高校受験に記憶術を使う勉強法がおすすめな5つの理由!

高校受験の勉強に記憶術がおすすめな5つの理由!

高校受験を目指している受験生にとって「記憶術」は大変役に立ちます。といいますか、極端な言い方になりますが「記憶術を使って知識を覚えれば最短&最効率で合格」できます。

何故でしょうか?
その前に、そもそも勉強とは、畢竟、「暗記」と「反復」になります。

  • 暗記・・・用語、人名、仕組みを理解して覚える
  • 反復・・・暗記したことを忘れないために繰り返して覚える

これですね。これが「勉強」の本質です。理解も必要ですが「暗記」があってこそです。また高校受験では「暗記」のウェイトが過半数を占めています。

で、いわゆる「勉強術」は、暗記と反復を効率よく、また楽しくできるように各種の方法論が生み出されています。

しかし煎じ詰めれば、勉強とは「暗記」「反復」が本質であり、この2つを行うことで「学力」が付いてくるわけですね。ここは大事な要諦です。

実際のところ受験勉強においても「暗記」が大半になります。で、勉強における「暗記」の際に「記憶術」が大変役に立つわけですね。

高校受験においては、実のところ記憶術がとても役に立ちます。その理由は、

  • 高校受験で暗記することは過半数以上
  • 高校受験での暗記は単純暗記
  • 記憶術を使うと学習効率が大変よくなる
  • 記憶術は脳を活性する
  • 記憶術は成功しやすいヴィゴラス状態にする

この5つの理由があるからです。これらのことがどういうことなのかは、以下ご説明いたします。

受験に役に立ち記憶術入門としてもふさわしい「宮口式記憶術」
「宮口式記憶術」が大学受験・資格試験におすすめの理由~偏差値41からの逆転記憶術

高校受験で暗記することは過半数以上

高校受験に記憶術がおすすめな理由の一つ目は「高校受験で暗記することは過半数以上」だからです。

これはどういうことかといえば、文字通りになりますが、高校受験ではほとんどが「暗記」です。極端な言い方をすれば「高校受験は暗記で制覇できる」試験です。

もちろん「理解」も必要ですが、試験の形式を見る限り、「覚えていることをアウトプットする」形式が圧倒的です。また受験する高校によって対策も異なってきますが、基本は「暗記」です。暗記ができていれば、高校入試はほぼほぼ対応できます。

暗記が大半以上を占めている高校受験の勉強ですので、「記憶術」がとても役に立つわけですね。ここは重要な点です。

「暗記」で力を発揮するのが「記憶術」です。もちろん教科書や参考書の要点を拾い上げて、それを反復学習によって覚える方法も有効です。

記憶術を使って1~2回覚えれば長期記憶になる特徴がありますす。何故、長期記憶になるかとといえば、それこそが記憶術である所以なわけですが、こちらの記事をお読みになってください。
記憶術の場所法で長期記憶ができる仕組み記憶術が使える5つのコツ【場所法・記憶の宮殿・語呂合わせほか】

高校受験を目指している受験生にとって、それぞれの科目における知識を暗記することは結構大変です。

英単語や漢字だけでも何百とあります。その上、歴史の年号、地理、特産品の種類や統計データ、古文、理科等々、暗記すべき知識がたくさんあります。

中学受験もそうですが、高校受験、そうしてその先の大学受験のいずれにおいても、多くの知識を覚える必要があります。

「記憶術」は、知識を覚える際に役立つ記憶の技術です。高校受験のみならず、大学受験の際にも役に立ちます。

いえ、学校を卒業した後も、資格試験で活かすこともできます。また日々の生活や仕事でも来を活かすことができます。

記憶術に関する詳しいことは、当方のサイトでもくわしく書いていますので、ご覧になってください。
⇒さとるの記憶術

高校受験での暗記は単純暗記

高校受験に記憶術がおすすめな理由の二つ目は「高校受験での暗記は単純暗記」だからです。

このことは先ほどの「高校受験で暗記することは過半数以上」ということと重なりますが、高校入試レベルの試験は、ほとんどがシンプルに暗記をすれば対応できる試験です。

知識同士の関連性や論理的な関係を問う試験は少なく、ほとんどが
・用語を知っている
・人名を知っている
・出来事を知っている
・言葉を知っている
・法則を知っている
といった知識になります。
これを単純知識といいます。

これが大学受験になると、用語を知っているとかを問うレベルだけでなく、理解力を問われる試験問題が増えてきます。

高校入試レベルでは、教科書にある言葉を覚えることで、ほぼ対応できます。

で、こうしたことはシンプルに覚えていけばいいわけで(単純暗記すれればいいわけで)、こういった暗記で力を発揮するのが「記憶術」になります。

記憶術の「場所法」を使えば、高校入試レベルの知識は、それこそ短期間で覚えることができます。これは煽り文句ではなく、単に覚える作業においては、記憶術は大変役に立ちます。
記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説

記憶術を使うと学習効率が大変よくなる

高校受験に記憶術がおすすめな理由の三つ目は、「記憶術を使うと学習効率が大変よくなる」からです。先ほど高校入試レベルは単純記憶が多いと書きましたが、これと関係があります。

高校入試の試験では、単純に知っていれば得点できる問いが多いですので、とにかく知識を知っていることが最も大事になります。

で、記憶術は、知識を覚える際に効率が大変よくなります。

何故でしょうか?

それは、そもそも勉強とは、
・暗記
・反復
だからです。

これが「勉強の全て」といっても過言ではありません。この「暗記」と「反復」を最大限に効率よくするのが「記憶術」なわけですね。

もし記憶術を使って覚えれば、

  • 暗記は数回でOK
  • 反復も少なくしてOK

といった驚くような学習効率が実現できます。

ただし注意が要りますが、記憶術の広告宣伝の中には

  • 一回覚えれば絶対に忘れない
  • 膨大な知識を短時間で暗記できる
  • 成績が急上昇する

といったのがありますが、これはレアなケースであって、率直にいって煽り文句です。

実際は、記憶術を使って覚えても

  • 1~2回は繰り返す
  • 3~4回は反復する
  • イメージが曖昧だと忘れることがある(だから反復が必要)

というのが本当のところになります。

しかし普通に「暗記」「反復」する勉強方法に比べれば、学習効率は大変よくなります。また「エビングハウスの忘却曲線」に従わなくなってきます。

記憶術を使えば勉強の効率がアップしますので、記憶術を高校受験に使うことはおすすめになります。

⇒記憶術が初めてな人でもできて受験に役に立つ「宮口式記憶術」

記憶術は脳を活性する

高校受験に記憶術がおすすめな理由の四つ目は、「記憶術は脳を活性する」というのもあるからです。

記憶術は、見方を変えると「脳トレ」になります。

何故、脳トレになるかといえば、これは記憶術の原理と関係していますが、記憶術の多くは「イメージを使って、想像力をフル活用」するからです。

通常の学習においては、言語を中心にして理解し覚えようとします。ところが記憶術を使うと、イメージを中心にして理解し覚えることが加わります。つまり、脳における言語中枢と映像中枢を司る部位を刺激し、脳を活性化させるわけですね。

で、これをトレーニングとしたものが「脳トレ」です。言語とイメージの両方が組み合わさってゲーム感覚で遊びますが、脳トレは、こうした仕組みになっています。

で、これは記憶術も同じです。
記憶術は、その仕組み自体が「脳トレ」になっています。

ですので脳トレを行えば、記憶術を使いやすくなるという現象も出てきます。

記憶術がおすすめな理由は、脳を活性するという理由もあるからですね。

記憶術は成功しやすいヴィゴラス状態にする

高校受験に記憶術がおすすめな理由の五つ目は、「記憶術は成功しやすいヴィゴラス状態にする」というのがあるからです。

記憶術が脳トレと同じで、脳を活性する作用があることは先ほど書きましたが、脳が活性するときにメンタルにもプラスの作用が出てきます。

それが「ヴィゴラス状態」という有り様です。

ヴィゴラス状態とは、

  • ヤル気がアップする
  • 生き生きとしてくる
  • ポジティブになる
  • 記憶力がアップする

といった状態です。

これが何故、起きるかといえば、そもそも記憶を司っているのは「海馬」という脳になります。で、海馬のすぐ近くに「扁桃体」という部位があって、扁桃体は生き生きとした感情に反応して海馬に指令を発して、記憶を長期記憶にする作用があるといいます。

このときの「生き生きとした感情」というのが、メンタルにも作用して、上記のような望ましい「ヴィゴラス状態」の気分にしていきます。

生き生きとした感じやポジティブな状態は望ましいことですが、記憶術の副産物として生じてくるようです。

これは情操教育的にも喜ばしいですし、人生に成功しやすいメンタリティですので、記憶術は子どものときから習得しておくとよいのではないかと思います。

ちなみに、記憶術によってヴィゴラス状態や成功脳になることは、吉野邦昭さんの「吉野式記憶術」でくわしくお話ししています。なお申し添えておきますが、吉野式記憶術は14,8000円と248,000円の2コースから成り立っています。

⇒吉野邦昭さんの「吉野式記憶術」

記憶術は本当に必要?

このように高校入試の勉強に記憶術を使うことのメリットを5つ挙げましたが、記憶術は中学生の頃から身につけておくのが望ましいと思います。

けれどもこのように高校受験に記憶術を使うことのメリットを言いますと、親御さんから

  • 記憶術なんて邪道
  • 子どものときから記憶術を使わせるのは教育上よくない
  • 記憶術という裏技を使うのではなく、読んで覚える正攻法の教育をすべき

といったご意見を聞くときもあります。が、率直にいって古い精神論に陥っていると思います。

そもそも「記憶術」は2500年前に考案されて、弁論をする内容を覚えるために使われていたテクニックです。中世に至っては、宗教上の教義を覚えるために修道士の間で使われていました。

実のところ記憶術はどちらかといえばアカデミックな世界で使われていた「記憶する技術」なんですね。

ですので高校受験もそうですが、中学受験、大学受験において記憶術を使うことは、何らおかしなことではありませんし、恥じることでもなく、むしろ推奨されるテクニックです。

ただし、記憶術はどこまでも「暗記のテクニック」ということだけは、お忘れがないようにしてください。「暗記」を手助けするのが「記憶術」です。「反復」学習を減らすのが「記憶術」です。所詮、「技術」です。

適切な勉強の仕方を行うのは当然ですし、正しい勉強法の上に、記憶術というテクニックを使っていくことが大事ですね。

「記憶術だけやっていれば高校に合格できる」というのは妄想以外の何ものでないことは、一応、念のために申し上げておきます。

記憶術が役に立つ受験生

ではここから記憶術の効果、使い方についてお話ししていきたいと思います。

まず高校受験で記憶術を使おうとする場合、どういった人にふさわしいのでしょうか?一例を挙げてみましょう。

  • 暗記が苦手
  • 何度覚えてもスグに忘れてしまう
  • 効率のよい暗記の仕方がわからない
  • できるだけ短い時間にしっかりと暗記をしたい
  • 覚えたことをスグに思い出せるようになりたい
  • 受験勉強が味気なく面白くない
  • 楽しく受験勉強をしたい
  • 苦しんだり嫌々な気持ちで受験勉強をしたくない
  • 短時間の学習で成績をアップさせたい
  • 入試まで時間が少ない
  • 受験勉強の効率をアップしたい
  • 最短かつ効率よく受験勉強をしたい
  • 塾や家庭教師にお金がかけられない
  • 塾に行っても今ひとつ成績がふるわない
  • 部活が忙しくて受験勉強の時間が足りない
  • 志望校に合格したい
  • 志望校のレベルを上げたい

などなど。こういった人は記憶術を使ってみることがおすすめです。

記憶術はトレーニングが必要

記憶術は、使えるようになるために多少のトレーニングが必要です。まず使い方を知ることです。

記憶術は、頭の中に引き出しを何個も作って、そこに覚えたことをしまっていくやり方です。で、覚えたことを取り出すことがしやすくなります。

記憶術を習得するためには、トレーニング時間として1日15分くらいになるともいわれています。学校の勉強が苦手な方でも1日15分なら続けられそうですよね。

早い方ならわりとスグ。大体10日くらいでできるようになります。遅い方でも1か月で、記憶術の効果を実感することがででくるといいます。覚えることが多くなると、記憶術の効果を実感するようになると思います。

高校受験に向けた記憶術の使い方

記憶術は暗記の技術になりますので、中学生でもやり方がわかると思います。現在では様々な記憶術も出ています。

まず記憶術を使うための「基本技術」があります。それは、

これらの基礎テクニクになります。この5つは、中でも上から3つの「連想力」「連結力」「変換力」は基本中の基本になります。

これらの基礎テクニックが記憶術の全てといっても過言ではありません。

で、これらの基礎テクニックを下地にして、下記のような各種の記憶術があります。

これらの記憶術は、すべて基礎テクニックから発展したワザです。

で、記憶術の王道は「場所法」になります。受験勉強で多くのことを暗記をする際に「場所法」はもっとも役に立ちます。受験勉強では中心となる記憶術です。
記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説

記憶術を活用し、暗記が得意になると、受験勉強の効率だけでなく成績をアップすることができますね。記憶術を使った勉強がおすすめな理由は実はいくつもあったりもします。受験勉強に役立つ記憶術の活用はぜひぜひおすすめいたします。

高校受験の科目毎に記憶術を使うやり方

では高校入試の試験対策として、記憶術をどのように使っていけばよいのかを簡単に述べていきましょう。

その前に、記憶術では「連想力」「結合力」「変換力」が基本になります。まずこれら3つのテクニックを身につけましょう。
連想力【記憶術のやり方基本】~イメージをつなげていく能力連結力【記憶術のやり方基本】~イメージで関連付ける能力変換力【記憶術のやり方基本】~文章・数字・専門用語を覚える

なお記憶術は、自分が使いやすいやり方を必要な科目で使うやり方がおすすめです。各人、使いやすい記憶術もありますのでね。

社会の記憶術勉強法

高校受験入試における記憶術を使った社会の勉強法は、

  • 歴史の年号・・・語呂合わせ、場所法
  • 天皇、将軍などの人名・・・語呂合わせ、場所法
  • 歴史の流れ・・・物語法(ストーリー法)

になります。
歴史は年号や人名をインデックス(索引)として、それに歴史の流れを絡めて覚えていくのがおすすめです。

このやり方は通常の歴史の勉強でも使えます。が、ここで記憶術をフル活用するわけですね。

高校受験の歴史では、記憶術がもっとも活用できる科目にもなります。
語呂合わせ記憶術~誰もが使える暗記方法記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説ストーリー法(物語法)記憶術の3つのやり方と使い方

理科の記憶術勉強法

高校の入試レベルの理科では、暗記が多くなりますね。ですので

  • 理科の用語・・・場所法、語呂合わせ
  • 数式・・・記憶術を使わないで覚える、あるいは連想結合法

となります。
語呂合わせ記憶術~誰もが使える暗記方法記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説連想結合法記憶術~連想で結合する基本テクニック

数式の暗記では、記憶術を使わないで覚えるほうが早いかもしれません。どうしても覚えられない場合は、数式をいったん変換記憶術で置き換えて、そうして連想結合法か場所法で覚えることはできます。
変換法記憶術~変換・分解・置換・外連想の4つのテクニックからなる方法連想結合法記憶術~連想で結合する基本テクニック

しかし数式は、それほど複雑で難しくはありませんので、何度も計算して、体で覚えてしまったほうが早いと思います。

国語の記憶術勉強法

高校入試における国語で記憶術を使う場合は限られてきます。

現代文の読解で記憶術を使うのは、あまり適切ではありません。

国語で記憶術を使う場合は文学史になり、作品と著者名を覚えるときに使うことになります。そのときも、

  • 文学史、作品名、作者を覚える・・・場所法、語呂合わせ、物語法

になります。歴史における活用の仕方と似ていますね。
語呂合わせ記憶術~誰もが使える暗記方法記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説ストーリー法(物語法)記憶術の3つのやり方と使い方

古文の記憶術勉強法

高校受験での古文では、記憶術を使うシーンは多々あります。具体的には、

  • 古語の暗記・・・場所法、語呂合わせ、ペグ法
  • 文学史、作品名、作者を覚える・・・場所法、語呂合わせ、物語法

といった使い方になります。
語呂合わせ記憶術~誰もが使える暗記方法記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説ストーリー法(物語法)記憶術の3つのやり方と使い方ペグ法記憶術(かけくぎ法)~数字や歴史年号の暗記に強い

英語の記憶術勉強法

高校受験の英語で記憶術を使う場合は、

  • 単語、熟語の暗記・・・語呂合わせ、物語法

になります。
ストーリー法(物語法)記憶術の3つのやり方と使い方語呂合わせ記憶術~誰もが使える暗記方法

高校入試レベルでは、単語や熟語ができていれば、ほぼほぼOKです。で、記憶術を使ってまずは単語の意味を覚えてしまい、あとは記憶術を使わなくても単語の意味がわかるくらいになるのが理想的です。

数学の記憶術勉強法

高校入試試験の数学で記憶術を使うシーンは、ほとんどないと思います。

理科における数式と同じで、計算を通して身につけるのがおすすめです。

どうしても数式を覚えることができない場合は、理科のときと同じで、数式をいったん変換記憶術で置き換えて、連想結合法か場所法で覚えるやり方になると思います。
変換法記憶術~変換・分解・置換・外連想の4つのテクニックからなる方法連想結合法記憶術~連想で結合する基本テクニック記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説

記憶術は中学生から学ぶのがおすすめ

このように高校入試の勉強に記憶術を使うことはできます。また記憶術を使うメリットを最初に5つ挙げましたが、記憶術は中学生の頃から身につけておくのが望ましいと思います。

単に覚える効率がよくなるだけでなく、脳トレにもなりますのし、脳の働きが活性します。さらにメンタルもポジティブなヴィゴラス脳になって成功しやすくなります。率直にいってメリットが大きいですね。

ですのでこの記憶するテクニックを、中学生から身につけておくことはおすすめになります。

高校受験を目指している受験生にとって「記憶術」は大変役に立ちます。極端な言い方になりますが「記憶術を使って知識を覚えれば最短&最効率で合格」できるようになります。

なお高校入試レベルの受験対策として、おすすめできる記憶術教材もあります。それは途中で何度か紹介していた「宮口式記憶術」です。この教材に関するレビューはこちらでしています。
「宮口式記憶術」が大学受験・資格試験におすすめの理由~偏差値41からの逆転記憶術

DVDで記憶術の使い方を解説してわかりやすくなっています。元おちこぼれの宮口さんですので、受験生の気持ちに寄り添う姿が印象的な良い教材です。

⇒高校受験に役に立つ「宮口式記憶術」