お宝教材発見!記憶術の音声CD・カセットテープ講座~東京カルチャーセンター付録

お宝教材!記憶術の音声CD講座

記憶術の音声CD講座の先駆けは、おそらく「東京カルチャーセンター」記憶術通信講座の付録となっている解説CDになると思います。

こちらのCDですね。

「昭和の記憶術」の元祖である渡辺剛彰氏が肉声で語っている、今ではレアなCDです。

渡辺剛彰氏は、記憶術で人生に成功した「記憶術の神さま」のような方です。昭和の時代に記憶術を日本中に知らしめています。

ワタナベ式記憶術【渡辺剛彰】~実際に使ったレビュー・口コミ・やり方

渡辺剛彰氏は、記憶術を使って東大文学部に合格。在学中に司法試験に合格し弁護士に。

そんな渡辺剛彰氏が作成・監修した記憶術通信講座に同梱されていたのが、このCDですね。4枚入りのセットになっています。

レア教材!記憶術のカセットテープ講座

とはいっても、CDの前に「カセットテープ」版がありました。
それがこちらです。

「ウルトラ記憶術講座」などの付録としてついていた「記憶術の解説」です。

こちらのカセットテープは4本セットです。同様に渡辺剛彰氏が肉声で語っています。

記憶術のお宝音声解説

東京カルチャーセンター「記憶術講座」に同梱されていた「CD」も「カセットテープ」も、収録されている内容はまったく同じです。渡辺剛彰氏による解説ですね。

収録したのは1986年とあります。

東京カルチャーセンター「記憶術講座」には、何種類かのコースがあります。それぞれの記憶術講座に附属していたのが、このCD・カセットテープです。

ただし

  • 受験のための記憶術講座~大学受験コース・・・プロのナレーターによる解説
  • 英語 記憶術講座・・・英語向けの音声解説

こちらに同梱されているCDは異なります。

けれども、これら以外の講座の付録となっているCD(カセットテープ)は、渡辺剛彰氏自身による解説ですね。

率直にいって秀逸です。

埋もれた「お宝教材」といっていいでしょう。

渡辺剛彰氏の肉声が秀逸

何故、お宝教材なのかといえば、まず解説している渡辺剛彰氏の肉声が味わいがあるからです。

語り口や声質が、講談、寄席のような噺家(はなしか)のようでもあって、ユーモラスです。聞く者を惹きつけるリズム感があって、おもしろく、聞いていても飽きません。

で、渡辺剛彰氏は、意外とハイトーン(高い声)なんですね。写真を見る限り、野太い声を出す方かと思いましたが、天才バカボンの声をちょっと高くしたかのようなユーモラスなしゃべりです。

それもそのはずで、渡辺剛彰氏は、父・渡邉彰平が創設した「詩吟(しぎん)」の公益社団法人「日本吟道学院」の総裁も務めていましたからね。声がいいのは、詩吟で鍛えたのもあるかもしれませんね。

聞いているだけでも楽しい渡辺剛彰の解説

そんな声音(こわね)が魅力の渡辺剛彰氏なんですが、聞いているだけで楽しくなってくる解説が、4枚のCD(4本のカセットテープ)に収まっています。

一気に4枚のCDを聞けるほど楽しいんですね。

しかも、これを聞いているだけで、記憶術の使い方、練習などができてしまいます。

もっとも渡辺氏は昭和2年に生まれた人なので、話しの途中で古い言葉が出てきます。たとえば「恋敵(こいがたき)」「白金(はっきん)」など昭和に使っていた古い言い回しです。

が、こうした時代錯誤的な言葉も、なんだかユーモラスに聞けてしまいます。

CDを聞くだけで記憶術がわかる

渡辺剛彰氏による記憶術の音声解説は、ピカイチですね。

記憶術のエッセンスがぎっしり詰まっています。

回りくどい説明や能書きは無く、ズバリ記憶術が使える核心から切り込んでいます。わかりやすい。

このCDを聞くだけでも記憶術が使えるようになります。

記憶術の大事なポイントがすべて凝縮されています。

記憶術の「お宝教材(CD,カセットテープ)」ですね。

4枚のCDは約90分。記憶術に必要な解説は約60分です。わずか1時間で記憶術を理解して、使えるようになります。

ハッキリいって本を読むよりもおすすめです。記憶術の使い方、コツがわかるようになります。

渡辺剛彰 記憶術CDの中身

では、「東京カルチャーセンター」の記憶術講に同梱されている渡辺剛彰氏自身が説明している記憶術CDの中身をバラしてしまいますと、次のようなコンテンツになっています。


1.記憶術入門・・・11:31

  1. 頭と体の準備体操・・・5:38
  2. 想定問題の練習~イメージを描く・・・5:53
  3. 高度な特定問題の練習・・・11:16

ちなみに「高度な特定問題の練習」とは、
・イメージの特定
・抽象的なイメージの特定
・2つのイメージの結合
になります。


2.イメージトレーニング・・・40:15

  1. トレーニング解説(1)・・・2:34
  2. 動物たち・・・4:04
  3. 風景・・・5:07
  4. 家の中・・・3:54
  5. 身近な情景・・・4:42
  6. トレーニング解説(2)・・・1:49
  7. ありそうな場面・・・3:30
  8. ありえない場面・・・6:47
  9. 不思議な場面・・・7:48

3.基礎結合法・数字変換法・・・20:43

  1. 基礎結合法・・・10:30
  2. 数字変換法・・・10:13

4.集中力呼吸法・・・25:04

  1. 集中力呼吸法説明編・・・12:25
  2. 集中力呼吸法・・・12:39

「集中力呼吸法」は記憶術とは関係はありません。文字通りで「集中力を高めるための呼吸法」が語られています。別段、聞かなくても大丈夫です。


以上、4枚のCD(4本のカセットテープ)の中身ですね。

全部で約90分です。
しかし記憶術の使い方だけを知りたいなら、CD1、CD2、CD3だけで充分ですね。この3枚のトータル時間は約60分です。

約1時間で記憶術がわかります。

ちなみに「記憶術に必要な3つの資質」についても語られています。

非常によく出来た記憶術解説CDですね。

まとめ

「東京カルチャーセンター」の記憶術講に同梱されていた渡辺剛彰氏自身が説明している記憶術CD。

上記の記事をお読みになればわかると思いますが、非常によく出来ています。

今では入手困難になっていますね。

私は、記憶術には精通していると自負しています。自分で作成した記憶術の使い方を特典としてお付けしているくらいです。記憶術には辛口な評価をするほうだと思っています。

そんな私の評価額では、「渡辺剛彰氏の記憶術解説CD」は1万円以上の価値はあると思います。2万円の評価額を付けてもいいくらいですね。

約1時間で記憶術の基本を学び、使うことができるからですね。そんじょそこらの通信講座よりも秀逸です。

「渡辺剛彰氏の記憶術解説CD」は今では入手困難になっていますが、ヤフクオやメルカリでは、たまに出品されています。しかも超低価格で出品されています。

お宝発掘ですね^^

記憶術は進化している!

ちなみに渡辺剛彰氏は、19世紀のヨーロッパで活躍したウィンケルマンやファイネーグらがまとめた記憶術がネタ元になっています。

けれども現代では、さらに秀逸な記憶術も登場しています。

  • ユダヤ式記憶術・・・記憶術2500年の中でも超画期的な方法。渡辺剛彰氏の記憶術には無い方法。
  • 宮口式記憶術・・・渡辺剛彰氏の記憶術を進化させた「道法」という記憶術。受験や資格試験に特化している。
  • 宮地式脳トレ記憶術・・・受講者を決して挫折させないサポートが極めて優れた、新しいコンセプトの記憶術。

これらの記憶術は、システム(記憶術の方法)、オブジェクト(使用目的)、ソフト(サポート)が、従来の記憶術とは異なり、進化した記憶術となっています。

ある意味、渡辺剛彰氏の記憶術は「古典的」とさえ言えます。現代では、秀逸な記憶術の教材や講座も多くなってきています。やはり「今の人」に合っていますので、現在の新しい記憶術講座を活用することはおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。