語呂合わせでは覚えられない?本当は難しい記憶術?

語呂合わせは難しい記憶術

語呂合わせ
シンプルでありながら使い勝手のよい記憶術ですね。ほとんどの人が使ったことがあるはずです。

語呂合わせのことは、こちらでくわしく書きました。

語呂合わせ記憶術~誰もが使える暗記方法

語呂合わせは、誰でもスグに使うことができる便利な記憶術です。が、実のところ、覚える対象によっては「覚えられない」「覚えにくい」といった欠点のある記憶術だったりします。

語呂合わせの欠点については、上記の記事でも言及してあります。この記事では、語呂合わせの欠点について深掘りしてまいります。

語呂合わせで覚えられない?

語呂合わせは、要するにダジャレで覚えるやり方ですね。

面白い言い回しやダジャレになっていれば、誰でもスグ覚えることができてしまいます。語呂合わせの市販本もたくさんあります。非常に手軽で便利なんですね。

ところが、上記の記事でも紹介した通りでして、

  • 覚えやすい「語呂」を作るのが難しい
  • 語呂を作るのに時間がかかる
  • 適切な語呂が思いつかない
  • 複雑な暗記には向いていない

といったことが多々あって、これらがために、実際は使い勝手の悪い記憶術となることがあります。

語呂合わせで覚えようとして、下手に頑張って無理に語呂を作ると、かえって覚えにくいなってしまうことも多かったりします。

これらの欠点のために、語呂合わせは

  • 意外と使いにくい
  • 覚えるのが難しい
  • せっかく語呂を作っても覚えられない

ということになることも多かったりします。

語呂合わせを使うコツは?

で、覚えやすい語呂を作るコツは?となると、これまた上記の記事で書いたとおりになります。

しかし覚えやすい語呂合わせを作るのは結構大変です。

そこで発想を変えて、「語呂合わせを活かせる対象のみに使う」というのがおすすめです。

実際のところ、覚えたいテーマによって記憶術を使い分けることは賢い使い方になります。私は、このやり方を推奨しています。

で、語呂合わせは、

  • 歴史の年号
  • 人物名
  • 用語
  • 数字
  • 単純な事柄

といった事柄の暗記に向いています。

要するに、
・機械的な暗記
・棒暗記
のサポートとして語呂合わせを使うということですね。

このような使い方をすれば、語呂合わせは非常に重宝します。

語呂合わせで難しいことを覚える方法

しかし語呂合わせは、使い方によっては、難しいことや複雑なことの暗記もできるようになります。

上記でも説明した通りで、語呂合わせは、基本的に単純な事柄の丸暗記向けの記憶術です。

しかし、他の記憶術と組み合わせることで、非常にパワフルな記憶術となります。

たとえば、

  • 場所法
  • ユダヤ式記憶術
  • 道法
  • ストーリー法
  • メモリーツリー
  • マインドマップ
  • 鈴なり式記憶術

といった記憶術と組み合わせると、覚えるスピードが高まり、覚える量も増えます。

ちなみに、これらの記憶術はすべて、当方のサイトで紹介しています。

記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説ユダヤ式記憶術を徹底解説【レビュー・ネタバレ】~実際に購入したから言えること宮口式記憶術【宮口公寿】のレビュー~実際に購入しているのでわかるその凄さストーリー法(物語法)記憶術の3つのやり方と使い方メモリーツリー記憶術~作り方・使い方を図解で説明マインドマップと記憶術【トニー・ブザン】鈴なり式記憶術~教科書の丸暗記に最適

ユダヤ式記憶術と組み合わせるのはおすすめ

このようなハイブリッドな使い方は非常に有益です。

中でも「ユダヤ式記憶術」と語呂合わせの相性はよく、組み合わせとしてはおすすめになります。

というのも、ユダヤ式記憶術はイメージを使った記憶術ではないからです。語呂合わせも実はイメージを使った記憶術ではありません。どちらも非イメージ型になりますので、属性が一致しています。

なので、ユダヤ式記憶術と語呂合わせの組み合わせはいいんですね。使い勝手がよくなる上、パワフルなハイブリッド型記憶術になります。

ユダヤ式記憶術については、こちらでくわしいレビューをしています。ユダヤ式を実際に使っていますので、参考になると思います。

また当サイトから購入していただいた方には、記憶術を組み合わせた使い方などを解説した11本のマニュアルを特典として付けてあります。ご興味のある方は、お読みになってください。
https://www.kiokuanki.com/yudaya

まとめ

語呂合わせは、単純な事柄の暗記向けの記憶術であるため、実際は覚えられないことも多々あります。また使い勝手が難しく感じられることも多かったりします。

けれども

  • 語呂合わせ・・・単純なことを覚える
  • 他の記憶術(ユダヤ式記憶術)・・・構造や文章、体系の暗記に使う

といった使い分けと組み合わせをすれば、さまざまなことを覚える際に役立ちます。

語呂合わせ記憶術そのものは、受験や資格試験では役に立ちますが、ハイブリッドな使い方(組み合わせ)をすることで、さらに役に立ち重宝するようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。