は、ギリギリで引き分け。互角。けれども宮口さんは、改めて記憶術のすごさを実感し驚いたといいます。

勝負は互角でした。しかし何よりも、政治を2~3年研究している「若い人達」を相手に、政治の素人が、しかも52才という年齢もかかわらず、一夜漬けで覚えた「9つの政党マニュフェスト」であっても、専門家と互角だったということです。

これは驚異的なことです。通常はあり得ません。一晩で専門家並の知識を覚えるわけですから。

結局、宮口式記憶術では「年齢は関係ない」「活かせる知識を短時間で覚えることができる」ということなんですね。

で、もし、この記憶のテクニックを、受験や資格試験に活かしたならば・・・想像するだけでワクワクしてきませんか?このようなことが可能なのが「宮口式記憶術」なわけですね。

⇒50代でも効果を実感できる「宮口式記憶術」の公式HPはこちら

宮口式記憶術の中身

このように驚くべき効果が期待できる記憶術ですが、では具体的に「宮口式記憶術」とはどういう教材なのかを具体的に紹介しましょう。

最初に書いた通りで、私は実際に購入しています。

ご覧の通りでして、リアルユーザーです。ですので宮口式記憶術の中身を知っています。

で、教材の中身を紹介しますと、次のコンテンツとなっています。

  • Study Guide・・・学習の仕方解説~7つのケースに応じた使い方
  • 記憶術学習映像【宮口式記憶術のエッセンス】(50分DVD1枚)
  • 宮口式超脳活性記憶術テキスト(150ページ冊子)
  • テキストの音声解説(CD1枚)
  • 【特典】「記憶術テキストの音声解説」のWAV形式データ(データDVD)
  • 【特典】宮口式記憶術で医学部に合格した実践者インタビュー40分(データDVD)
  • 【特典】イメージ化トレーニングのリスト&ナレーション(データDVD)
  • 【特典】道順写真【銀座・渋谷・池袋の写真2,054枚】(データDVD)
  • 【特典】道順の生写真セット・・・場所法(道法)のトレーニング用
  • 【特典】宮口式記憶術セミナー10,000割引チケット

宮口式記憶術の教材の中身は、このようになっています。

※注意:特典の「データDVD」はPCのみで再生できます。(Windows7以上で動作を確認)

宮口式記憶術の使い方

宮口式記憶術では、上記の教材を使いながら習得していきます。使い方としては、

  1. まず「7つのケーススタディ」を目安にした、宮口式記憶術の習得の仕方を理解します。
  2. 次に「DVD」を見て、宮口式記憶術のポイントを学びます。このDVDだけを見ても、宮口式記憶術のことがわかります。
  3. 次に「テキスト」を読みます。
  4. さらに「CD」を聞くと、より理解が深まります。

宮口式記憶術では、DVD、テキスト、CDの3つがメインの教材になります。

「特典」は宮口式記憶術を行う際に使うアイテムや、宮口式記憶術の効果を理解する際に役に立つコンテンツになります。適宜使用していくことになります。

7つのケースに応じた使い方

宮口式記憶術では、7つのケーススタディを踏まえた解説しています。この7つのスタディケースは、記憶術の習得レベルに応じた学習方法だったりします。

  1. 初めて記憶術に触れる人
  2. イメージ化ができない人
  3. 20個くらいなら記憶術で覚えることができる人
  4. 100個くらいなら記憶術で覚えることができる人
  5. 300個くらいなら記憶術で覚えることができる人
  6. 記憶術で教科書を覚えることができるが、数時間かけても数ページしか覚えられない人
  7. 記憶術で教科書を効率よく覚えることができるが、もっと能率を上げたい人

このように、記憶術の習得度合いによって、適切な学び方やレベルアップの指導をしています。

しかも、DVDやテキストのどこを読んで学ぶべきかを、細かく指導しています。

つまり宮口式記憶術とは、初心者からベテランまで対応している記憶術講座ということですね。ここは宮口式のよく考えられている点の一つです。

場所法(道法)の習得において、それぞれの習得レベルに対応しているのが「宮口式記憶術」ということになります。

宮口式記憶術のキモとなるDVD、テキスト、CD

宮口式記憶術におけるキモは、

  • 記憶術学習映像(約50分におよぶ宮口式記憶術のエッセンスDVD1枚)
  • 宮口式超脳活性記憶術テキスト(150ページ冊子)
  • テキストの音声解説(CD1枚)

この3つになります。この3つの教材をメインにして学んでいきます。

DVD

DVDは約50分の内容になっていますが、宮口式記憶術のエッセンスが凝縮されています。まずDVDを見て、宮口式記憶術の全体像とやり方を学ぶのがおすすめです。

DVDの内容は、

  1. はじめに
  2. 記憶術はすごい
  3. 記憶術の実際
  4. イメージ化の仕方
  5. 英単語の憶え方
  6. 最も早い習得法
  7. おわりに

となっています。
わずか50分のDVDですが、これを見ただけでも、宮口式記憶術のやり方がわかるようになっています。50分で宮口式記憶術がわかる、即戦力となるDVDです。

テキスト&CD

テキストである「宮口式超脳活性記憶術」は、150ページからなる冊子です。宮口式記憶術の全てが書いてあります。DVDで言及していないことや細かいことが述べられています。

テキストを読むと、宮口式記憶術のことがよくわかります。けれどもDVDを最初に見たほうが理解しやすくなると思います。

またCDはテキストの解説となっています。
なおCDの音源は「特典DVD」にも収録されています。
ですので、スマホに取り込んで、通勤通学、歩きながらでも聞いて学ぶことができます。

⇒宮口式記憶術公式HP

宮口式記憶術のやり方(ネタバレ)

では「宮口式記憶術」は、どういうやり方なのでしょうか。その方法は、こちらの動画で宮口さんご本人が解説しています。

◆宮口式記憶術7つのステップ


この動画では「宮口式記憶術」のエッセンスである「記憶術に大切な7つのステップ」を紹介していますね。その7つのステップとは、

  1. イメージ化のトレーニング
  2. バックボーンの準備
  3. 覚える内容の整理
  4. 覚える対象のイメージ化
  5. イメージのアタッチ
  6. イメージの練習
  7. 思い出し方

となります。
「宮口式記憶術」は、この7つのステップに基づいています。

では、ちょっとネタバレになりますが、この動画の説明とは別に、具体的に説明してまいりましょう。

1.イメージ化のトレーニング

イメージ化のトレーニングは基本になります。まず宮口式記憶術を使うためのイメージのやり方を練習します。それは1日5分のトレーニングになります。

突飛なこと、あり得ないことをイメージする。1日に5分間以上のトレーニングは禁止。イメージできるものからイメージ化していく。肩の力を抜いてイメージをすることなど、ステップ1では、イメージをするときの大切な心得や秘訣を説明しています。

2.バックボーンの準備

「バックボーン」とは「記憶の宮殿」のことですね。宮口式記憶術では「道順」を使います。

宮口式では「場所法(道法)」の具体的なやり方を細かく&丁寧に解説しています。どうすれば試験に活かすことができるのかを実践ベースでレクチャーしています。

ここは宮口式のキモの一つですね。

3.覚える内容の整理

これは「覚えること」と「覚えないこと」を整理することを言います。

記憶術では、余分なことは覚えない、必要なことを覚えるといった取捨選択が大切です。自分が覚えたいことを吟味し、チェックします。

実は、このプロセスはとても大事なことだったりします。記憶術を「試験対策」に活用できるノウハウです。

4.覚える対象のイメージ化

これは覚える内容をイメージ化することですね。「ある時間」に基づいてイメージ化していきます。

「イメージ化」する際、大事なポイントがあります。このことが宮口式記憶術の教材の中では語られています。

ここにも大事な秘訣が言われています。イメージ化ができるできないの秘訣です。「なるほど」と納得します。

5.覚える対象をバックボーンにアタッチ

これは覚えたいことを貼り付ける(アタッチする)ことをいいます。たとえば「入り口」「看板」「ゴミ箱」などのバックボーン(記憶の宮殿)に、覚えたいことをアタッチして覚えていきます。

教材では、アタッチの仕方(貼り付け方)などのコツが述べられています。

6.イメージの復習

記憶術で覚えたことは、そのままにしないで「復習」をします。ただし「イメージのみの復習」をします。復習は20~30分で終わります。

で、復習のペースは、教材の中で説明されています。ある法則に基づいて復習することで、覚えたことを完全に記憶します。

ちなみに宮口式記憶術の復習の仕方は、通常の勉強のやり方とは違います。ここを理解することも大切ですね。

7.効果的な思い出し方

7つのステップの最後は「思い出し方」です。つまり「記憶術で覚えたことを試験で活かすこと」です。

試験本番で、記憶術で覚えたことをきちんと「思い出す」ことについて述べています。これも重要な内容ですね。

まとめ~本当のやり方は教材の中で説明

以上が「宮口式記憶術」の骨子になります。7つのステップはわかりやすく、記憶術を習得する上では大事なポイントになります。宮口式記憶術のオリジナルです。

ちなみに「7ステップ」は、宮口さんの著書「偏差値41から東大へ! 宮口式超記憶術」にも載っています。

けれども、実は、上記の説明と著書に載っている「7ステップ」は、宮口式記憶術の本当のステップではないんですね宮口式記憶術のDVDやテキストに「本当のステップ」が語られています。

しかも、上記の7つのステップは「宮口式記憶術」の本当のキモではありません。本当のキモは、教材に書いてあります。またDVDやCDで宮口氏が解説しています。そのキモは、最初のほうにも書いた通りで、

  • ◎◎◎◎◎は少なめにする
  • ◎◎をフル活用する
  • ◎◎に覚えるのは◎◎◎個
  • ◎◎◎◎◎◎を設ける
  • ◎◎を4回行う
  • 記憶術で覚えても◎◎◎覚えていれば試験に合格できる。
  • 宮口式記憶術は記憶術を使った◎◎◎

これらになります。宮口式記憶術の秘密は、市販書にも無い内容です。宮口さんの著書にも書いてありません。ぜひ教材を購入して、実際に確かめてみてください。

⇒市販書にも載っていない秘訣から成り立つ「宮口式記憶術」公式HPはこちら

宮口式記憶術の注意点・デメリット

宮口式記憶術は、優れた記憶術であることはおわかりかと思います。

けれども、注意点やデメリットがあります。ここをきちんと理解しませんと、購入してから疑問を抱いたり、ガッカリしてしまうことも起き得ると思います。ですので、ここではしっかりとご説明いたします。

誤解を招いたりデメリットと感じやすい点は、次の点です。

  • HPはショボく、しかも宮口式記憶術に関する具体的な情報が少ないため、わかりにくい
  • 教材のDVDとテキストとの説明に若干の食い違いがある
  • テキストの文字が小さい
  • ユーザーフォーラムは現在はない
  • 宮口式記憶術は独学教材

以下、順を追ってご説明します。

HPはショボい上に宮口式記憶術に関する具体的な情報が少ない

宮口式記憶術のHPは、やや古くさく、ショボく感じるかもしれません。しかも宮口式記憶術に関する具体的な情報がほとんどありません。まさに広告といった感じがします。

そのため、本当に効果のある記憶術なのか、わかりにくく感じることがあるかもしれません。

けれども、先に書いたとおりでして、中身は秀逸です。宮口氏の工夫とアィディアがあって、市販書にはまったく書いていない記憶術の使い方が述べられています。

ですので、HPは、正直なところ、控えめ過ぎるといいますか、情報が少なすぎて、宮口式記憶術とは一体どういう記憶術なのかがわかりにくくなっていると思います。

この点は、非常に残念です。

実は、宮口さんは、テキストの中で、「東大に受かる人達は、自分なりの勉強法を工夫していて、非常識で並外れた努力をしている」と述べています。

また、ご自身が改良した記憶術も「東大合格から大学院進学、その後、社会人になってからも改良し続けてきた記憶術」ということを述べています。

さらに「宮口式記憶術のことは人に言わないで欲しい」といったことも述べています。

もしかすると、この辺りのことと関係があって、HPはイマイチの感じのままにしているのかもしれません。つまり「あまり広めたくない」ということです。

記憶術は、使い方や工夫次第では、受験や資格試験の合格、学校の成績をアップ、昇進に役に立つのは事実です。本当のことですね。それ故に、改良に改良を重ねた記憶術である「宮口式記憶術」を、本当は秘伝として手中のままにしておきたいのかもしれませんね。

確かに「宮口式記憶術」は、最高峰の記憶術である場所法をさらに改良した「道法」であり、その「道法」ですら、宮口さんがさらに改良しています。

実際、宮口式記憶術で難関大学に合格した方もいます。また医学部に合格した人のインタビューも「特典」として収録されています。

こうした宮口式記憶術のすごさがHPから伝わってこないのは残念ですが、宮口式記憶術は優れた記憶術であることは確かです。

⇒HPはショボく記憶術の中身はわかりにくいが本当はすごい「宮口式記憶術」

教材のDVDとテキストとの説明に若干の食い違いがある

それと、これは注意点になりますが、「テキスト」「CD」と、「DVD」とでは、多少、説明が違っています。

いえいえ本質は同じです。けれども回数やパーセンテージなどの数字や、説明の仕方に、若干の違いがあります。

この違いは、宮口式記憶術のやり方に問題や影響はありません。が、神経質な方や完璧主義な方がご覧になると、疑問を抱く懸念もありますので、この点はあらかじめ知っておいたほうがよいかと思います。

宮口式記憶術は、ややアバウトな作りになっています。けれども記憶術を使った学習もそうですが、「完璧主義」「余裕の無さ」は、かえって学習や暗記の効率を低下させます。

宮口式記憶術でも述べていますが、70~80%の暗記で試験に対応することができます。むしろ、あまり神経質になったり完璧主義にななると、試験に合格できなくなります。

このことは「ユダヤ式記憶術」の著者である松平勝男氏も「逆転合格の極意」の中で、ご自身が3度、東大受験に失敗した理由は「完璧主義」だったとして、切々と述べているほどです。
⇒逆転合格の極意

宮口式記憶術においても、おおらかな気持ちで学んだほうが、むしろ記憶術の習得に役立つのではないかと思います。

なお、教材「DVD」と「テキスト」「CD」との食い違いに関しては、当方が作成した「特製マニュアル」の中で整合性を取って、混乱しないように解説しています。「特製マニュアル」は、購入者特典としてお付けしています。

  • 特典1:宮口式記憶術 DVD&テキスト エッセンス・特製レジュメ
  • 特典2:早野悟式 宮口式記憶術 200%活用マニュアル

これらの特典をお読みになれば、「宮口式記憶術」の整理もついて、理解がいっそう進むようになります。「宮口式記憶術」を200%活用するためにも、ぜひお手にしてください。

⇒200%の理解をうながす特典が付いた「宮口式記憶術」はこちら

テキストについて

なおテキストである「宮口式超脳活性記憶術」は、「テキストの文字が小さい」というのがあります。

けれども行間が空いていますので、読むことに差し障りはありません。むしろ人によっては、読みやすく感じると思います。

マーカーを手にして、大事な箇所にはアンダーラインを引きながらお読みになれば、ポイントも頭に入ります。決して読みにくいということはないと思います。

なおテキストには「ユーザーフォーラム」のことが記載してありますが、現在は「ユーザーフォーラム」は無いと思われます。この点は、テキストを修正していただきたいところですね。紛らわしくなっていると思います。

宮口式記憶術は独学教材

あと、宮口式記憶術は、手取り足取り教えるマン・ツー・マン教材ではありません独学教材になります。

コンテンツも
・記憶術の使い方
・トレーニングの仕方
になっています。

DVDを見て、テキストを読んで、CDを聞いて、あと質問を著者にメールしながら習得していく、基本的に独学タイプの教材になります。

独学教材ですけれども、優れたノウハウがいくつもあって、充分、独学で習得できると思います。

もっとも、「どうしてもマン・ツー・マンで記憶術を教わりたい」という方であるならば、最近は、
・吉野式記憶術
・宮地式脳トレ記憶術
といった、マン・ツー・マンで、徹底的に記憶術を教えてくれる講座もありますので、こちらを利用されることをおすすめいたします。

吉野式記憶術2.0(吉野邦昭)とは?やり方・口コミ・金額・ネタバレ~人生を成功に導く記憶術

宮口公寿氏のプロフィール

ところで、ここで著者の宮口公寿(みやぐち きみとし)さんのプロフィールをご紹介したいと思います。

宮口公寿さんは昭和34年(1959年)東京生まれ。高度経済成長期の頃ですね。お父さまは刀匠だったといいます。裕福な家庭に育ったといいます。

高校二年生のとき偏差値41

しかしながら「暗記」が超苦手。高校2年生(1976年)の11月の駿台予備校模擬試験では偏差値が41だったといいます。

けれども「記憶術」がテレビ番組で紹介されているのをたまたま見て、「場所法」記憶術の存在を知ります。で、自宅(部屋)を記憶の宮殿として自分でもやってみたところ「本当にできた」と。

ところが自宅ではうまくできたにも関わらず、屋外にある建物などを「記憶の宮殿」にして覚えようとしてもまったくうまく行かず、覚えることができなかったといいます。

宮口式記憶術を開発

そこで宮口さんは、なんとか屋外の建物を記憶の宮殿に使って覚えられるように猛特訓。「試験に活用できる記憶術」にしようと努力を重ねます。

真夜中に徘徊し、建物に対して記憶しようと毎日毎日トライ。しかし放火魔に間違えられたり、警察から職務質問を受けたこともあったとか。

そんな悪戦苦闘をしながらのトライ&エラーを繰り返し、「使える記憶術」となるための工夫と改良を重ねる日々を過ごします。

高校三年生のときに記憶術で偏差値75・東大合格

が!ついに独自の記憶術を作り上げることに成功します。「宮口式記憶術」の誕生です。

で、高校二年生のときは偏差値41だったものの、自ら生み出した記憶術を使って、高校三年生の二学期になると偏差値75まで上昇!

そうして、周囲から「絶対に無理だ!」と言われていた東京大学に合格

記憶術で万年劣等生から東大首席へ

宮口さんは、自分で生み出した「宮口式記憶術」を使って、
・東京大学理科二類に合格(1978年)
・卒業まで首席をキープ
・東京大学大学院薬学研究課程修了(1985年)
といった成功街道を歩むようになります。

大学を卒業してからは、上場企業の第一三共株式会社に就職し研究職へ。

このように宮口公寿さんは記憶術と出会い、創意と工夫を重ねて自分で記憶術を作り上げ、その独自の記憶術によって成績が向上し、ついには東京大学と東大大学院に合格しています。

宮口さんもまた、記憶術の世界では時々出てくる武勇伝を地で行くような方です。まさに記憶術によって劣等生から東大首席クラスに転身したサクセスストーリーの体現者でもありますね。

一言でいって「すごい」!

⇒「宮口式記憶術」はこちら

宮口式記憶術の評判・口コミ

では、宮口式記憶術の評判はどうなのでしょうか?ネットから口コミを集めてみました。


質問者

宮口式記憶術って効果有りますか?
あると思います。やはり、偏差値41から東大はすごいです。また、東大の試験が近い時でもバイトをしてもばっちりの結果。

回答者


質問者

宮口式記憶術についてですが、 体験された方の意見や効果が出てきたのは何ヵ月後か? また、他のオススメの記憶術を教えて下さい。
試しに宮口式記憶術広告ページをみて見ましたが、「怪しいけど自分にもできるんじゃないか」というのが率直な感想です。私個人の話ですがこういうもので(記憶術も含めて)何度も失敗しています。楽して成功しようというのはやはりよっぽどの運が無い限りないと思ったほうがいいんじゃないかと思いますよ。仮に成功した人がいるとしても、やっぱり相性とかもあるでしょう。

回答者

回答者は、このように回答していますが、記憶術にも相性がありますね。また記憶術には「イメージ型記憶術」「非イメージ型記憶術」があります。

イメージ型記憶術を使うことができるかどうかは、こちらでチェックすることができます。
記憶術は使えないのか?~記憶術への適性チェック

宮口式記憶術は「イメージ型記憶術」になります。

イメージングが苦手な人は

がおすすめです。ご自分の状態に合った記憶術から始めるのがおすすめですね。


質問者

「宮口式記憶術」って初めて聞きましたが、良いのでしょうか?
以前、宮口式記憶術を購入したものです。司法試験を受けようとしていて、何千何万という知識を覚えようとしていても、全く覚えることができず悩んでいました。

それで記憶を良くする情報を検索していたら、セミナーとか、教材とか沢山あったんですが、やたら高い高い。。。

10万円とかの単位でした。購入できるわけないです。

そんなときに偶然、宮口式記憶術を知って、22,800円という他の教材と比べ格段に安かったんですね。

しかし、こんな胡散臭そうなものに22,800円も出せないよ。と思っていたんですが、「情熱大陸」という番組で勝間和代?とかいう経済評論家が「速読を習うために3日で11万の講座を受けた」という話を聞いて、「やはり成功している人は自分に投資しているのだな」と思い、思い切って購入したんです。

実際に実践してみたらやはり今までの勉強の進み方が全然違いました。

やっぱり、専門の分野の人しか知らないテクニックというのはあるんだなと、感動したことを覚えています。

試験も無事に合格しました。私がまたもう一度、最初から資格を取るという事になったら、やっぱり購入すると思いますね。

回答者

この口コミで気になるのは、おそらく書き込んだ人は、司法試験制度が改正される前じゃないかと思います。というのは、現在の司法試験は丸暗記では対応できないからですね。

法理論への理解と応用が試されるといいますので、条文の丸暗記ではなく、法理論への理解を宮口式記憶術でに工夫して覚えているのではないかと思います。

いずれにしても宮口式記憶術の口コミは、まずまず良い評判が多いですね。

記憶術そのものは場所法になります。
けれども、記憶術を習得するまでの7つのステップが、宮口式のポイントといってもよいかと思います。

初めて記憶術に取り組む人にもおすすめかと思います。

宮口式記憶術の公式HP

宮口式記憶術のYouTubeチャンネル

そんな宮口公寿さんは、YouTubeの「宮口式記憶術チャンネル」でご自分のことをお話ししています。

◆合格するための私の記憶術の歴史を話します


⇒宮口式記憶術チャンネル

こちらの動画でもお話しされていますね。

宮口さんは、学生時代は暗記が苦手。なかなか覚えることができなかったと述懐しています。当時は、900人の生徒の中で、850番目という「落ちこぼれ」だったといいます。

けれども記憶術と出会って、人生が逆転。

苦手だった「記憶」が得意になり、東京大学に合格。卒業のときも主席で卒業。

本当にすごいですね。宮口公寿さんも、まさに記憶術が人生を変えたといっても過言ではありません。

だからこそ、宮口さんの記憶術は暗記を苦手としている人や受験生にこそ役立つ理由なんですね。「試験に合格する記憶術」というのもうなずけます。

宮口さんご自身が暗記が大の苦手だったわけですね。にも関わらず東大に合格したという実績をお持ちです。

暗記が苦手な人や受験生の悩みのツボもおわかりではないかと思います。頼りになるんじゃないかと思います。
⇒宮口式記憶術

ワタナベ式記憶術と宮口式記憶術

ところで記憶術で成績がアップした体験者は、日本の記憶術の開祖とも言える渡辺剛彰氏がいらっしゃいます。
ワタナベ式記憶術【渡辺剛彰】~実際に使ったレビュー・口コミ・やり方

渡辺剛彰氏もそうですが、宮口公寿氏も実際に記憶術で成功しています。ちなみに両氏とも、記憶術を使って東京大学に合格しています。記憶術は効果のある方法です。

実のところ「宮口式記憶術」は渡辺剛彰氏の「ワタナベ式記憶術」を踏襲しています。宮口さんが高校生のときに、テレビで見た記憶術こそ「ワタナベ式記憶術」でした。

で、宮口さんは、渡辺剛彰氏に連絡を取って、当時20万円近くかけて「ワタナベ式記憶術」の高額セミナーに参加して、記憶術を教わります。

そのセミナーには50人くらい参加していたようですが、「ワタナベ式記憶術」をマスターできたのは、宮口さんを含めて、わずか2名だったといいます。それくらい当時は、記憶術の習得が難しかったといいます。

宮口式記憶術は、「ワタナベ式記憶術」を土台にしながらも、宮口公寿さんならではの工夫をいくつも行い、まったく別の記憶術に作り上げています。道法のアイディアは、宮口さん独自のものです。しかも試験合格に精鋭化しています。で、これらが「宮口式記憶術」のノウハウにもなっています

「ワタナベ式記憶術」は、現在では入手も困難になっています。また今の時代では少々時代錯誤な事例もあります。しかも宮口式の「7ステップ」のように、記憶術を習得するためのプログラムがありません。

どの記憶術にしようか迷っている方や記憶術が初めての方には、宮口式は合っていると思います。

宮口式記憶術 11本の特典

なお「宮口式記憶術」には特典を「11本」お付けしています。

この特典は、宮口式記憶術の理解を助けるオリジナルマニュアルをはじめ、記憶術や勉強術に役立つオリジナルマニュアルとなっています。

すべて「オリジナル」で、内容が濃く役立つ立つコンテンツとなっています。

主要なイメージ型記憶術のやり方や改良型の記憶術を紹介しています。また記憶術を組み込んだ勉強術にも言及しています。

有料級のマニュアルです。特典とは思えないほどの内容です。ぜひお手にしてください。

なお11本の特典のくわしいことは、こちらの記事で説明しています。ぜひご覧ください。
宮口式記憶術 特典一覧~宮口式記憶術の理解を200%助ける11本の豪華特典

  • 特典1:早野悟私家版 宮口式記憶術 DVD&テキスト エッセンス・レジュメ
  • 特典2:早野悟式 宮口式記憶術 200%活用マニュアル
  • 特典3記憶術の基本「結合法」完全習得マニュアル
  • 特典4:数字の暗記に滅法強い「ペグ法」記憶術 パーフェクト講座
  • 特典5記憶術の王道&最高峰「場所法」マスター基礎講座
  • 特典6:語呂合わせ」完全習得講座~実は奥が深くあなどれない記憶術
  • 特典7:簡単かつ実用的な「ストーリー法」完全習得
  • 特典8ドラゴン桜にも登場する「メモリーツリー記憶術」の本当の使い方
  • 特典9記憶術を使った知られざる受験・資格試験の勉強術
  • 特典10:教科書・参考書を丸暗記する記憶術秘密の使い方
  • 特典11場所法が使えない人の知られざる3つの盲点
特典はすべてオリジナルで、記憶術の基本から応用までの使い方を説明しています。

しかも「宮口式記憶術」を200%理解し、使いこなすことができるための「特典1」「特典2」をお付けしています。この2つの特典をお読みになるだけでも、宮口式記憶術のエッセンスがわかり、受験や資格試験に活かすことができると自負しております。

特典に対して「本当に有料級の内容だった」「非常に役に立つ」「おもしろい」「お金を出してでも読みたい」といった感想もいただいています。これら特典のマニュアルは、ぜひお手にしてください。

⇒11本の豪華特典がついた「宮口式記憶術」の公式HPはこちら

なお特典は、infocartの「購入者ページ(管理画面」)からダウンロードすることができます。

暗記が苦手な人は「宮口式記憶術」

宮口式記憶術は、暗記が苦手、勉強で苦労している方に合っています。

なぜなら、そもそも著者の宮口公寿さんも同じように暗記で苦しみ悩んだ経験をお持ちだからですね。同じ悩み・苦しみを持った方の気持ちもおわかりかと思います。

記憶術は役立ちます。
怪しい、眉唾と揶揄している方もいますが、そうじゃあないんですね。私自身、記憶術を習得して、実際に資格試験などに合格しています。本当に一生の財産になるテクニックです。

宮口公寿さんも記憶術で人生を逆転させています。

それにしても宮口公寿さんの成功体験もそうですが記憶術はすごいです。その宮口さんの体験に基づいたのが「宮口式記憶術」です。

宮口公寿さんの記憶術は、元落ちこぼれから逆転した、その実績に裏付けられた記憶術です。高校や大学、資格試験で「暗記が苦手」とお悩みの方にとって「宮口式記憶術」は役に立ちます。

⇒宮口式記憶術の公式HPはこちら