行政書士試験に記憶術がおすすめなのは理由がある!

行政書士試験に記憶術は合っている

行政書士試験合格記憶術を使うことはおすすめだったりします。いえ、行政書士試験と記憶術との相性は「良い」といえます。

ちなみに行政書士試験は平成18年(2006年)に試験が大幅に改正されています。改正前の行政書士試験は、記憶術だけでも合格できる資格試験でした。実際に私も受けています。

けれども改正後の試験内容を改めてみると、改正後の行政書士試験も記憶術が使えることがわかります。

行政書士試験は基本知識の暗記を問う試験

行政書士試験に、何故、記憶術が合っているかといえば、試験が、

  • 基本知識の理解
  • 用語の定義・意味を知っている
  • 法律的な発想の基本を理解できている
  • 実務レベルの知識は不要
  • 原則の理解が問われる
  • 例外的なこと細かいことは出題されにくい
  • 試験委員は実務家ではなく大学の先生

といったように、実務に直結する試験ではなく、公務員試験のように教科書的な知識や教養の理解を試す試験だからです。

行政書士試験では六法全書の持ち込みは不可

事実、行政書士試験では「六法全書の持ち込みは不可」です。司法試験のように持ち込みはできません。

逆にいいますと、六法全書があれば解答できる試験ということですね。このことが意味することは行政書士試験の本質は「暗記」ということです。

「思考・考える」ではなく「暗記」。これが行政書士試験の本質です。

しかも司法書士試験社会保険労務士試験のように細部や例外、実務レベルの知識が求められる試験ではありません

行政書士試験は、「基本用語」「条文」「基本的な判例」を覚えることで合格点が取れる試験ということですね。

ですので行政書士試験には「記憶術」が合っていると言えるわけですね。

効率の良い勉強ができるから

行政書士試験に何故、記憶術が合っているかといえば、効率の良い勉強、短期合格ができる点からもおすすめできます。

というのも、記憶術を使うと、

  • 覚えたことを長期記憶できる・・・インプットしたことを忘れない
  • 自信が出てくる・・・覚えたことを忘れないことから自分の記憶力に自信も出てくる
  • 覚えることが楽しくなる・・・勉強が楽しくなる
  • 受験勉強の総時間を短縮できる・・・短期合格ができる

といったメリットがあるからですね。
これらのメリットは、まさに「効率の良い勉強」「短期合格の実現」です。行政書士試験に記憶術はおすすめです。

で、行政書士試験にふさわしい記憶術があります。それがこちらの3つですね。

  • 法律用語に加えてロジックをも覚えることができる資格試験合格に最適な新しい記憶術⇒ユダヤ式記憶術
  • 記憶術の最高峰「場所法」を資格試験に特化した記憶術⇒宮口式記憶術
  • 「記憶術が使えない・わからない・初めて」という人も確実に使えるようになる⇒宮地式脳トレ記憶術

記憶術を使った行政書士試験・勉強法

記憶術を使った行政書士試験の勉強法においては、いたずらに「記憶術」に頼って学習を進めるのはナンセンスです。

記憶術が暗記に重宝するといっても、試験勉強のツールの一つとて取り入れるのが賢明な勉強の仕方になりますね。

ですので、記憶術を使うと言っても、行政書士試験では、

  • 基本用語・条文・判例(と結論)を覚える・・・実務試験ではなく教養試験
  • 理解しながら覚える・・・日常的でわかりやすい具体例に落とし込んで覚える
  • 行政法・民法を重点的に学習・・・頻出かつ合格点に直結する科目から学習を進める
  • 予備校を使う・・・予備校の教材は短期合格ができるように作られている

これらのことは、行政書士試験の合格術としても知られています。一言でいえば「効率の良い学習の仕方」です。

で、この合格術に「記憶術」を加えるわけですね。

効率の良い学習をしながら「記憶術を使う」という学習スタイルは望ましくなります。

行政書士試験で使う記憶術一覧

行政書士試験は、基本的な用語、条文、判例を覚えれば合格ラインを突破できる試験ですが、行政書士試験に適した記憶術はこちらの通りとなります。

基本用語の暗記

基本用語の暗記では、こちらの記憶術がおすすめになります。

  • 語呂合わせ・・・「単一」の用語を暗記(語呂で一つづつ覚えるやり方)
  • 場所法・・・「体系的に」用語を暗記
  • 変換法・・・「抽象的な」用語の暗記(抽象的な言葉を覚えやすい言葉に変換する)
  • ペグ法・・・「数字」の暗記

ご覧の通りでして、言葉によって使い分けていきます。
単発用語を覚える場合、体系的に覚える場合、抽象的な用語を覚える場合、数字を覚える場合といった具合に使い分けていきます。

これら4つの記憶術を使い分けることで、行政書士試験で登場する基本用語のほぼ全てを記憶術で覚えることができるようになります。

なおこれら4つの記憶術は、当方のサイトで全て解説しています。くわしいことはこちらの記事をお読みになってください。
語呂合わせ記憶術~誰もが使える暗記方法記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説変換法記憶術~変換・分解・置換・外連想の4つのテクニックからなる方法ペグ法記憶術(かけくぎ法)~数字(電話番号・歴史年号)の暗記に強い

条文・判例の暗記

また条文・判例の暗記では、次の記憶術を使い分けていくのがおすすめです。

  • ユダヤ式記憶術・・・条文・判例を「理解」しながら用語のみならず「論理・ロジック」をも覚える最新の記憶術
  • 場所法・・・論理関係は覚えられないが、登場する用語を「セットで覚える」ことができる
  • ストーリー法・・・物語を作って「ストーリー仕立て」で覚える
  • メモリーツリー記憶術・・・知識を「整理」しながら覚える

これらの記憶術は、理解しながら覚えたり、用語をセットで覚えたり、物語にしたり、整理しながら体系的に暗記していくことができます。

中でも「ユダヤ式記憶術」は論理関係ですら覚えることができるため、法律系の暗記にはうってつけの記憶術です。

これらの記憶術も、こちらの記事で詳細に解説しています。
ユダヤ式記憶術は全く新しい記憶術!~リアル購入者による徹底解説【レビュー・ネタバレ】ユダヤ式の理解を助ける特典付き!ストーリー法(物語法)記憶術の3つのやり方と使い方ドラゴン桜の記憶術はメモリーツリー勉強法

記憶術を使う場合でも理解しながら覚える

それと行政書士試験で記憶術を使う場合でも、大事なことは、基本用語や条文、判例を覚えるときも、機械的に暗記するのではなく、

  • 意味を理解する
  • 具体的な事柄にして日常感覚で理解する

ということが望ましくなります。

といいますか、法律の条文や判例は、抽象的な表現になっているため、その真意がつかみにくくなっています。そこで日常生活の感覚に落とし込んで理解することが望ましくなります。

記憶術を使って覚える場合でも同じです。行政書士試験などの法律系の学習ではこの「日常的理解」は欠かせなくなりますね。

行政書士試験の行政法・民法から記憶術で覚える

また行政書士試験では頻出となっている

  • 行政法・・・法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法
  • 民法・・・物権、債権

この2科目を記憶術でしっかりと制覇することがおすすめです。

「行政法」と「民法」の2つだけで188点です。法令科目の合格点をクリヤーしているからですね。

科目 択一式 多肢選択式 記述式 配点 ウェイト
行政法 19問 2問 1問 112点 ★★★★★
民法 9問 0問 2問 76点 ★★★★★
憲法 5問 1問 0問 28点 ★★
商法 5問 0問 0問 20点
基礎法学 2問 0問 0問 8点
合計 40問 3問 3問 244点

ご存じの方も多いとは思いますが、ご覧の通りでして、政書士試験ではいかに「行政法」と「民法」が重要かということがわかります。

別の言い方をすると「ヤマを張る」と言えますが、この2科目にフォーカスして記憶術で覚えてしまうのは賢い勉強の仕方になります。

行政法の覚え方

そもそも「行政法」という法律はありませんが、行政組織、行政活動、行政活動による不利益に関する法律をまとめて「行政法」といっていますね。

で、行政法を記憶術で覚える場合も、ヤマを張って効率よく覚えていくことがおすすめです。

行政法 出題数 補足
地方自治法(住民監査請求・住民訴訟法、条例、公の施設、直接請求権、地方公共団体、住民・住所) 3~5問 最頻出事項
内閣府設置法・国家行政組織法 1問
国家公務員法・地方公務員法 1問
学説 1問
行政手続法 3問
学説 2~3問
行政不服審査法 3問
行政事件訴訟法 3問
国家賠償法、損失補償 2問

ご覧の通りでして、地方自治法、行政手続法・学説、行政不服審査法、行政事件訴訟法といった頻出分野から記憶術で覚えていくと、重要項目を制覇した感覚にもなって自信も出てまいります。

重点項目を覚えてしまうことで、勉強にも意欲的になる心理的効果もでてきますね。

民法の覚え方

民法も頻出分野から覚えていくのがおすすめです。

民法 頻出 出題数 補足
総則・・・意思表示、代理、時効、制限行為能力者、権利能力 1~2問
物権・・・抵当権、占有権、所有権、不動産物権変動の対抗要件 2~3問
債権・・・不法法行為、請負、委任、賃貸借、物権変動、責任財産の保全(債権者代位権、詐害行為取消権)、多数当事者の債権債務(連帯債権、連帯債務)、弁済、契約解除 3~5問、記述2問 頻出、約5割
親族・相続・・・【判例】、親族、親子不存在確認の訴え、嫡出否認の訴え 1~2問

民法では、「債権」は頻出であり、次に「物権」が重要テーマになってまいります。まずは「債権」「物権」から覚えていくのがおすすめになります。

行政書士試験に記憶術を使う効果

記憶術を使って行政書士試験に挑むことがおすすめなことと、その具体的な使い方を上記に書きましたが、では記憶術を使った学習をした場合、どういった効果が期待できるのでしょうか?

そのことについて書いてみますと、次の通りとなります。

  • ヤマを張って重点的に学習できる
  • 合格点をクリヤーしやすくなる
  • 短期合格(勉強時間を減らす)ことができる
  • 妙に深入りしなくなる(基礎知識、条文、判例を中心に覚える)
  • 覚えられない人でも覚えられる
  • 自信が出てくる(学習意欲が増進する)

このような理由があるからですね。
やはり行政書士試験では記憶術を併用することはおすすめになります。

まとめ

行政書士試験でウェイトが大きいのは「行政法」「民法」になります。

このことは予備校の先生の多くも言われています。

で、これらの科目にヤマを張って、重要な用語や条文、判例を「正確」に覚えること。これが行政書士試験で合格するコツにもなっていると言われています。

で、このとき「記憶術」を併用して覚えていくことによって、短期合格もしやすくなると思います。

行政書士試験と記憶術との相性が良いことは最初に書いた通りです。

また覚える状況に応じて、記憶術の使い方もご紹介しました。

当方としては、予備校の講座で学びながら、記憶術を併用して学習をすすめていくことを推奨しています。

で、以上をまとめると行政書士試験に最短かつ効率よく勉強をすすめて合格するためには、記憶術を主体としながらも、

  • 基本用語・条文・判例
  • 理解
  • 行政法・民法
  • 予備校

これらを踏まえた学習をすることがおすすめということになります。

行政書士試験は、法律用語のみならず、その条文の構成・ロジックも覚える必要があります。これらが可能なのが「ユダヤ式記憶術」です。資格試験には最適な記憶術です。

当方からは、資格試験に役立つ特典を12本もお付けしています。ぜひお手にしてください。
ユダヤ式記憶術は全く新しい記憶術!~リアル購入者による徹底解説【レビュー・ネタバレ】ユダヤ式の理解を助ける特典付き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です