シモニデス~記憶術の起源「座の方法(ローマンルーム法)」【古代ギリシア BC500年】

シモニデスは記憶術(ニーモニック・システム)の元祖

記憶術の元祖といえばギリシアのシモニデス(Simonides)です。シモニデスが世界で一番最初に「記憶術」を開発しました。

記憶術は「Mnemonic Systems(ニーモニック・システム)」といいますが、シモニデスは、現代でも最も使われている場所法座の方法ローマンルーム法ともいう)の発案者になります。

シモニデスは、紀元前556年にギリシアのケオス島で誕生し、紀元前468年に没したとあります。※⇒wiki情報

シモニデスはギリシア最高の叙情詩人であり、自己制御を軸とした倫理を説いた知識人でもありました。大変、才能にあふれ、先駆的なこともしています。その先駆的なことの一つに「記憶術」を発明したことがあります。

シモニデスが記憶術の起源とされる理由は、史実において初めて「記憶術」を考案し、使用したことが明らかになっているからです。しかも具体的な記憶術の方法まで述べています。

シモニデスはまさに「世界初の記憶術開発者&使用者」です。

そのシモニデスが世界で初めて使用した記憶術とは一体、どういったものだったのでしょうか。

【関連記事】
場所法とは?シモニデスのローマンルーム法

シモニデスの記憶術は座の方法(ローマンルーム法)

シモニデスが世界で最初に座の方法(ローマンルーム法)の記憶術を使用したことは、天井崩落事故で亡くなった人を判別したエピソードに登場します。

パーティーに正体された詩人シモニデス

シモニデスは叙情詩人でした。当時は貴族が主催するパーティに招待されることが多く、シモニデスは即行で詩を作り、貴族から報酬を得ていたようです。

ある日、シモニデスは、スコパースという貴族の邸宅に招待されます。シモニデスはいつものように大勢の貴族とともに食事をしていたそうです。

シモニデスは、主人のスコパースを称讃する詩を創作し贈呈。そうしていつものように詩の報酬をいただこうとしました。

ところがスコパースという貴族はケチな性分だったようです。シモニデスの詩に対して、約束していた報酬の半分しか出さなかったといいます。

しかもスコパースは「私の出す報酬に文句があるんだったら神々に請求しろ」と、嫌味な言葉を吐いたといいます。

シモニデスとスコパースとの間で、こんな嫌味なやり取りが交わされていた途中のことです。

天井崩落事故を危機一髪で回避したシモニデス

スコパース邸の門に、二人の見知らぬ若者がやってきました。その二人は、シモニデスを呼んでいました。そこでシモニデスは部屋を出て、スコパース宅の門へと行きます。

けれども外に出てみても、その二人の若者はいなかったようです。怪訝な思いをしながらシモニデスは、再びスコパース宅に引き返そうとしました。

ところが、シモニデスが外に出ていた間に、なんとスコパース宅の天井が崩落してしまいました。この天井崩落事故により、スコパースをはじめ貴族の全員が瓦礫の下敷きになって死亡

残されたスコパースの身内は、彼らを埋葬しようとしました。が、酷く押しつぶされていたため、誰が誰なのかが見分けも付かなかったといいます。そのため途方に暮れてしまいました。

シモニデスは記憶術を使って記憶した

けれどもシモニデスは、パーティに参加していた人達がどこに座っていたのかを覚えていました。

何故、覚えていたかといえば、その場所に坐っていた人をイメージと絡めて覚えていたからです。

つまり記憶術(座の方法)を使っていたわけです

シモニデスは、この方法で覚えた記憶を頼りにして、死体の位置から身元を判別することができました。そうして一人一人が誰なのかがわかり、丁寧に埋葬することができたといいます。

天井崩落事故をきっかけに記憶術が発案

この経験からシモニデスは「座の方法(ローマンルーム法)」という記憶術を思いついたといいます。シモニデスは、生前坐っていた人の座と死体の位置関係を覚えていたことから、鮮明な記憶というものは順序や場所と関連付けられたものであることを発見したわけです。

で、これが元祖「記憶術」となります。

シモニデスは、スコパースに屈辱的な扱いを受けている中、天井崩落という大惨事をきっかけにして「鮮明な記憶」のメカニズムに気付き、「座の方法(ローマンルーム法)」という記憶術を発案したということになります。

なんとも皮肉といいますか、奇妙なことを契機に記憶術が発案された印象です。

シモニデスのエピソードには2説ある

ちなみにシモニデスの記憶術のエピソードは、渡辺剛彰さんの著書によると「大地震が起きたときに記憶術を使った」と紹介されています。
ワタナベ式記憶術【渡辺剛彰】

しかしキケロの書によれば大地震ではなく「事故」とあります。

またシモニデスは、この事故の時に記憶術を使用したのではなく、この事故をきっかけにして記憶術を発案したと、キケロの書にあります。

実のところ、キケロの書にあるエピソードが本当の話しですね。シモニデスの記憶術の発端となったエピソードは、キケロの「弁論家について」の第二巻に記述されています。

記憶術の三大古典書にあるシモニデスの記憶術

ちなみにシモニデスが記憶術を使ったことは、紀元前55年にキケロが著した「弁論家について」の中で言及されています。
キケロの記憶術【ローマ時代 BC100年頃】

しかしながらシモニデス自身の記憶術の書はありません。キケロが書いた「弁論家について」に、シモニデスの記憶術のことが記載されています。

シモニデスの記憶術については、クィンティリアーヌス著「弁論家の教育」にもあります。

また作者不明ですが紀元前80年頃に書かれたとされる「ヘレンニウスに与える修辞学書」にも言及があります。

「弁論家について」「弁論家の教育」「ヘレンニウスに与える修辞学書」、これら三冊は「記憶術の三大古典書」とも言われています。
記憶術における三大古典【紀元前後ローマ時代】

が、いずれの書にもシモニデスが世界初の記憶術開発者であることが述べられています。これらの書には「記憶術は弁論における『記憶保持に有益』とあります。

座の方法(ローマンルーム法)は場所法

で、シモニデスが発見した「座の方法(ローマンルーム法)」「記憶を鮮明の保持する方法(記憶術)」とは、

  1. 暗記するための場所を設ける(記憶の宮殿)
  2. 記憶したい物事をイメージ化する(記憶事項のイメージ化)
  3. 暗記の場所に記憶事項を関連付けて覚える
という方法です。つまりこれこそ記憶術で言うところの「場所法」です。
記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説

シモニデスはこうも言っています。「場所の順番が物を護ってくれ、物のイメージが物そのものを護ってくれることになり、そうして我々は、場所を蝋板代わりに、イメージを文字代わりに使えばいいのだ」と。

まさに記憶術の真髄を述べています。これが今から2500年前のことです。

記憶術はまさにシモニデスの「座の方法(ローマンルーム法)」が起源になります。シモニデスによって記憶術は考案され、世界でも初めて使用されたということでしょう。

そして、その後、2500年の間に、シモニデスが発案した場所法は、改良と工夫が施されながら引き継がれて、現代でも使用され続けているということです。

⇒試験合格に特化しシモニデスの記憶術を改良した記憶術
⇒誰でも必ずマスターできる記憶術