ワタナベ式記憶術【渡辺剛彰】

渡辺剛彰は日本の記憶術の元祖

「日本の記憶術創始者」である渡辺剛彰先生が提唱しているのが「渡辺式記憶術」です。渡辺剛彰氏は1927年生まれ。中学二年生のときに、父親の渡辺彰平氏から教わった記憶術を使って、落ちこぼれから一気に成績トップに。高校進学後は、日本お最高学府である東大文学部に合格。さらには弁護士試験にも合格。

まさに記憶術で人生の成功を勝ち得た有名な方ですね。渡辺剛彰氏は記憶術の世界では、おそらく誰もが一度は耳にしたことがある著名な方です。

そんな渡辺剛彰氏が昭和の時代に、一般向け書籍として世に出したのが「渡辺式記憶術」です。【送料無料】一発逆転!ワタナベ式記憶術

渡辺式記憶術とは?

渡辺式記憶術は7種類の記憶術を、適宜使い分けて、短期間で楽しく覚えることが出来る暗記のテクニックです。伝統的な記憶術に加えて、また父・渡辺彰平氏から教わったテクニックを基にして、渡辺剛彰氏による独自の方法から構成されています。その7種類の記憶術とは、

になります。これらの方法の基本は、このサイトでも紹介しています。

試験に強い渡辺式記憶術

渡辺剛彰氏の記憶術は、右脳の能力や感覚を最大限に生かした記憶術です。また伝統的な記憶術になります。ある意味「古典的」です。古典的ですが、暗記物に関してはほぼ100%の確率で成功すると言っても良いでしょう。

そのため渡辺式記憶術は「試験に強い記憶術」として、いまだに多くの受験生から評判も得ています。

渡辺式記憶術(または渡辺さんの影響を受けた記憶術)の特徴は短期間で大量に覚えることが出来る、一度覚えたら二度と忘れないといった特徴があります。

この性質こそ「記憶術」になりますが、このことは受験生にとっては大きなメリットです。実際、渡辺剛彰さんのノハウによって試験に合格している人も多数います。古典的な記憶術になりますが、ある意味、試験勉強用に特化したやり方と言っても過言ではないほどよく出来ています。

渡辺式は、記憶術でも最も効果が高いといわれている「場所法」に、「鈴なり式」などのテクニックを加えて、記憶術の効果を高めている点にも特徴があります。この渡辺式の方法が試験勉強には効果を発揮し、短時間で大量の暗記を可能にまでしています。

ワタナベ式は日本の記憶術の「元祖」

ワタナベ式は日本の記憶術の「元祖」といっても過言ではありません。

渡辺剛彰氏の記憶術は、従来からある連想結合法や音声変換法などを応用したやり方とも言われています。実際のところは、そんな単純ではなく、一ひねりも二ひねりも工夫が施されています。渡辺式は通信教育にもあります。

宮口公寿氏の「宮口式記憶術」も基本的にはワタナベ式と同じになりますが、宮口氏ならではのオリジナルも含まれています。ちなみに宮口公寿氏も、落ちこぼれから記憶で成績を向上させ、東京大学に合格した方です。渡辺剛彰氏と同じ経歴ですね。

最近では渡辺式の方法を改良したやり方も出てきています。これは記憶術の欠点を補ったもので、本質は従来のノウハウと同じですが、誰でも使えるように改良されている点が大きく変わっています。その方法は「ユダヤ式」です。

現在出回っている記憶術の多くは、渡辺剛彰氏の方法を踏襲しているといっても良いくらいです。それくらい日本の記憶術の業界には多大な影響を及ぼしたのが「渡辺式記憶術」になります。

しかしながら、ワタナベ式のルーツは明治の「井上円了」氏の記憶術になります。渡辺剛彰氏のお父さんである渡辺彰平氏が使っていた記憶術こそ、井上円了式の記憶術でした。このことは渡辺氏の著書に記されています。

井上円了の記憶術

渡辺式記憶術の改良型

受講生の中には某大学の医学部に合格した方がいます。また有名私立高校に合格した方、難関の宅建の資格を取得した方など多くの喜びの声が寄せられています。渡辺剛彰さんの系統の記憶術は評判がよくまさに定番といっていいでしょう。

受験シーズンになる前に渡辺剛彰さんの方法や、ワタナベ式を踏襲している記憶術を使ってみることをおすすめいたします。偏差値が低い方でも、渡辺氏や宮口氏のように逆転も可能です。

記憶術の創始者である渡辺剛彰さんも、幼い頃に父による記憶術の手ほどきを受けて、ビリから2番目だった成績を、学年トップに躍進したという実績を持っています。

実に240人抜きをしたという過去です。更に大学在学中にたった2ヶ月で司法試験に合格したなど渡辺剛彰さん自らが記憶術の効果を証明しています。

ワタナベ式記憶術は、古典的ですが、古典的であっても記憶術の基本でありエッセンスがぎっしり詰まっています。記憶術を始めるならば、まずはワタナベ式か、これと同じノウハウの記憶術がおすすめですね。

現在では、渡辺式記憶術と同じ方法やシステムを持った記憶術もあります。また受験に特化した方法も出ています。こちらは受験には最適な記憶術です。

⇒東大記憶法【吉永賢一】