ペグ法記憶術(かけくぎ法)~数字や歴史年号の暗記に強い

ペグ法とは?

ペグ法という記憶術があります。歴史の年号や電話番号、暗証番号といったように「数字」の記憶を得意とする記憶術です。

即効性が高く、記憶術の基礎ができていれば誰でも使うことができます。記憶術の中でも比較的簡単でありながら実用性の高い記憶術になります。

ペグ法とは別名「かけくぎ法」ともいいます。「フックの法」ともいいます。

原理的には「連想結合法」になります。
連想結合法記憶術~連想で結合する基本テクニック

ペグ法は、後述しますがドイツのウィンケルマンが17世紀に創案した記憶術になります。

しかしながら実のところは、古典的記憶術の一つになります。「場所法」の亜流でもあります。ペグ法に似た記憶術としてはメトロドロスの黄道十二星座・占星術的記憶術もあります。
記憶術における三大古典【紀元前後ローマ時代】記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説メトロドロスの星座・占星術的記憶術【BC100年】

ペグ法は数字やリストの暗記に最適

最初にも書いた通りで、ペグ法は歴史の年号や電話番号、暗証番号といった「数字の暗記」に最適な記憶術です。またリストを暗記する場合にも役に立ちます。

ペグ法といえば、一般的には「数字を覚える」ために使われていると思われています。けれども数字だけでなく、「リスト」を暗記するテクニックもあります。ですのでペグ法は、

1.無意味な数字の暗記
2.順番通りに並んでいるリストの暗記

を得意としている記憶術といえます。

ペグ法がユニークなのは、順番通りに数字を思い出すだけでなく、途中からも思い出すことができる点にあります。

ペグ法のやり方は大きくわけて2つあります。まず「数字を覚える」ペグ法からご紹介します。

ペグのやり方1~数字の暗記

ペグ法を使って歴史の年号や暗証番号、電話番号、あるいはランダムを暗記する場合は、まず下準備が必要です。

その準備とは「ペグテーブル」を用意することです。ペグテーブルとは、

0・・・霊柩車
1・・・いちご
2・・・にんじん
3・・・サンダル
4・・・ヨット
5・・・ごましお
6・・・ロケット
7・・・七面鳥
8・・・蜂
9・・・クジラ

というように数字に具体的な物事を当てはめておく準備をいいます。これが「ペグテーブル」です。

ペグテーブルの作り方

ペグテーブルの作り方には2種類ありますが、一番簡単なのは「語呂合わせ」を使ったやり方です。

語呂合わせに従って、数字を何か具体的な物事に置き換えておきます。

この事例でいえば、「0(れい)・・・霊柩車」「1(いち)・・・いちご」といった具合です。

ペグ法を使った具体例~歴史の年号を覚える

ペグテーブルの準備ができたなら、具体的にやってみましょう。たとえば、

1868年 王政復古の大号令、小御所会議、戊申戦争

といった年号を暗記する場合ですね。ここでペグ法を使います。最初に下準備した「ペグテーブル」を使います。

1・・・いちご
8・・・蜂
6・・・ロケット
8・・・蜂

こうなりますね。で、「1968」「連想結合法」で覚えます。
連想結合法記憶術~連想で結合する基本テクニック

また「王政復古の大号令、小御所会議、戊申戦争」といった歴史の出来事は変換法で具体的な物事に置き換えます。
変換力【記憶術のやり方基本】~文章・数字・専門用語を覚える

こうして年号と歴史の出来事を再び「連想結合法」で覚えます。

ペグ法で記憶

では、下準備ができましたので、具体的に記憶してみましょう。

【年号の暗記】
「1(いちご)」に、「8(はち)」が針を刺している。その「8(はち)」に「6(ロケット)」が衝突した。その「6(ロケット)」に、別の「8(はち)」が突き刺している。

【出来事の暗記】
イチゴにハチが刺さって、そのハチにロケットが衝突し、そのロケットにハチが刺さっている、そんな変な光景の中、王様が怒鳴りながら(王政復古の大号令)、小さい会議(小御所会議)をぐちゃぐちゃにして、王子に戦争(戊申戦争)するように命令している。

ペグ法は連想結合法と変換法

いかがでしょうか^^
これは一つの事例です。

行っていることは
・連想結合法
・変換法
によるテクニックなことがわかるはずです。

二桁の数字に対応するペグテーブル

この事例では最もシンプルなテーブルを準備して使っています。しかしペグ法の実際では、もっと大きなペグテーブルを用意しておきます。たとえば、

00・・・ドーナッツ
01・・・おいらん
02・・・乙武さん
03・・・おっさん
04・・・お酢
05・・・まるこ(ちびまるこ)

といったように二桁の数字に対応したペグテーブルです。このようにしておくほうが暗記しやすくなります。

一桁づつ覚える要理も、二桁づつ覚えるからですね。

ただし下準備が大変です。で、この下準備となる「ペグテーブル」の作成が、ペグ法の秘伝にもなっています。いかに使い勝手の良いテーブルを作るのかということですね。

ペグ法のやり方2~リストの暗記

ペグ法のもう一つの使い方は、順番通りに並んでいるリストの暗記に使うやり方です。

この場合は身体に番号を付けておいて、身体法を使います。

実のところこの使い方は「基礎結合法」そのものになります。基礎結合法は「ペグ法」をも包括している記憶術ということになります。
基礎結合法記憶術~記憶の宮殿を使う基本テクニック

このやり方は場所法的ともいえます。暗記したい事項をひっかけておく「記憶の宮殿(場・空間)」があれば、何でも暗記することができます。
記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説

記憶の宮殿を使ったペグ法

こうした使い方のペグ法では、覚える場を「身体部位」「十二星座」など、連続しているものを「記憶の宮殿(メモリーパレス)」として使用することができます。

ペグ法とは、いわば「連続している【記憶の宮殿】を使った記憶術」とも言えます。

しがたって、身体法、指法、時計法、部屋法、道法、建物法もペグ法ということができます。

記憶術の基本となる「基礎結合法」はまさに「ペグ法」と言えます。

ペグ法はウィンケルマンが考案

ペグ法はシンプルな記憶術ですが奥の深い記憶術でもあります。

下準備となる「ペグテーブル」の作成にこそ醍醐味があります。本質は場所法と同じになります。

ペグ法は、最初に少し触れましたが、1648年にウィンケルマンが、場所法からヒントを得て開発した記憶術になります。
ウィンケルマン~ペグ法・数字変換法記憶術の創始者【17世紀】

ウィンケルマンは、ドイル新聞のマールブルクでスタニスロースという偽名でペグ法を発表します。

今でこそ知られているペグ法ですが、当時は画期的な記憶術でした。

現在でも初めて記憶術を始める人は、まず「ペグ法」というくらい定番の方法になっていますね。

ペグ法は改良され続けている~PAOシステムの登場

ペグ法は、歴史的に見ても改良が続いています。

最初に改良をしたのはリチャード・グレーです。
リチャード・グレー~文字変換法記憶術の創始者【18世紀】

現在でも改良が続いています。記憶術のエキスパートであるハリー・ロレイン、それとマインドマップで有名なトニー・ブザンらもペグ法を改良しています。
マインドマップと記憶術【トニー・ブザン】

ペグ法の改良の中でも特筆すべき方法は「PAOシステム」になります。

記憶術は工夫・応用・改良が大事

ペグ法もそうですが、記憶術はシンプルな技法に見えて、使い方を工夫したり応用を利かせ、また改良することで記憶の効率が高まるテクニックです。

といいますか実のところ記憶術の秘訣とは、この工夫や応用、改良になります。

上っ面の使い方なら誰でも分かります。しかも「ああ、なんだ」で終わってしまうことも少なくありません。

けれども工夫が施され、応用の利き改良が加えられた記憶術こそ、本当の意味で実用に耐えうる記憶術になります。こうした記憶術に仕上げるノウハウこそ、記憶術の秘訣になります。

工夫が施された実践向けの記憶術といえば「ユダヤ式記憶術」です。ペグ法とも合わせて使うことができる画期的な記憶術です。

ユダヤ式は、複雑な暗記も可能です。大学受験や資格試験には最適な記憶術です。知らざるおすすめの記憶術だったりします。

ユダヤ式記憶術のレビュー・効果・ネタバレ~実際に購入したから言えること