ルネサンス期の記憶術~ビジネス・神学・オカルトに使用【15~16世紀】

ルネサンスにおける記憶術

記憶術は、古代ギリシアやローマから、中世(11世紀~15世紀)のスコラ哲学を経て、ルネサンス期においても変容を遂げていきます。

ルネサンス期における記憶術にもいくつかあります。

しかしルネサンス期においては、15世紀にグーテンベルクが活版印刷機が発明してからは、聖書が大衆にも広まった時代です。

活版印刷機の発明は、記憶術を使用する世界にも変化を引き起こします。

ちなみにルネサンス期の初期の記憶術は、スコラ哲学的な記憶術を踏襲した記憶術となっています。

ヤコブス・プブリキウスの記憶術

ルネサンス期の初期の記憶術としては、たとえばヤコブス・プブリキウスがいます。

ヤコブス・プブリキウスは1482年に「弁論術要綱」を出版します。

この書には付録として「記憶術論」があり、ここでは「記憶する場(メモリーパレス)」に「架空の場」を使うやり方としての記憶術を著しています。

この「架空の場」とは、メトロドロスの記憶術のように「宇宙」に関する形而上の概念を利用したものでした。
メトロドロスの星座・占星術的記憶術【BC100年】

具体的にいえば、月下界、惑星天、恒星天、天宮、楽園といった天宮の世界(キリスト教的世界観)を「メモリーパレス(記憶の場)」に利用して、キリスト教神学や賛美歌を暗記する方法です。

しかし形式としては、トマス・アクィナスらのスコラ哲学式記憶術とほぼ同じです。
中世の記憶術はスコラ哲学・学問的【11~15世紀】

ヤコブス・プブリキウスの記憶術は、地獄と天国の概念を「メモリーパレス(記憶の場)」として利用する倫理・宗教的な記憶術になります。

ルネサンス期の記憶術はビジネス・神学・オカルトの3つの系統

しかし15世紀のプブリキウスの後に、おおよそ3系統の記憶術が出てきます(分かれてきます)。ちょうどこの頃、活版印刷機が発明されて、聖書が大衆にも行き渡る時代です。

活版印刷機と聖書の普及によって、記憶術の世界にも変化が出てきます。それがプブリキウス以降のみられる現象です。

またルネサンス期における記憶術は、プラトン哲学の影響がみられるといいます。

ちなみに中世のスコラ哲学の記憶術には、プラトンの弟子にあたるアリストテレスの哲学的手法が使われていたといいます。

ルネサンス期は、記憶術に大きな変化が出てきた時代でもあります。そんなルネサンス期の記憶術には、大きく分けて3系統の記憶術があるということになります。

記憶術のビジネス化と大衆化

一つ目は、ペトゥルスに見られる「記憶術の大衆化」に努めた人の出現です。

キリスト教神学を記憶術で覚えるといった宗教的世界から脱却し、記憶術を使って世俗的な成功を収めるビジネスへの展開です。

ペトゥルスは記憶術のビジネス化と大衆化によって普及に努めました。
ペトゥルス「不死鳥」~世界初の記憶術本【15世紀】

キリスト教神学を記憶術で暗記

二つ目は、ドミニコ会修道士の「ヨハンネス・ロンベルヒ」や「ロッセリウス」といった人らによる記憶術です。

ヨハンネス・ロンベルヒらの記憶術は、古典記憶術(シモニデスの方法)とスコラ哲学記憶術(宗教的概念をメモリーパレスに使用する記憶術)を包括した、それまでにあった全ての記憶術を体系化したものです。

ヨハンネス・ロンベルヒらは、記憶術でキリスト教神学を覚える、従来の伝統に則する流れです。しかし記憶術の使い方に変化が出てきています。
ヨハンネス・ロンベルヒ「記憶術集成」【16世紀】

またフランシス・ベーコンら哲学者が学問的な分野で記憶術を使用することの提唱も出てきます。
フランシス・ベーコンとルネ・デカルトは記憶術に造詣が深かった【16世紀】

新プラトン主義・ヘルメス主義の神秘学を記憶術で暗記

三つ目は、新プラトン主義、ヘルメス主義、カバラといいた神秘学と結びつけて記憶術を使用する人達が出てきたことです。

  • カバラ・・・ユダヤ秘教学、ヘブライ神秘学を扱い神秘学
  • ヘルメス主義・・・魔術、占星術、錬金術、自然哲学を扱うオカルティズム
  • 新プラトン主義・・・一者・イデア(創造主)との一体(ワンネス)を説く神秘学

神秘学や秘教学の世界で記憶術が使用されたことはルネサンス期の特徴にもなっています。
カミッロの「記憶の劇場」オカルト・魔術的な記憶術【16世紀】ジョルダーノ・ブルーノの記憶術「イデアの影について」【16世紀】

ルネサンスの印刷技術が記憶術の使い方を変えた

ルネサンス期には記憶術の使い方が大きく変化しています。こうした現象は、先にも書いたとおりで、ルネサンス期に登場した印刷技術による影響が大きいといわれています。

トマス・アクィナスらが活躍していた中世13世紀のスコラ哲学時代までは、およそ物事の伝承には「記憶」か「書写」といった相伝的な方法に頼るしかありませんでした。記憶術が重宝されたのも、こうした「伝承文化」があったからです。

しかし印刷技術が普及し、書籍が多く出回ると、もはや暗記・書写・口伝による伝承の必要がなくなります。

何冊でも印刷をすれば良いわけですので、文字化し印刷をすれば、書籍として伝承されていきます。

こういう時代的な変化の到来によって、記憶術の使われる機会や場所に変化も出てきました。

修道会では、もはや記憶術を使うことは無くなっていく流れになっていきました。スコラ哲学時代のように、建築物を「記憶の宮殿」として倫理道徳を覚え込ませる必要は無くなります。印刷した書籍と図を見れば、それで事が足りるようになります。

こうして記憶術の使われ方が、ルネサンス期において再び変容していきました。

ラモン・ルルの記憶術【前の記事】 ペトゥルスの記憶術【次の記事】