メンタリストDaiGoおすすめの【記憶の宮殿】は記憶力を高める方法だった!

メンタリストDaiGoさんもオススの【記憶の宮殿】を使った記憶術

メンタリストDaiGoさんは「記憶の宮殿」、つまり「メモリーパレス」を使った記憶術をおすすめしていますね。この記憶術は別名「場所法」といいます。
記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説

つまりDaiGoさんは「場所法」をおすすめしているんですね。

で、確かに「記憶の宮殿」を使った場所法は世界最強の記憶術です。世界記憶力選手権でもメインで使用されているのが「記憶の宮殿」です。

そんな世界最高峰の記憶術を、メンタリストDaiGoさんもおすすめしています。

脳機能を高める記憶の宮殿

で、「記憶の宮殿」を使った記憶術は、世界最高の記憶術になりますが、なんと脳機能をも高めることがわかったといいます。

このことはメンタリストDaiGoさんが紹介しています。

【脳改造】6週間で記憶力をガッツリあげる方法【脳回路改造】

こちらの動画ですね。
いやあ驚きですね。

メンタリストDaiGoさんおすすめの「6週間で記憶力を高める方法」

メンタリストDaiGoさんが紹介している方法は「6週間で記憶力を高める方法」というものです。

結論からいいますと、脳機能はトレーニングをすることで何歳からでもアップすることができるといいます。

これは驚きですね。
昔は、大人にになると脳神経細胞は減っていくだけと言われていましたが、最新の研究では、トレーニングによって脳神経が活性化してアップするとのことです。

で、「世界記憶力選手権」に出場するような人は、円周率やトランプのカードを瞬間的に大量に暗記するなどの異常な記憶力を持っています。

が、彼らメモリーアスリートのような超人レベルの記憶力を、凡人でもトレーニングによって得られるといいます。

しかも6週間のトレーニングで可能であるといいます。で、6週間行うと、脳がガラリと変わるといいます。

で、その方法こそが「記憶の宮殿(メモリーパレス)」を使った記憶術トレーニングになります。

記憶の宮殿を1日30分行うと脳機能がアップする

結論を先にいいますと、1日30分、「記憶の宮殿」のトレーニング行うと脳機能がアップするといいます。

このことはラバート大学の研究で明らかになったといいます。ラバート大学では23人の記憶力チャンピオンと凡人を比較対象の調査をしています。

で、分かったことは、

  • 脳機能・・・記憶力チャンピオンも凡人も変わらない
  • 脳の神経のつながり・・・これに違いがあった

ということです。
つまり脳の機能そのものは、記憶力チャンピオンも凡人もまったく変わりがなかったものの、脳神経の有り様に違いがあったということです。

で、脳神経の強化は、なんと「記憶の宮殿」を使った記憶術トレーニングによるものだったことが判明したといいます。つまり記憶術の練習によって記憶力が高まったということです。

実際、凡人が同じように、1日30分の「記憶の宮殿」を使ったトレーニングを行ったところ、6週間で記憶力チャンピオンに迫るほどの記憶力アップの効果が出てきたといいます。

記憶の宮殿トレーニングで記憶力がアップ

驚くべき結果ですね。

1日30分の「記憶の宮殿」トレーニングを行うと、6週間で超人的な記憶力を持つ記憶力チャンピオン並の脳神経になるってことです。

結局、凡人と記憶力チャンピオンとの違いは「脳の神経のつながり」の違いだったということです。

1日30分、「記憶の宮殿(メモリーパレス)」を行う。場所法ですね。

場所法は、座の方法(ローマン・ルーム法)とも言われますが、記憶したいことを、自分が知っている「場所」「部屋」「建物」「町並み」に関連付けて覚える方法です。

つまり何らかの物事を、自分が知っていることに「結びつけて」覚えるやり方です。これが記憶術の本質でもあります。

で、「記憶の宮殿(メモリーパレス)」のトレーニングとは、こうした関連付けて覚えるトレーニングを、1日30分行うわけですね。そうすると、6週間で見違えるほど記憶力がアップするというわけです。

ちなみに、この「関連付ける」やり方は、吉永賢一さんもご自分で発見しています。で、吉永さんは、この関連付けのテクニックと記憶術を組み合わせて、偏差値を93まで上げて、東大理Ⅲに合格しています。

で、この方法を「東大記憶法」と銘打って、オンライン講座を開催しています。試験に合格するためのノウハウも含まれていて、記憶法+記憶術+勉強法が渾然一体となった優れた講座です。
東大記憶法~吉永賢一の総合記憶術【レビュー・口コミ】

記憶術で頭がよくなる

ちなみに記憶術を使っていると「頭がよくなる」という話しは以前からあります。このことはこちらの記事でも書いています。
記憶術で頭が良くなるって本当?世界記憶力選手権の選手は脳が活性

Nature Neuroscience」という脳神経科学の研究に関する情報雑誌の記事によると、World Memory Championships(世界記憶力選手権)に参加した選手の脳MRIで検査したところ、脳か活性化している(頭が良くなっている)という意外な結果が得られたとあります。

以前から、記憶術は頭をよくすることが指摘されていましたが、メンタリストDaiGoさんが紹介している「記憶の宮殿」トレーニングでも、やはり記憶力が高まることが証明されていましたね。

脳神経のつながりがしっかりするということなんでしょうが、記憶術は覚えるための「テクニック」から始まって、本当に記憶力そのものを高める作用が出てくるというのは、本当に驚きです。

記憶術は、どうやら記憶力そのものも高まる効果がありますので、認知症予防にもなりますね。

記憶術は資格試験や大学受験のためだけでなく、記憶力を高め、頭の回転を速くする、優れたトレーニングにもなります。

記憶術はすごいですね。で、記憶術は使えるようになったほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です