宅建には8種類の記憶術がおすすめ!

※記事にはプロモーションを含む場合があります

宅建試験に記憶術がおすすめ!

宅地建物取引士の試験勉強において「記憶術」はおすすめです。記憶術を使えば、短期合格も可能です。

といいますか、宅建試験と記憶術との相性は非常によかったりします。なぜならば、宅建の試験は、

暗記が中心

だからです。
くわしいことは後述しますが、宅地建物取引士の試験では、出題科目そのものが、

権利関係 14問(28%) 条文の知識と理解力が必要
宅建業法 20問(40%) 暗記科目 記憶術向き
法令上の制限 8問(16%) 暗記科目 記憶術向き
税その他 8問(16%) 暗記科目 記憶術向き

このように「暗記科目」が圧倒的に多く、民法(権利関係)以外は、ほぼすべてが「暗記」で対策できるようになっています。

宅建の資格試験においては、

  • 暗記科目・・・72%(50問中36問)
  • 理解が必要な科目(権利関係)・・・28%(50問中14問)

となっています。
暗記のウェイトが高い科目を「記憶術」で覚えてしまうのは、宅建試験における効率的な勉強法がであることがわかります。

\宅建試験に強い記憶術!/
【吉永式記憶術】
無料体験レッスンはこちら

宅地建物取引士試験に役立つ8つの記憶術とは?

では宅建試験に役立つ具体的な記憶術は何かといえば、こちらの8種類の記憶術になります。

  1. 場所法・・・「記憶の宮殿」に結びつけて覚える、記憶術では最高峰のテクニック。
  2. ユダヤ式記憶術・・・論理的&体系的に覚える最新の記憶術。
  3. ストーリー法・・・イメージ型のストーリー(物語)を作って覚える方法。
  4. メモリーツリー記憶術・・・マインドマップにして覚える方法。
  5. 変換法・・・抽象的な言葉など覚えにくい擁護を何かに置き換える(変換する)テクニック。
  6. ペグ法・・・「数字」の暗記に使う。
  7. 語呂合わせ・・・頭文字など用語の一つを取り出して、数珠つなぎの語呂にして覚えるやり方。
  8. イメージ連結法・・・ほぼ全ての記憶術を使いこなせるようになる究極の記憶術。

これら8種類の記憶術を宅建試験では活かすことができます。また、これら8種類の記憶術を、覚えたい分野や知識の特徴に応じて使い分けていきます。

ちなみにこれらの記憶術がどういうものなのかは、すべて当方のサイトで解説しています。くわしいことは、こちらの記事をお読みになってください。

資格試験合格におすすめの記憶術8種類

また宅建をはじめとした資格試験における記憶術の使い方は、こちらの記事で解説しています。

資格試験に記憶術が役立つ5つの理由

宅建では理解しながら記憶術で覚える

ちなみに、「宅建試験は暗記中心」といっても、丸暗記ではなく「理解しながら暗記する」ことが必要なことは言うまでもありませんね。けれども宅地建物取引士試験は、

  • 過去問から繰り返し似たような問題が出題される
  • 頻出分野がある程度はっきりしている

という特徴があります。
つまり、宅建の資格試験は、過去問と似たような問題が繰り返し出題される試験であり、頻出分野がおおよそハッキリしている上、試験そのものは実質「暗記試験」ということになります。

ですので「記憶術がおすすめ」ということなんですね。

過去問に何度も出てくる頻出分野を、記憶術を使って覚えれば、最短合格も可能になってまいります。

宅地建物取引士の資格試験では、「記憶術が120%活かせる・役立つ」といえます。

記憶術を使えば宅建の勉強時間を短縮できる

ところで、宅建の勉強時間は、一般的200時間~500時間が必要といわれています。ざっとまとめると、

学習総時間 1日2時間 1日1時間 学習者
200時間 100日
3ケ月
200日
(6.6ケ月)
経験者
記憶術を使用
300時間 150日
5ケ月
300日
(10ケ月)
標準的
500時間 250日
(8ケ月)
500日
(17ケ月)
全く初めての人

このようであると言われています。※土日も学習することを前提に計算。

ところが、記憶術を使うと、学習時間が短縮され効率よく勉強することができます。そもそも冒頭で書いた通り、宅建士試験は、「暗記が中心」です。その暗記が、記憶術でザーっと覚えてしまうことができます。

ですので、記憶術を使った総学習時間では

200時間以下

になり得ます。

\宅建試験に役立つ記憶術/
【吉永式記憶術】
詳しいレビューはこちら

記憶術を使った宅地建物取引士試験の勉強法

では、記憶術を使った宅建士資格試験の勉強法について、具体的に説明すると、そもそも宅建の試験では、

  1. 権利関係
  2. 宅建業法
  3. 法令上の制限
  4. 税その他

これら4つの科目(分野)を学習します。
学習を進める順番も、この順番になります。
で、これらの科目に、記憶術をどう使用するかを詳細に説明すると、次の一覧表の通りとなります。

権利関係

まず「権利関係」

  • 14問出題。
  • 条文の知識理解力が試される(応用力が問われる)。
  • 民法に力を入れる

「権利関係」は記憶術で覚える科目(暗記科目)は少ないのですが、「権利関係」は宅建を理解する基本にもなるため、まず「権利関係」から学習を始める(理解する)のがおすすめです。

科目 問題数 出題論点・メモ 記憶術の使用
民法 10問 意思表示、代理、時効
抵当権、賃貸借
借地借家法 2問 借地、借家
民法の特別法
(賃貸借との違い)
○暗記傾向
区分所有法 2問 ○暗記傾向
不動産登記法 2問 ○暗記傾向

宅建業法

次に「宅建業法」

  • 20問出題。
  • ズバリ暗記科目
  • 範囲も狭いので、記憶術で一気に覚えるのがおすすめ。
  • 宅建試験では「宅建業法」に力を入れる
  • 出題パターンも決まっている。
  • ただし「ひっかけ問題」が多いため細部までしっかりと学習する

「宅建業法」は、宅建士試験ではメインとなる科目ですね。手を抜かずに、しっかりと記憶術で覚えてしまうのがおすすめです。

科目 問題数 出題論点・メモ 記憶術の使用
業務規則 12~13問 ◎記憶術で暗記
・媒介・代理規制 ◎記憶術で暗記
・広告規制 ◎記憶術で暗記
・重要事項説明 ◎記憶術で暗記
・契約締結時期の制限 ◎記憶術で暗記
・37条書面(契約書) ◎記憶術で暗記
・報酬額の制限 ◎記憶術で暗記
・自ら売主となる8つの制限 クーリング・オフ ◎記憶術で暗記
宅建業の免許制度 2~3問 ◎記憶術で暗記
宅地区建物取引士制度 1~2問 ◎記憶術で暗記
住宅瑕疵担保履行法 1問 ◎記憶術で暗記
保証協会・弁済業務保証金制度 1問 ◎記憶術で暗記
監督処分・罰則 1問 ◎記憶術で暗記
営業保証金制度 0~1問 ◎記憶術で暗記

「宅建業法」は全科目が基本的に暗記科目であるため、すべて記憶術で覚えてしまうことができます。

なお「重要事項説明(35条書面)」を記憶術(場所法)で覚えるやり方は、こちらでくわしく説明しています。

【宅建】35条書面(重要事項説明書)の覚え方~場所法なら1日で暗記できる!

法令上の制限

次は「法令上の制限」

  • 8問出題
  • 暗記科目なので記憶術で覚える
  • 過去問から繰り返し出題される傾向(過去問を解く)

「法令上の制限」は、過去問から繰り返し出題されるパターン問題になっていますので、過去問を解くのが中心になります。暗記科目でもあるため、記憶術で覚えてしまうようにします。

科目 問題数 出題論点・メモ 記憶術の使用
都市計画法 2問 過去問と類似の問題が出題
建築基準法 2問
国土利用計画法 1問 出題範囲が狭いので
得点しやすい
農地法
[3条・4条・5条の許可]
1問 出題範囲が狭いので
得点しやすい
宅地造成等規制法 1問 出題範囲が狭いので
得点しやすい
土地区画整理法 1問 難しい

税その他

次に「税その他」

  • 8問出題
  • 暗記科目なので記憶術で覚える
  • 過去問から繰り返し出題される傾向(過去問を解く)

「税その他」も「法令上の制限」と同様、過去問から繰り返し出題されるパターン問題になっています。過去問を解くのが中心になります。暗記科目でもあるため、記憶術で覚えてしまうようにします。

科目 問題数 出題論点・メモ 記憶術の使用
地方税
不動産取得税
固定資産税
1問 地方税のほうが範囲が狭く
得点しやすい
国税 1問 登録免許税、印紙税
地価公示法
不動産鑑定評価基準
1問 地価公示法のほうが範囲が狭く
(条文数29)得点しやすい
住宅金融支援機構 1問 対策が難しい
不当景品類および
不当表示防止法
1問 不動産の表示に関する
公正競争規約がほとんど
統計 1問 最新の統計(国土交通白書)
をチェック
土地 1問 過去問を解けばOK
建物 1問 過去問を解けばOK

まとめ

以上の通りで、宅建士試験では、「暗記」が多いことがわかります。また基本的に「過去問」を解くことで対応できることもわかります。ですので

  • 暗記(記憶術で覚える)
  • 過去問

この2つの焦点を当てて、必要な知識を効率よく「記憶術で覚え」て学習を進めるのが得策です。

\学習効率が格段にアップ!/
【吉永式記憶術】
無料体験レッスンはこちら

記憶術を使った宅建合格3つのポイント

ではここで、記憶術を使った宅地建物取引士試験合格のために必要なポイントを3つ説明します。宅建の勉強法そのものは、

  1. 学習計画を立てる
  2. 過去問を中心に勉強する
  3. 試験では満点を狙わない

この3つがポイントになります。
これら3つに「記憶術」を取り入れて試験対策を行います。以下、それぞれについてご説明します。

1.学習計画を立てる

まず宅地建物取引士試験に合格するためには「学習計画」を立てる必要があります。「学習計画」を立てるにあたっては、宅建に合格するための「必要な勉強時間」を予想します。

そうして、宅地建物取引士試験の「あらまし」を知っておきます。試験の「あらまし」は、

  • 出題数・・・50問/36問正解(36点)を目指す
  • 合格率・・・15~17%(相対評価による合格率だが、36点以上で合格)
  • 試験実施日・・・毎年10月第3日曜日(10/15~21のいづれか)
  • 受験資格・・・年齢、性別、学歴、経験不問(誰でも受験できる)
  • 申込み期間・・・毎年7月1日~7月末
  • 受験料・・・8,200円

となっていますね。
これによって試験の日程などがわかります。学習の範囲、学習開始時期などの予定を立てることもできるようになります。必須の情報ですね。

宅建試験のあらましはご承知かと思いますが、学習計画を立てるにあたって重要になりますので、あえて掲載してみました。

なお学習計画の立て方は、こちらを参考にしてみてください。

資格試験の学習計画表作成24のアドバイス~合否はスケジュール次第!

2.過去問を中心に勉強する

宅建試験は、過去問の焼き直し・類似問題が出題されます。

各予備校や宅建本にもある通りで「過去問を中心に勉強」するのがセオリーになります。これは「記憶術を使った学習」でも同じになります。そこで、

  • 最低でも過去問を3回繰り返す
  • 過去10~12年分の過去問を解く

これが宅地建物取引士の試験対策では要となる学習の仕方になります。で、過去問を解きながら重要なポイントを記憶術で覚えていくようにします。

どの記憶術を使えばよいのかは、上記でも説明した通りです。8種類の記憶術を使い分けていくようにします。

資格試験合格におすすめの記憶術8種類

3.試験では満点を狙わない

また宅建の試験では「満点を狙わない」ことも大切ですね。このことはほぼ全員が知っていることだと思います。

満点は狙わないことですね。50問中、36点(36問正解)を目標にするのが現実的になります。そのためには、

  1. 出題頻度の高い事柄を勉強する(確実に得点できる科目のみを攻略する)
  2. 宅建業法に力を入れる
  3. 宅建業法は出題パターンが出そろっている(ただしひっかけ問題も多いため細部まで学習する)
  4. 暗記科目は記憶術で覚える

といった戦略を軸にして、「宅建業法」を必須科目とし、記憶術を使いながら細かいところまで暗記して、得点できる科目は確実に得点できるように対策をしていくのが短期合格につながり、おすすめかと思います。

記憶術と合うのが「宅建士オンライン講座」

あと宅建の試験勉強における「学習スタイル」になりますが、宅地建物取引士の試験勉強に際しては、

・独学
・通信講座
・オンライン講座
・通学

といった4つの勉強法があります。

それぞれ好みの勉強の仕方や考えもあるとは思いますが、当方としては「オンライン講座」を利用するのをおすすめしています。

オンライン講座は記憶術と相性がいい

オンライン講座を使うのが何故、良いかといえば、こちらでも「オンライン講座」のメリットを挙げている通りで、

  • スキマ時間を使った学習ができる
  • 講義を何度も見ることができる

からになります。

【2024年】オンライン記憶術講座の比較5選~賢い選び方とは?

記憶術を使って学習する場合は、通勤時間や歩いているとき、日常生活の空いている時間といった「スキマ時間」でも、記憶術で覚えたことを思い出して復習することすらできます。

これを初めて聞いた人は「え!?」と驚くかもしれません。が、記憶術を使った宅建の勉強では、スキマ時間をフル活用することが可能になります。

オンライン講座なら学習効率がアップする

しかも後述しますが、オンライオン講座なら、勉強時間そのものを短縮することができて、学習の効率化が実現できます。

さらに、オンライン講座は、「テキスト、講義動画、過去問、最新統計データ、模試、直前セミナー」など全てがそろっています。

これに「記憶術」を加えて、怒濤のように覚えていきますので、学習の効率が格段にアップし、当然、合格率もアップします。

ですので、宅地建物取引士の学習においては、「オンライン講座」を活用するのがおすすめになります。学習の効率そのものが桁違いに良くなります。

短期合格を目指すなら、市販本を使った独学は避けたほうが賢明です。オンライン講座を受講するほうが得策です。

記憶術と相性のよいスキマ時間を使った【宅建士講座】なら「スタディング 」 ⇒

宅建士オンライン講座の選び方

ちなみにオンライン講座(予備校)は、ほとんどどれも同じになります。ですので、

  • 受講料
  • 講師が合いそうかどうか
  • その予備校のカラーが合うかどうか

といった観点から選ぶのがいいですね。

講師との相性は重要

中でも「講師が合う合わない」は、重要です。学習の進み具合や意欲にも影響が出てきます。

その講師のしゃべり方、口調、言葉の使い方、目の様子、表情、身振りなど、表面的な印象は重要です。オンライン講座では、動画で視聴しますので、講師のビジュアル面もわりとはっきりと伝わってくるからです。

「なんとなく好きになれない講師」「合わない講師」の授業や動画講義は途中で嫌になり、学習のモチベーションが低下することになりがちです。

かつて、早口でしゃべり、滑舌の悪い講師のセミナーを受講したことがあります。明るくノリが良い講師だったのですが、どこか落ち着きがなく騒がしく感じられ、滑舌も悪く、残念ながら途中で嫌になり、話しそものが聞けなくなったこともあります。

その講座は結局、途中で辞めてしまいました。聴くに堪えられなかったからですね。当方の経験上、「講師選び」は非常に大切な要因だと思っています。

宅建士講座としては、スキマ時間でも学習ができるようにカリキュラムされている「STUDYing(スタディング)」がよいかと思っています。しかし、自分に合った宅建士講座を受講するのがおすすめです。

◆各予備校の「オンライン宅建士講座」
⇒STUDYing(スタディング)
⇒アガルート
⇒フォーサイト
⇒クレアール
⇒日建学院
⇒TAC

記憶術を活かしやすい宅建士テキスト

ちなみに、記憶術と相性のよい宅建士本(テキスト)は、ズバリ、宅建学院から出ている「らくらく宅建塾」です。

なぜ、「らくらく宅建塾」が良いかといえば、「語呂合わせ」で覚える方法も載っているからなんですね。記憶術を前提に、参考書が作られています。

実際、ビジュアルも多く、イメージで覚える記憶術向けのテキストになっています。

宅建の独学は、学習効率の観点からいって、あまりおすすめしていませんが、宅建の市販書でおすすめとなると「らくらく宅建塾」になります。

宅建試験では記憶術の使い分けが大切

宅建士資格試験でもそうですが、記憶術を使う場合、覚える事柄によって記憶術を使い分けます。これが記憶術を使いこなすコツにもなっています。

宅建の学習で使用する記憶術は、最初に紹介した8種類の記憶術になります。

資格試験合格におすすめの記憶術8種類

これらの記憶術を、科目・内容別に使い分けていきます。で、宅建の知識を覚えていく場合は、特に

  • 場所法
  • ユダヤ式記憶術

の2つの記憶術が軸になります。事実、場所法とユダヤ式記憶術をセットで使うと、勉強の効率が大変アップします。

なお当方のHPから「ユダヤ式記憶術」を購入されますと、場所法とユダヤ式記憶術を組み合わせて使う方法や、その他、知られざる記憶術の使い方などをまとめた12本の記憶術マニュアルを特典としてお付けしています。

⇒ユダヤ式記憶術の詳細なレビューはこちら

「場所法」は機械的に知識を覚える記憶術

「場所法」は、宅建の勉強においては、メインになる記憶術になります。

場所法は、多くのことを正確に覚えることができるメリットがあります。しかもいったん覚えると忘れにくい「長期記憶」になる性質があります。

宅建の試験そのものが丸暗記でも対策できますので、場所法を使って覚えることは賢い勉強の仕方になります。

なお「場所法」については、こちらの記事でくわしく解説しています。

場所法のやり方を詳細&わかりやすく解説

また場所法のほかに、「ストーリー法」、「イメージ連結法」、「メモリーツリー記憶術(ドラゴン桜記憶術)」も併用すると、暗記の効率が格段にアップします。

ストーリー法(物語法)記憶術の3つのやり方と使い方 イメージ連結法記憶術~誰でもイメージで覚えられる究極の記憶法 ドラゴン桜の記憶術はメモリーツリーを使った記憶法!

試験に特化した場所法「宮口式記憶術」

ちなみに場所法の発展系である「宮口式記憶術」資格試験や受験向けに構成されています。

考案者の宮口公寿さんは、52才のときに、フジテレビ「めざましテレビ」からの要請を受けて、「24時間で9つの政党のマニュフェストを覚える」ということをやっています。

一夜漬けで大量のことを覚えてしまったわけですが、記憶術を使えば、本当に短時間で大量暗記は可能です。ただし丸暗記ではなく、要領のよい覚え方・やり方があります。

これが記憶術の秘密の一つにもなりますが、こちらでくわしくレビューしていますので、ご興味のある方はお読みになってみてください。

⇒宮口式記憶術のレビューはこちら

「ユダヤ式記憶術」は法律・条文に強い

それと「ユダヤ式記憶術」は、生命の樹というテンプレートを使って覚えます。

規則性のある物事の暗記に重宝しますので、法律や条文の暗記にはすこぶる役に立ちます。また論理的な思考が得意になるという効果もあります。

論理的な考え方が身につけば、他でも役に立ちます。そういう意味において「ユダヤ式記憶術」は必須のノウハウともいえますね。

ユダヤ式記憶術は全く新しい記憶術!~リアル購入者による徹底解説【レビュー・ネタバレ】ユダヤ式の理解を助ける特典付き!

「イメージ連結法」はあらゆる記憶術が使える究極の記憶術

mata

また「イメージ連結法」は、ほぼすべての記憶術を使いこなせるようになる究極の記憶術ですが、基本的な記憶術でもあったりします。

イメージ連結法は、こちらでくわしく説明している通りで、記憶術をフル活用するために、習得しておくと望ましいスキルになります。

イメージ連結法記憶術~誰でもイメージで覚えられる究極の記憶法

元々は、東大理Ⅲに合格した吉永賢一さんが考案した「吉永式記憶術」になりますが、知っていると大変重宝します。吉永式記憶術については、こちらでくわしくレビューもしています。よければお読みいただければとも思います。

吉永式記憶術【YGC】を徹底解明!~やり方・ネタバレ・受講料・LINE登録などレビュー

宅建の頻出分野は記憶術で覚える

あと、宅建の資格試験に関していえば、

頻出分野は記憶術で覚える

という勉強方法が得策です。そもそも宅建の頻出分野は「暗記科目」が約8割です。もう記憶術で覚えてしまうのがおすすめなんですね。

で、宅建の頻出分野は、

この4つが最も重要になります。

これら頻出分野がすべて「暗記科目」ですので、を記憶術で一気に覚えてしまうと、学習進度も一気に上がり、勉強のモチベーションもアップします。

「記憶術オンライン講座」は宅建試験に活かせる

あと「宅建向け」のオンライン記憶術講座があります。それは上記でも少しご紹介した「吉永式記憶術」というオンライン記憶術講座です。

吉永式記憶術【YGC】を徹底解明!~やり方・ネタバレ・受講料・LINE登録などレビュー

記憶術を使って5日の準備で宅建一発合格

そもそも「吉永式記憶術」を考案した吉永賢一さんは、なんとわずか5日の試験勉強で「宅建試験」に一発合格しています。⇒くわしいことはこちらに書いてあります

もちろん、記憶術を使った宅建の受験勉強になりますが、5日の準備で合格したといいますから、吉永式記憶術のスゴさがわかるかと思います。

※この話しは「吉永式記憶術無料体験レッスン」の中で吉永さんご自身が語っています。⇒無料体験レッスンはこちら

記憶術なら短期合格が可能を実証

もっとも吉永さんは記憶術のプロでありベテランです。ですので初めて記憶術を使う方や、まだ記憶術になれていない方は、吉永さんのように「5日の試験勉強」で宅建に一発合格するのは困難になると思います。

しかしながら、記憶術に長けた方が、宅建などの資格試験に挑戦すると、極めて短期間の学習で合格できるということですね。

資格試験に強い「吉永式記憶術」

吉永式記憶術には、宅建や中小企業診断士、TOEICなどの資格試験で記憶術を使う際の具体的な質問ができる「質問チャットサポート」というのがあります。

こちらは資格試験を記憶術に活かすお宝情報にもなっています。

ますは無料体験レッスンでお試し

ちなみに吉永式記憶術には、無料体験レッスンがあります。こちらから参加することができます。

無料体験レッスンの第三話では、記憶術の使い方やコツも教えています。無料ですが、有益です。記憶術に興味のある方は、参加をおすすめいたします。

まとめ

宅建の資格試験では記憶術は役立ちます。最初にも書いた通りで、宅建の試験は「暗記が中心」だからですね。

もちろん「過去問」を解くことも必要になってまります。

けれども記憶術を使って必要な知識を覚えてしまえば、

  • 学習の効率がアップする
  • 長期記憶になる(忘れにくくなる)
  • 自信がつく(記憶力が良いと自信が出てくる)
  • 実務の宅建業にも活かせる

このように多くのメリットを享受することができるようになります。

宅建では「語呂合わせ」を使った覚え方が多く、また一般的になっています。もちろん「語呂合わせ」もいいのですが、できれば上記で紹介した「記憶術を複数使いこなす」やり方がおすすめになります。

記憶術は、決して胡散臭いものではなく、中世のヨーロッパでは学問の世界で使われていました。

記憶術は宅建の試験合格だけでなく、会った人の顔と名前を覚えていられる、商談のポイントをメモ無しで覚えていられる、会議のポイントも覚えていられるなど、仕事にも大変活かすことができるようになります。

ちなみにおすすめの記憶術はこちらになります。くわしいレビュー記事も書いていますので、ぜひお読みにいただければと思います。

  • 用語だけでなくロジックも覚えることができる資格試験合格に最適な新しい記憶術⇒ユダヤ式記憶術
  • 記憶術の最高峰「場所法」を資格試験に特化した記憶術⇒宮口式記憶術
  • あらゆる記憶術を自在に使えるようになる「イメージ連結法」を習得できる⇒吉永式記憶術

記憶術は一生の財産になります。宅建の試験合格もさることながら、記憶術は、その他の資格試験の取得や仕事、生活にも活かすことができます。この機会に記憶術の習得をおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です