ジニアス記憶術【川村明宏】

ジニアス記憶術

記憶術の中でも受験に役立つ方法にジニアス記憶術があります。1日たったの5分のトレーニングで驚くような結果を残すことが出来るタイプの記憶術です。もちろん記憶術のマスターの度合いは人によって異なりますので、この宣伝通りというわけではありませんが、トレーニングを続けることによって受験の勉強にジニアス記憶術は役立てられます。

ジニアス記憶術は人気があります。なぜ評判がいいかといえば、工夫された方法だからです。その工夫とは「脳の使い方」について言及している点です。具体的にいえば、記憶力をアップさせる「脳力開発」ためのトレーニング方法が含まれている点です。脳を上手に使えるようになると人が覚えられる知識の数倍のスピードで記憶することが可能となります。ジニアス記憶術ではこの方法を採用しています。

ジニアス記憶術の脳トレは、記憶術を使いこなせるようになるだけでなく、脳力もアップさせることができます。ジニアス式で脳トレをすれば頭の回転も速くなるでしょう。これらの能力は、大学の受験勉強をする際、役立ちます。頭が良くなれば、理解力、読解力もアップすることは自明の理です。

脳力開発の秘密は脳トレ

ジニアス記憶術の脳トレの秘密は、ネタバレになりますが「イメージトレーニング」になります。もしかすると聞けば「なあんだ」と拍子抜けするかもしれません。しかし物事はシンプルであるものこそ効果も高くなります。なめてはいけません。

シンプルなトレーニングの中に脳力アップの効果も出てきます。そして記憶術の効果を高める脳トレを発見し開発したのはジニアス式が最初ということです。他にはありませんでした。

ジニアス記憶術は教材としては理論的に確立された記憶のためのトレーニングを繰り返すことによって、大学受験の勉強では、自分が暗記したいと思ったことを効率的に覚えることが出来るようになるでしょう。

脳トレが組み込まれた最新式の記憶術の全貌とは?

記憶術でも評判のジニアス式

ジニアス式記憶術に取り組んだ方のほとんどが有名大学や難関大学、司法試験などを突破していると話題になっています。それも短期間で勉強した結果として合格しているのです。

ジニアス記憶術を利用すれば今までビリの成績だった方がたったの1年間で東大合格できる程度まで学力を向上させることが出来ているケースもあります。
短期的に集中して大学受験の学習をしても、暗記科目を憶えられることが口コミでも人気となっている理由かも知れません。集中力のある人なら、わりと苦労しなくても膨大な量を脳にインプット出来ることもできるでしょう。

ジニアス記憶術は絶対に合格したい志望校がある方だけでなく、仕事で覚えなければならないことがたくさんある人にお勧めしたいノウハウです。
ジニアス記憶術のよく出来ています。ネットで販売が開始されてしばらく経ちますが口コミでも多くの評判と反響を呼んでいる方法として有名です。ジニアス式をイチオシする理由は、記憶術を使用できるための脳トレが内包されているからですね。ここが優れていると思っています。脳力アップを記憶術と合体させるアイディアはジニアスが最初です。ジニアス以前には、こういった発想に基づく記憶術はありませんでした。

現在では、ジニアス式をさらに緻密にした「東大記憶法」も出ていますが、先駆けはジニアス記憶術でありましょう。イメージ能力の乏しい人でも訓練することで記憶術を使用できるようになり受験勉強に役立つでしょう。

川村明宏氏が開発したジニアス記憶術

川村明宏のジニアス記憶術の開発者はテレビや雑誌などで活躍している脳機能学者の異名を持ちDSでも話題の川村明宏先生ですね。

記憶術といえば、渡辺式記憶術の渡辺剛彰先生が有名です。渡辺先生は記憶術を使って東京大学の受験や司法試験にも一発合格して弁護士にもなった方です。これを見る限りでもその効果は歴然なものでしょう。こういった実績のある方法ですので、ジニアス式は有益な技術だと思います。興味のある方は是非挑戦してみましょう。

受験シーズンや資格試験の直前期になってもまだまだ間に合いますが、なるべく早めに始めた方が良いでしょう。記憶術は一生の財産になる技術ですので、小学生や中学生のうちから始めておくと尚良いと思います。

川村明宏先生の記憶術の公式HPはこちら