記憶術の歴史~知られざる2500年の系譜

記憶術の歴史

記憶術には2500年の歴史があります。

記憶術は「Mnemonic Systems(ニーモニック・システム)」といっていますが、実は長い歴史があります。意外とこのことは知られていません。

詳細は各ページに書きましたが、ここではダイジェストで記憶術の歴史の流れをまとめてみましょう。

記憶術の発祥は古代ギリシア:紀元前6世紀

記憶術の発祥ギリシア時代になります。紀元前500年頃の詩人・シモニデスが記憶術を発明します。

シモニデスは、たまたま訪問していた貴族の邸宅で地震が起きて大勢の人が亡くなったものの、人々が座っていた場所を覚えていたため、遺体が誰であるのかがわかったといいます。

この出来事から、シモニデスは座っていた場所(座)と覚えたい対象を関連付けて記憶する「座の方法(ローマン・ルーム法)」を考案します。

これが記憶術の始まりになります。なお同じ頃、ギリシアではメトロドロスは占星術を使った記憶術を用いて活躍します。

古代ローマ時代:紀元前2世紀

その後400年くらいしてからの紀元前100年頃、古代ローマではキケロが現れて、シモニデスの記憶術を広めます。

キケロが活躍したローマ時代では、記憶術は弁論術に使われます。「ヘレンニウスへ」「弁論家について」「弁論術教程」記憶術の三大古典書となりますが、この頃に著されます。

スコラ哲学時代【中世】:11~15世紀

その後しばらくの間、記憶術の歴史は空白を迎えます。が、11世紀頃からキリストの教会修道院の教育機関(現在の大学)において、神学や道徳観の暗記のために記憶術が積極的に使用されます。

つまりスコラ哲学における神学や知識の暗記のために記憶術が使われるようになります。

スコラ哲学に使われた記憶術は、シモニデスの方法とは違い、リアルの座(記憶の宮殿)を使わずに、宗教的概念を「記憶の宮殿」に使う独特のやり方でした。

この当時、修道士が記憶術の方法を開発します。修道士のポンコンパーニョや有名なトマス・アクィナスが登場します。トマス・アクィナスは列聖ともなった聖人ですが、トマス・アクィナスの記憶術は、ペトラルカ、ラゴーネといった人々に受け継がれていきます。

このように中世においては、記憶術は大学(アカデミック)の分野で使われます。教会の権威でもあるドミニコ会の修道士らは、記憶術を知識を覚えるための重要な手段とみなしていました。

ルネサンス期:15~16世紀

やがてルネサンスの時代を迎えます。ルネサンスの頃、15世紀後半に印刷技術が登場します。

印刷技術の登場によって聖書が普及し、そのため修道士の世界で一子相伝のように継承されてきたキリスト教神学や倫理道徳の教えを、わざわざ暗記する必要がなくなります。

次第に印刷された聖書を読むようになり、修道士の間では記憶術の使用が減っていきました。

オカルトとしての記憶術

ルネサンス期は、キリスト教神学や倫理道徳を記憶術で覚えることが廃れ、その代わりに新プラトン主義、ヘルメス主義、カバラといいた神秘学やオカルトの世界で使用されます。

この当時の代表的な記憶術家には、ジュリオ・カミッロラモン・ルル、ドミニコ会修道士のジョルダーノ・ブルーノロバート・フラッドといった隠秘哲学の人々によって使用されていきます。

ビジネスとしての記憶術

ルネサンス期には、世俗的な記憶術の萌芽も見られました。記憶術をビジネスに利用するなどが、15世紀の終わりに登場します。

記憶術のビジネス化の元祖こそペトゥルスになります。記憶術を人生における成功術として初めて活用した人でした。

学問としての記憶術

ルネサンス期には、さらに古典記憶術スコラ哲学記憶術を包括した新しい記憶術も登場します。

「座の方法」の系統の記憶術と、「宗教的概念を記憶の宮殿(メモリーパレス)」の系統の記憶術を合わせ折衷させた記憶術です。

ロンベルヒまたはフランシス・ベーコンデカルトも、この系列の記憶術を使っていました。

また哲学者であり数学者であったライプニッツも記憶術を認め使用していました。

記憶術の大衆化:17世紀

ルネサンス期が終わって17世紀に入ると、記憶術の大衆化が起こります。別の言い方をすれば「成功術としての記憶術」が台頭します。

17世紀以降に活躍した記憶術家は多く、ウィンケルマンリチャード・グレーグレガー・ファイネーグらがいます。

彼らは記憶術の中でも重要な「変換法」「ペグ法」などのテクニックを創案します。これらの技術は重要なテクニックとして現在も使われています。

商業主義的な記憶術:19世紀

さらに19世紀に入ると世界各地で記憶術が流行し、商業的にも使用され出します。つまり記憶術をビジネスとして本格的に使用するムーブメントの到来です。

この当時は、ベニウィスキィ、フランシス・フォーベル・グーロー、カール・オットー・レーベントロー、その他大勢の記憶術家が活躍します。

日本の記憶術の歴史:19世紀~21世紀

日本では19世紀明治時代に、西洋から記憶術が輸入され、日本でも爆発的なブームを巻き起こして記憶術が普及&定着します。

19世紀:明治時代の記憶術

日本でも19世紀の明治時代に記憶術が大流行します。特に1887年以降の明治20年代からは大流行しします。

妖怪博士の井上円了和田守菊次郎島田伊兵衛といった面々が登場し、「日本の記憶術の元祖」となります。

20世紀:昭和・平成時代の記憶術

昭和の時代に入ってからは渡辺剛彰の記憶術がブームとなります。渡辺剛彰の「ワタナベ式記憶術」は日本における記憶術の実質的元祖になります。

その後、平成になり、脳トレを取り入れたり、より使いやすい工夫を施した記憶術が登場します。たとえば、宮口式記憶術栗田式記憶術藤本式記憶術は有名です。

21世紀:平成時代の記憶術

21世紀になると、記憶術を勉強術に包括した吉永賢一「東大記憶法」といった新しいスタイルの記憶術&勉強術が登場します。また「ユダヤ式記憶術」いったまったく新しい記憶術も登場します。

21世紀に入ってからは、試験に合格することに特化した記憶術(勉強術)が登場し、習得も容易になってきているのが際だった特徴です。

21世紀:令和時代の記憶術

さらに令和の時代になってからは、河野玄斗、メンタリスト DaiGo、大野元郎「大野式記憶術」吉野邦昭「吉野式記憶術」といった令和時代に適した記憶術が広まります。

令和時代の記憶術の特徴として、記憶術から胡散臭さが無くなり、表現がやさしくかつ親身になり、また大衆化とともにインターネットを使った講座が開催され、ハイレベルな記憶術がより簡単に習得できるようになっています。

令和になってからは、記憶術が能力開発や優れた自己投資として認識され、新しい様相を見せ始めています。

記憶術は進化し続けている

記憶術は「秘密技術」としての側面があります。記憶術の原理原則はほぼ公開されています。が、これらを自在に使いこなす工夫は、各人や専門家が自家薬籠中の物のように秘伝として扱っています。

現代記憶術においても、使い方やノウハウに秘密があったりして、こうしたものがマニュアルになって販売されているケースもあります。

記憶術は今後も様々なものとタイアップしながら進化していくようになるでしょう。

中世の時代にはアカデミックに使われた記憶術は、今後、優れた自己投資や能力開発の技術として見直され、その真価を発揮するようになると思います。