記憶術を活かす

記憶術の効果

記憶術は本当に効果があるのでしょうか?
こういった素朴かつ懐疑的な質問や疑問はよく受けます。
しかし結論を先に言ってしまいますと記憶術は効果があります。そう断言もできます。
暗記ができるようになり、しかも短時間での記憶が可能になるといったてきめんな効果がでてきます。記憶術によって暗記できるようになるといった効果は本当です。

 

実際私自身、記憶術によって各種の試験から資格試験に役だっています。暗記のスピードと、短時間で憶えられる効果には目を見張ります。

 

一般的に記憶術の主な効果としては次の2点になるでしょう。

 

・短時間で暗記できるようになる
・大量の事項をスピーディーに憶えられるようになる

 

短時間かつ素早く暗記ができるようになることは記憶術の最大の効果です。しかしそのほかにも効果やメリットがあってたとえば

 

・頭の回転が速くなる
・連想能力が高まる(ダジャレも得意になる)
・飛躍的な発想ができるようになる
・因果関係に関係がないユニークは発案ができるようになる
・多面的な物事を考察し洞察することができるようになる
・想像力も高まる
・会話の際、話しのポイントを整理できるようになる
・要領のよい会話ができるようになり、商談も上手くいく
・一度会った人の名前を忘れない
・お客の名前を覚えているので顧客サービスに抜群の効果が出てくる
・会話の先が読めるようになる

 

このように記憶術の効果が多岐にわたります。
おおむね「頭脳が良くなる」「ビジュアルで考えられるようになる」といった脳レベルがアップする効果が特徴です。記憶術をマスターしていると良いことづくめです。あなたの人生を豊かにするツールといっても過言ではないでしょう。ツールといいますが、暗記のテクニック・技術ですね。

 

記憶術を知っているのと知らないとでは、天と地の違いがあります。そう言い切ってよいくいらい、記憶術の効果は多くあります。

 

トレーニングで記憶術効果を得る

記憶術は効果があります。実際に使って効果を体験した受験らには絶大なる支持を得ていますね。しかし、やり方や学び方によっては効果が期待できなくなります。ですので確かなやり方を学ぶ必要があります。

 

記憶術の多くは、1日に5分程度のトレーニングで記憶術脳を作ることが出来ます。一般人の10倍以上のスピードで効果的に物事を記憶することが出来るようになります。

 

習得をすれば、短期間かつ集中的に知識を暗記することが可能なのです。実際クラスでもビリの成績だった方が東大などの名門大学に合格したという実績もあるほど効果はお墨付きです。

 

記憶術はかなりの効果が期待できます。進学塾においても採用している学校もあります。記憶術の効果は実証されています。実際に記憶術を使った受験生の多くが志望の学校に入学しています。

 

ただし記憶術の効果を実感するためには、適切な学び方や習得の仕方があるということになります。もちろん習得のスピードやレベルは個人差があることは言うまでもありません。

 

なお効果を実感できるくらい確実に記憶術を身につけるには、やはり指導を受けることがおすすめです。通信教育やインターネットを利用した講座がおすすめです。才能や資質のある方なら独学でも記憶術を体得して、その効果を実感することもできるでしょう。著書も何冊も出版されています。ですが、確実に記憶術を習得して効果を実感するにはインターネットなどでの講座がおすすめです。

 

記憶術で暗記を得意に

記憶術は特に中学・高校・大学といった受験勉強に効果が出てきます。記憶術を使えば英単語も効率よくすらすらと覚えられます。しかも熟語もすぐに思い出すことができます。また日本史や世界史の年表も、語呂合わせでなく効果的に覚える方法もあります。

 

物事を関連付けて覚えるので、芋づる方式に暗記できます。周りの方に言わせれば何て頭が良いのだろうと思うことでしょう。

 

しかし、実際には、脳の中の引き出しを開けて、そこにしまったある知識を出しているだけなのです。暗記の効果を高めるわけですが、知識の引き出しは誰の脳の中にもあります。

 

この暗記した物事を効率よく引き出せるか出せないかというのが秘訣になります。
ぜひとも記憶術を始めて、この効果を体感してみて下さい。
きっと手放せなくなります。

◎おすすめの記憶術
 1.ユダヤ式記憶術
 2.東大記憶法


 

記憶術を活かすイメージ力エントリー一覧

記憶術は「イメージ」と「場」を使った暗記技術

記憶術は「イメージ」と「場(記憶する場)」を用いた暗記の技術になります。このことは記憶術の基本でもあります。記憶術の三大古典書(「ヘレンニウスへ」「弁論家について」「弁論術教程」)においてはシモニデスの記憶術が紹介されていますが、元祖記憶術はそもそも「イメージ」と「場」を使ったものです。したがって記...

続きを読む

記憶術は右脳を使った暗記技術

記憶術を端的にいいますと右脳を使った「暗記の技術」といえます。 実際、記憶術では一般的に左脳ではなく右脳を用いて記憶を行います。右脳は通常、芸術的な分野で活躍する脳の部位で、文字や観念、概念等を記憶するには不向きだといわれています。しかしそうした言葉、観念、概念をイメージに変換することによって右脳に...

続きを読む

記憶術のコツ・秘訣・使いこなす能力はイメージ力

大学や高校の受験だけでなく、難関の資格試験、あるいは簡単な資格試験であっても、受験を控えた方にとって試験に必要な知識を効率よく頭に入れていくことは急務であり必須なことですね。とかく「試験」というものは「記憶」「暗記」による部分が多いのは否定出来ない事実です。これは誰もが実感していることでしょう。「試...

続きを読む

イメージ能力を高める方法

記憶術使いこなすミソ・肝は「イメージ能力」です。アニメやマンガ、絵が好きな方、無意識のうちに頭の中で映像を描いたり見ることができる方は、今すぐにでも記憶術をマスターできます。ビジュアル能力のある方は、間違い無く記憶術を使いこなせて、その恩恵を被ることができます。こういった人達は先天的にイメージ能力が...

続きを読む

記憶術の口コミとその真実

記憶術の口コミにはいろいろとありますね。その評価や評判も賛否両論で、長所や短所も様々です。ここでは、公平を喫するために掲示板やコミュニティに書いてあった口コミや評価を長所と短所に分けて拾い上げてみました。記憶術のメリットとしての口コミ・感想まず記憶術を評価する口コミとしては、【能力的な長所】・宣伝の...

続きを読む

記憶術で頭が良くなるって本当?

「記憶術を使うと頭が良くなる」、こんな話しを聞いたことがあるでしょうか。そもそも「記憶術を使って頭が良くなるなんてあり得ない」と思うでしょう。普通は、そう思いますね。私でさえ、長年、そう思っていました。なぜなら、記憶術は「記憶するための技術」だからです。「いくら記憶の技術を学んでも、頭そのものが良く...

続きを読む