試験に受かる勉強計画の立て方「試験合格プロジェクトを成功させる方法」のレビュー・ネタバレ・口コミ

「試験合格プロジェクトを成功させる方法」は試験に受かる勉強計画の立て方

「試験合格プロジェクトを成功させる方法」とは、「ユダヤ式記憶術」の著者である松平勝男氏が著した学習書です。
ユダヤ式記憶術のレビュー・効果・ネタバレ~実際に購入したから言えること

正式名称は【試験合格プロジェクトを成功させる方法 ~プロジェクトマネジメントによる試験勉強で一発合格を果たす~】になります。

タイトル名からは、どういうマニュアルなのかがわかりにくいのですが、要するに「試験に必ず合格する勉強計画の立て方」を指南したマニュアルです。

勉強計画の立て方だけでなく、試験に合格するための各種の勉強術、試験対策も含んでいます。つまり

  • 試験に必ず合格する「勉強計画の立て方」
  • 資格別試験対策
  • 試験に合格する裏技
  • 資格試験・大学受験に挑む際に起きやすい心理的な悩みと解決方法
  • 不合格になる兆し(試験勉強ではここに注意)
  • 法律の勉強の仕方
  • 左脳的速読術

単に「試験に受かる勉強計画の立て方」ではなく、試験勉強に関する様々なテクニックやアドバイスにあふれた書になります。

⇒試験に必ず合格する「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の公式HPはこちら

実績に裏付けられたシンプルな勉強計画「試験合格プロジェクトを成功させる方法」

著者は、勉強法を試行錯誤した末に東京大学に入学し、その後、自ら生み出した勉強法を使って、難関資格試験を全て一発合格してきています。※著者に関しては後述します。

その勉強法とは、「ユダヤ式記憶術」を使い、本書の「必ず合格する勉強計画の立て方」を使ったやり方になります。

実績に裏付けられた「勉強計画の立て方」になります。

ちなみに「勉強計画」は非常に大切です。【合否の9割は「勉強計画」で決まると断言できる】ともいわれているほどです。⇒こちらに記事があります。

このマニュアルは実際に私も購入して使っていますので、このマニュアルのことはよくわかっています。

「勉強計画の立て方」については、インターネットで検索してもいくつもでてきます。また「試験に受かる方法」や「勉強術」もいっぱいあります。

しかし松平勝男氏の「勉強計画の立て方(試験合格プロジェクトを成功させる方法)」は、ちょっと違います。いえ、かなり違います。

巷の「勉強計画の立て方」「試験合格本」「勉強術本」とどう違うのか?これが「試験合格プロジェクト」の大きな特徴ともなっています。

はっきりいって、非常にシンプルな「勉強計画の立て方」です。しかし一番の急所を突き、ムダを排した「実践的な勉強計画の立て方」になっています。

東大をはじめ数々の難関試験を一発合格して秘密の一つが「勉強計画の立て方」にあったことを知れば、おそらく意表を突かれると同時に、目から鱗になるでしょう。

⇒試験に必ず合格する「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の公式HPはこちら

プロジェクトマネジメント理論とは?

ところで「試験合格プロジェクトを成功させる方法」(以下「試験合格プロジェクト」)は、「プロジェクトマネジメント理論」という言葉が使われています。

で、「プロジェクトマネジメント理論」とは何かといえば、ザックリ簡単にいえば「決められた期間内に狙った成果を出す計画の立て方」のことをいいます。

つまり「確実に成果を出すための計画の立て方」のことですね。これを理論的に体系化したのが「プロジェクトマネジメント理論」になります。

ちなみに「プロジェクトマネジメント理論」は机上の空論ではありません。実績を生み出してきた多くの事例を元にして体系化された理論です。帰納的理論です。実際、世界中で使われています。実効性があるからですね。

で、「プロジェク」トとは「決まった期間内に目標とする成果を出す計画」のことをいいます。

大学受験や資格試験はまさに「プロジェクト」になるわけですね。決まった期間内に「合格」を目指すわけですので。

で、著者の松平氏は、今まで培ってきた学習の成功論を「プロジェクトマネジメント理論」を使って表現しているわけですね。

それで「試験合格プロジェクトを成功させる方法」という書名にもなっているわけです。

⇒「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の公式HPはこちら

「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の特徴

試験に必ず合格する知られざる勉強計画の立て方と、各種の勉強術、試験対策方法、メンタルに関することが盛り込まれた「試験合格プロジェクトを成功させる方法」ですが、この書には次の特徴があります。

  • 資格試験・大学受験などの試験に「必ず合格できる受験勉強の計画の立て方」が誰でもできる。
  • 「試験に受かる」ためにプロジェクトマネジメント理論を活用したオリジナル学習方法論。
  • 内容はシンプル(シンプル故に意外と知られていない)。
  • 東京大学に合格し、数多くの難関資格試験を突破してきた著者ならではの実践的かつ必ず合格する学習方法
  • 細部の勉強術ではなく、試験に合格するための根本的かつ戦略的な計画の立て方を解説。
  • 極めて現実的な勉強術。
  • 普遍的な成功法則ともなるノウハウ。
  • 誰もができて、誰もが成果を出せて、失敗しない試験合格のための勉強計画&学習方法。
  • 資格試験、大学受験には必須な知識。
  • 試験解答の裏技も解説。
  • 巷の一般書には書いていない内容。
  • 試験だけでなく仕事にも活かすことができるノウハウ。
  • 一言でいってすごい。一生の財産になる知識。

このような特徴があります。また、これらがこのマニュアルの効果やメリットにもなっています。

「試験合格プロジェクト」の中身とネタバレ

では、「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の中身はどういうものでしょうか。ネタバレも含みますが、以下の六章から構成されています。

第一章:プロジェクトマネジメント理論

第一章では「プロジェクトマネジメント理論」について解説しています。

プロジェクトマネジメント理論については、先述した通りです。

「決められた期間内に狙った成果を出す計画の立て方」になります。

これを資格試験や大学受験に活かして、必ず合格できるプランニングの立て方を解説しているのが、このマニュアルということですね。

第二章:自分に合った資格の選び方

第二章は「自分に合った資格の選び方」について書いてあります。

このことは言い換えれば「資格取得の目的」についてです。何故、資格を取るのか?といった深掘りの問いかけとなっています。

なぜこの章が必要なのかは本書をお読みになるとわかりますが、「試験に合格」するための「学習プロジェクト」を成功させるためには、資格取得の目的をはっきりさせることはとても大切なことになってきます。

第三章:試験合格術(本書のキモ)

第三章は「試験合格術」になります。

この章が、このマニュアルの中で最大のキモになります。「プロジェクトマネジメント理論」を使った「試験合格術」を解説しています。

71ページから100ページまでの29ページが割かれていますが、本書では最も重要な章ですね。

で、まさに「試験に合格する方法」と言える内容です。具体的にいえば、

  • 試験に受かるための必要な総時間。
  • 一日の勉強時間。
  • 参考書・問題集の選び方と使い方。
  • 試験に合格するための心得。

このような具体的な方法を、著者の実績に基づいて自信を持って言い切っています。

著者は、この方法で数多くの生徒を難関大学に合格させ、ご自身もまた難関資格試験と突破してきています。まさに実績に裏付けられた誰もができる汎用ノウハウが、この章では公開されています。

お読みになるとわかりますが「圧巻される」と思います。著者の圧倒的な実績の舞台裏もわかります。

「こうすることで難関試験であっても合格できるのか!」といった目から鱗になることは必須です。

圧倒的な迫力と実績はすごいですね。

⇒「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の公式HPはこちら

第四章:資格別試験対策

第四章は「資格別試験対策」について述べられています。4つの資格について述べられています。

  1. システム系・・・IT、情報技術系の資格取得のコツ
  2. 語学系・・・英検、その他の語学の勉強の仕方のコツ
  3. 数学系・・・数学検定の対策を含めて、数学の勉強の仕方を解説
  4. 教養系・・・歴史能力検定、漢字検定の攻略のコツ

こうした各資格試験への対策と勉強の仕方を解説しています。いずれも著者が受験して合格している資格ばかりです。

で、ここでも、著者が行ってきた極めて合理的かつ現実的な勉強の仕方がわかります。で、頭の良さよりも、勉強の仕方がいかに大切なのかがわかります。

「試験合格プロジェクトを成功させる方法」は再現性のあるマニュアルであることも、おわかりになると思います。

第五章:試験合格の裏技

第五章は「試験合格のための裏技」について書いてあります。

これは著者が予備校講師時代に知り得た「試験解答の裏技」です。

  • 過去問の攻略仕方
  • 択一問題の解き方
  • 論文問題の解き方
  • 記述問題(字数制限のある記述問題)の解き方

これら4つについても驚くような裏技を公開しています。

「試験合格プロジェクト」マニュアルは、試験に合格するための「必ず合格できる学習計画の立て方」を説いているだけでなく、「試験を解くための解法テクニック」までも教えています。

ただただ「すごい」の一言です。

これだけの内容が盛り込まれた試験対策本は、ちょっと他に知りません。

第六章:不合格になるサイン

第六章は、ちょっと毛色が変わっていますが、「不合格になりそうな兆候」について書いてあります。

この章で述べていることは、試験にまつわる「メンタル」的なことです。

試験勉強は長期間に及びます。が、その試験勉強期間の間に、くじけそうになるときもあります。

そういうときに読むのがこの章です。

試験対策にありがちなメンタルの問題へのアドバイスと解決方法。これらが、この章には書いてあります。

しかし上っ面なきれい事は書いていません。心の琴線に響く本当のアドバイスを述べています。

試験に受かり続け、精通している著者だからこそ、本音レベルのズバっと刺さるアドバイスが言えるのでしょう。

計画がうまく進んでいない!どうすればいいんだ?試験とは何か?資格取得を目指す意味は?

受験勉強で陥りやすいメンタルな問題に対して的確に答えています。この章はまさに「メンター」になります。

特別付録

あと特別付録として、
・法律の勉強の仕方
・速読術

について書いてあります。
この書で述べている「速読術」は「要領のよい読書方法」になります。

素早く本を読むのではなく、要点をざざっと押さえて読む「本の読み方」になります。

この速読術を、さらに細かく具体的に落とし込んで詳細にまとめたのが【試験に役立つ左脳型速読術】です。

大学受験の長文読解、資格試験の問題文を読みこなす能力、英語の速読、またはビジネスでも使えるにも松平式「速読法」です。

⇒【試験に役立つ左脳型速読術】

試験合格プロジェクトの著者・松平勝男氏

以上が「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の中身とネタバレになります。

ところで著者の松平勝男氏とは、一体、どういった人なのでしょうか。

松平氏は記憶術の名著「ユダヤ式記憶術」の著者でもあって、東京大学法学部を卒業している人です。こちらに詳しいプロフィールがあります。
松平勝男氏は実在の方だった~ユダヤ式記憶術の著者

松平勝男氏は学習方法論の著書を書いています。

  • ユダヤ式記憶術・・・従来のイメージ型記憶術とは全くことなる新しい記憶術。試験合格向けの画期的な記憶術。
  • 逆転合格の極意・・・大学受験向け。受験勉強の合格のための方法論。
  • 試験合格プロジェクト・・・資格試験と大学受験の合格に向けて「プロジェクトマネジメント理論」を使用。松平学習方法論の集大成。理論的かつ普遍性のある学習方法論。

これらの著書についても記事がありますので、ご興味があればそちらをお読みになっていただければと思います。
ユダヤ式記憶術のレビュー・効果・ネタバレ~実際に購入したから言えること

試験合格プロジェクトの使い方

では「試験合格プロジェクト」の使い方について書いてみたいと思います。

そもそもこの書は「学習戦略本」です。
「決められた期間内に試験に受かることを果たす」ための学習戦略本ですね。

で、この書は
・資格試験
・大学受験
・何らかの成果を出す計画立案

に向いています。
要するに「ある期間内に成果を出す」ことのすべてに「試験合格プロジェクト」のノウハウを活かすことができます。

普遍的で誰にも使える学習方法論こそ大切

「試験合格プロジェクト」の著者・松平氏も言っていますが、成功した人や有名校の教師が書いた勉強術や試験合格術の本はかなりあります。

けれども、このような個人的な成功体験に根ざしている合格本は、誰もができるものではありません。また必ずしも教え上手ではありません。

勉強方法論の多くは、その著者の個人的な成功方法論となっています。

しかし大事なことは
・誰もができる
・誰がやっても成果が出る
・失敗しない方法

といったように、普遍的で誰にも使える学習方法論が大事になります。

しかしこうした普遍性・汎用性のある学習方法論は大変少なかったりします。

けれどもその少ないマニュアルが「試験合格プロジェクトを成功させる方法」になります。

⇒「試験合格プロジェクト」公式HPはこちら

「試験合格プロジェクト」はシンプル

あと「試験合格プロジェクトを成功させる方法」はシンプルな内容になっています。要点を挙げればA4用紙1枚に収まるくらいです。シンプル。

シンプルであるが故に、人によってはガッカリするかもしれません。

もしそう感じるのではあるならば、巷のてんこ盛り過ぎた書籍に馴染んでしまっているからです。

「試験合格プロジェクト」は試験に受かるためのスケジューリングの要諦について書いてあります。が、おそらく一般書でここまでしっかりと書いたものはほとんど無いのではないかと思います。

少なくとも私は読んだことも聞いたことがありませんでした。さらりと説明をしたのはあります。が、ここまで深掘りをしている書は初めてです。またこんなに大切なことだとは知りませんでした。

シンプルですが重要なポイントです。
とても大事なこと。
ここを見逃してはなりません。

シンプルであるが故に、その価値の大きさに気づかない人もいるかもしれません。

本書では試験に受かるためのスケジューリングの要諦が述べられています。で、それは著者が、過去に大勢の難関大学の合格者を輩出した勉強術の中核でもあります。

当たり前といえば当たり前のことなんですが、その当たり前の「スケジューリング」で最も大事な要諦が述べられています。

実際、虚を突かれた感覚もありますが、読みますと、至極納得です。

「試験合格プロジェクト」の金額・値段

「試験合格プロジェクトに成功する方法」の価格は14,700円になります。

この金額が高いか適正価格かどうかは、人によって分かれると思います。

けれどもこの記事でも書いてきた通りで、ほとんどの勉強術本には書いていない「試験に受かるためのスケジューリング」について、ズバリ書いてある珍しい書籍です。

巷の本は、小手先の勉強術テクニックがほとんどです。逆にいいますと一般書は、本を買ってもらうために見た目のインパクトのあるコンテンツを打ち出して、数多くの勉強術テクニックを並べているともいえます。

けれども「試験合格プロジェクトに成功する方法」は違います。本当に試験に合格するために最も重要なことが述べられています。

で、その最も重要なことはシンプル。「試験合格プロジェクトに成功する方法」は、キモの部分はシンプルなのですが、その奥行きの深さと重要性は相当なものがあります。

ここが理解できるかどうかで、「高すぎ」「ぼったくりだ」という感想になるかなからないかが分かれます。

ですので「試験合格プロジェクトに成功する方法」を購入して良い人と、購入しないほうがよい人がいることがわかります。

「試験合格プロジェクト」の口コミ・評判

ところで「試験合格プロジェクトを成功させる方法」に関するネットでの口コミや評判、感想はどうなのでしょうか?

ヤフー知恵袋で調べたところ、口コミの投稿はゼロでした。

ブログで感想や評価を書いているのはありますね。で、すごく評判がいい。

このマニュアルは、おそらくほとんど知られていないと思います。公式HPも、どこかよくわからないような書き方や説明です。

「試験合格プロジェクトを成功させる方法」は、ほとんど知られることなく埋もれている超優良テキストです。

私は実際に購入して精読しています。
で、その感想をいえば「超良書」。

そのことは、この記事で書いてきた通りです。

⇒良書「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の公式HPはこちら

「試験合格プロジェクト」の問題点・欠点

「試験合格プロジェクトに成功する方法」は、超良書になります。が、問題点や欠点はどうなのでしょうか?

ま、いかなる本にも問題点や欠点はありますからね。

「試験合格プロジェクト」の問題点と欠点といえば、

  • キモの部分はシンプルなので、人によってはガッカリする可能性があること。
  • キモがシンプルなので、ぼったくり、高過ぎと感じる人が出てくる心配がある。
  • テキストの内容はきちんと体系化されているとは言い難い。
  • 黒文字のみの印刷(カラーではない)。
  • 市販本と比較して、見た目が地味に映る。
  • A4サイズなので持ち運びが不便。

というのがありそうです。そのため購入してから不満を抱く場合が出てくるかもしれません。で、「高すぎる」と感じる人が出てくるかもしれません。

しかし決して高額なマニュアルでないんですね。その理由は、次の通りです。

「試験合格プロジェクト」が向いている人・向いていない人

「試験合格プロジェクトに成功する方法」を買ったほうがいい人、向いている人、買ってよかったと思う人は、次のような人です。

  • 資格試験合格を目指して勉強をしている(しようとしている)。
  • 大学受験合格を目指して勉強をしている(しようとしている)。
  • 計画通りに勉強が進まない。
  • 過去問をやっても合格点が取れない。
  • なかなか問題が解けない。
  • 勉強に身が入りにくい。
  • やる気がおきない。
  • 本気で勉強する気になれない。
  • 合格できるかどうか不安がつきまとう。
  • 試験に合格する自信がない。
  • 記述試験で合格答案が書けない(苦手)。
  • 1日にどれくらいの時間、勉強したらよいのかがわからない。
  • 参考書は何冊購入したらよいのかがわからない。
  • 参考書を買っても中途半端になってしまう。
  • 計画を立てても時間の使い方がうまくできない。
  • そもそも合格するための勉強法がわからない。

こうしたことに一つでも該当していれば、「試験合格プロジェクトに成功する方法」は役に立ちます。

巷の勉強術本とは一線を画した「合格するための勉強の仕方」がわかります。「試験合格プロジェクトに成功する方法」は役に立ちます。

で、上記の項目に該当しない人は購入してはいけません。使ってもいけません。必ず「なーんだ」と後悔します。

試験に受かることの知られざる真実

それにしても「試験合格プロジェクトを成功させる方法」には驚かされます。もう目から鱗の連続です。

著者の松平氏は、大学院時代に予備校で教鞭を取り、難関大学への合格者を数多く輩出しています。また数多くの難関資格を取得してきています。

試験合格に精通した「試験合格のプロ」だからこそ言えることが、本書には著されています。まさに「試験に受かることに関する驚くべき真実」です。

ところで「著者は東京大学に入学し、難関資格試験を数多く取得しているので、元々頭も良く、要領も良い方なんだろうな」と思っていましたが、実際はそうではなかったといいます。

むしろ著者は要領が悪かったといいます。そのため大学受験では浪人もされているとか。

しかし後天的に知った「勉強の仕方」。そうした著者の体験と予備校での指導実績がベースになって本書が書かれたといいます。

「プロジェクトマネジメント理論」に基づいた「汎用性のある試験対策・勉強術」ですね。

⇒試験に合格するために知っておきたい超重要な情報

まとめ

以上が「試験合格プロジェクトに成功する方法」のレビューになります。

試験に受かるためには知っておいたほう良い情報であり知識です。で、試験に受かるために活かすことができます。

それにしても松平氏の「試験合格プロジェクト」の要諦である「学習計画の立て方」は、今までも各種の勉強本で語られてきたかもしれません。

しかし、もし語られてきたのなら、その他の勉強テクニックに埋もれてしまっている可能性があります。それだけ市販本の勉強術は情報が多いんですね。多すぎです。

そのため、試験に受かることでもっとも大事なことがボケしてしまっています。わかりにくくなってしまっている。木の葉が多くなっているため、大事なポイントがわからなくなっています。

情報過多になってしまい、試験に合格するための学習方法論の本質や重要なことがわかりにくくなっています。

こうした状態に陥っている受験生が多いはずです。多くの受験生が一番大事な「学習の要諦」がわからなくなっている恐れがあります。

しかし松平式の学習スケジューリングなら「必ず合格できる」と著者は言い切っています。確かに、そう思います。

「試験合格プロジェクト」に書いてあることは、ある意味「当たり前」のことかもしれません。

いや当たり前だからこそ、みんな盲点になっているんじゃないかと思います。

けれども、この当たり前のことを知らないと、ズレると、「合格しない・合格できない」という驚くべき真実があります。

こんなにシンプルでありながら、実績を出せる勉強術があったことに驚くと思います。

試験に受かるための勉強を始める前に知っておきたいとても大切なことが、本書では述べられています。本気でおすすめできる学習マニュアルです。

⇒「試験合格プロジェクトを成功させる方法」の公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です