記憶術の口コミとその真実

記憶術の口コミはいろいろなものがある

記憶術の口コミにはいろいろとありますね。その評価や評判も賛否両論で、長所や短所も様々です。

ここでは、公平を喫するために掲示板やQ&Aサイトなどのコミュニティに書いてあった口コミや評価を、長所と短所に分けて拾い上げてみました。

記憶術のメリットを述べる口コミ・感想

まず記憶術を評価する口コミとしては、

  • 【長所(能力がアップした)】
  • 素早く暗記ができるようになった
  • 一度覚えたことは、ほぼ忘れにくい
  • 短い時間で、多くの量を暗記できるようになった
  • 暗記が苦痛でなくなった
  • 記憶することが楽しくなった
  • 頭がよくなった
  • 頭の回転が速くなった
  • 記憶力がアップした
  • 【恩恵(記憶術による恩恵)】
  • 難関の大学に合格できた
  • 偏差値が40台だったが1年間で60台まで上がった
  • 落ちこぼれからの脱出ができた
  • 資格試験に短期間で合格できた
  • 短時間で学習ができるようになった
  • 一度会った人の名前を忘れることが減った
  • 営業の仕事では大変重宝している(お客さんの名前を覚えているから)
  • 話しの要点を聞きながら整理できるようになった(有能な人物とみなされるようになった)
  • 買い物の際、忘れることがなくなった

主な口コミをピックアップして整理してみましたが、記憶術はこういった長所・メリットがあることが口コミ情報から分かります。傾向としては、

「暗記が短時間で多くできるようになり、なおかつ一度暗記したことは忘れにくい」

「暗記能力が高まったことで、学校の受験、資格試験、仕事、生活、会話などに大変重宝するようになった」

となります。

記憶力が良いということは人生を生きやすくする・成功をもたらす大切な要因と言えます。このことはほぼ事実ですね。

もちろん実際は「運」「徳」といったファクターも絡みますが、記憶力の良さは人生を成功に向かわせる重要な要因になります。

で、口コミからも、記憶術は成功するための重要なツールということがわかります。

記憶術のデメリットを述べる口コミ・感想

記憶術の口コミを見ていくと、良い評判が多そうです。

しかし一方では、悪い評判や評価もあります。それは、

  • 記憶術は使えない、効果が無い、役に立たない
  • ウソ、デタラメ、詐欺
  • 記憶術は短期記憶しかできない
  • 時間やお金のムダ

といった批判的な意見です。
しかしこれらは率直なところ違いますね。本当に記憶術を使った人の意見・感想とは思えません。

批判的な口コミが出てくる6つの理由

そもそも、こういった否定的な口コミ情報というのは、

  1. 記憶術を使いこなせる基礎能力が欠けていた。
  2. 記憶術の効果を秘密にしておいて、ライバルを増やしたくない。
  3. 本当は実際に使っていない。
  4. 実際に使ったが、使い方を誤っていた。
  5. 実際に使ったが、適性の無い記憶術を使っていた。
  6. 記憶術で記憶力そのものが良くなると思っていた

おそらくこの6つのうちいずれかに該当しているか、あるいは複数該当している方の意見と考えられます。

けれども私自身、記憶術を習得し、効果を実感し、実証もしています。ですので記憶術はウソでは無いと言い切れます。本当に役立ちます。自分の体験から断言できます。

なのでネガティブ過ぎる口コミ・評価は違うのではないかと思っています。

もっとも中には、粗悪な記憶術としか思えないものもあります。内容と価格とが見合っていない教材もあるかもしれませんので、そのことについて批判している場合もありますね。

そういうこともありますが、批判的な評価・評判・口コミが出てくる5つの理由について深掘りしてまいります。

記憶術を使う基礎能力が欠けている

記憶術は暗記の技術です。技術(スキル)ですので、人によっては、その習得が苦手になったり、できない方もいるかもしれません。このことは「記憶術を使う基礎能力が足りない」ということになります。

で、そういう方が「記憶術はダメだ」「効果が無い」「詐欺だ」という見解を抱くようになる場合があります。

ちなみに記憶術のスキルがなかなか身につかない場合は、記憶術の基本テクニックをまず身につけることが大事になります。このことは改めて後述いたします。
【参考】記憶術の原理・基本テクニック

記憶術の効果を秘密にしておきたい

あと記憶術への悪い口コミの中には、記憶術の効果を秘匿したいために、あえて評判の悪い口コミをを流布しているのもあるんじゃないかと感じています。

穿(うが)った見方になりますが、逆にいえば「それだけ効果がある」ということになります。

率直なところ記憶術が役に立たないというのは考えにくいんですね。

記憶術の基礎から習得していけば、ほとんどの人が身につけることができると思います。

本当は記憶術を使っていない

あと意外と多いのが「記憶術を実際に使わないでディすっている」ケースです。

「覚えやすくする技術なんかあるわけない」といった、一見すると常識的な見解なのですが、実は典型的な「固定概念」に染まり、その固定概念から、実際に自分で試していないにも関わらず「記憶術なんか嘘だ、詐欺だ」と言ってしまっているケースです。

こうしたケースは、何も記憶術に限らず、他のことでもありますよね。ありがちです。

「起業なんか危ないから止めな、できないから止めな」という、親切かのように見えて、単にありがちな一般的な通念や固定概念で意見を言ってしまっているケースです。これと同じです。

目新しいこと、世の中の常識とは違うことに対してディスるのは、人間の防衛本能の表れでもありますが、記憶術に関していえば、実際に使ってみれば効果があることはわかるはずです。

記憶術を使ったが使い方を誤っていた

記憶術を否定する意見の中には、実際に記憶術を使ったものの、実は「使い方を誤っていた」というケースもあります。

これはどういうことかといえば、たとえば「語呂合わせ」。「語呂合わせ」は手っ取り早い記憶術なのですが、「語呂合わせ」で教科書を丸暗記しようとするとまず失敗します。

というかできません^^;
「語呂合わせ」は円周率のように「数字の暗記」には強いのですが、体系的な暗記には不向きな記憶術です。
語呂合わせ記憶術~誰もが使える暗記方法

ちなみに体系的な暗記とは、知識同士に関係性がある暗記のことをいいますが、この手の記憶には「ユダヤ式」「場所法」が向いています。
ユダヤ式記憶術のレビュー・効果・ネタバレ~実際に購入したから言えること記憶術・場所法のやり方を図でわかりやすく解説

記憶術には、それぞれ得意とするジャンル、不得意とするジャンルがあります。このことを知りませんと、「記憶術を使ったのに効果が感じられない」といった批判となってしまいます。

記憶術を使ったが適性の無い記憶術を使っていた

あと記憶術を批判する理由に、「記憶術を使ったが適性の無い記憶術を使っていた」といのもあります。

これはどういうことかといえば、実のところ記憶術には
・イメージ型記憶術
・非イメージ型記憶術
の2系統があります。

で、それぞれ性格が違います。
どう違うのかは、こちらの記事に書いてありますので、ご覧になっていただければと思います。
記憶術は使えないのか?~記憶術への適性チェックあなたに合ったおすすめの記憶術

が、一言でいいますと、
・右脳優勢タイプ・・・イメージ型記憶術が合っている
・左脳優勢タイプ・・・非イメージ型記憶術が合っている
ということになります。

このことは大事なことなのですが、意外と知られていません。記憶術をディスる前に、まず自分に合った記憶術を使うことから始めるのがおすすめになります。

記憶術で記憶力そのものが良くなると勘違いしていた

あと記憶術を批判する理由で意外とありそうなのが、「記憶術で記憶力そのものが良くなると思っていた」というのがあります。

これは誤解・勘違いなのですが、結構あるかもしれません。

そもそも「記憶術」は「術」なんですね。奇術や忍術の通りで、技(わざ)です。技術です。記憶術は、暗記をわりと楽にできるようになる記憶のテクニックなんですね。

テクニックですので、記憶する能力そのものは変わりません。

記憶力そのものは変わらないのですが、記憶術という技(テクニック)を使うと「物覚えがよくなる」という効果が出てきます。

けれども、くどいようですが記憶する脳力そのものは変わらないんですね。ここの意味がおわかりでしょうか?

ここを誤解したり、理解が不十分ですと、「記憶術は効果がない」「役に立たない」「使えない」「詐欺だ」「怪しい」という否定的な感想のオンパレードになります。

記憶術への批判の中には正しい批判もある

ところで「記憶術は役に立たない・使えない・効果がない」といった否定的な口コミの中に、実際に記憶術を使用した上での否定的な意見や感想もあります。たとえば

  • 宣伝の通りには暗記できなかった
  • 偏差値が急上昇しなかった
  • 人によって記憶術を習得できない場合もある
  • 記憶術は面倒な方法(事前の準備が必要)
  • 暗記できるようになるまでに意外と時間がかかる
  • 教材と費用が釣り合っていない(高い)

こういった口コミですね。たまに見かけます。

実はこういった感想や意見は「正しい」んですね。これらの口コミは真実なものもあります。

しかし実は「個人差」によるのが原因です。

記憶術に効果が無いのではなく、記憶術を使いこなせるかどうかの個人差が出てくるということになります。

記憶術を使いこなせるかそうかの「適性」「資質」という言い方もできます。

なんども言っていますが、記憶術は暗記を得意にする記憶の技術です。技術なんですね。

記憶術の値段への批判

あと記憶術の費用(値段)への批判もありますが、値段に関していえば、そもそも教育にはお金がかかりますからね。

高校生の家庭教師では1時間あたり5,000円~8,500円が相場ともいいます。

大手予備校の授業料でも年間60万円~100万円はかかります。

記憶術の教材は1万5千円前後から20万円~30万円の高額講座までありますが、特別な技術・知識・ノウハウを教わる場合は、割高になっても一般的な通念に沿っても妥当じゃないかと思います。

記憶術の教材には1万5千円~2万5千円という値段の教材もあります。が、この値段はむしろ良心的でないかとも思います。

この辺りは意見の分かれるところですが、記憶術の教材が1万円を超えても、それは適切な価格になるのではないかと思います。

記憶術の習得に適性・資質も必要

ところで記憶術を学ぶ際に「適性」や「資質」があるのは事実です。

記憶術も暗記の技術です。暗記のテクニックを覚えるにあたって「適性」や「資質」は重要になってきます。

記憶術の使い方の上手下手が出てきたり、中には使えないといった「個人差」が出てくるのは当たり前だったりします。

しかしながらトレーニングによって、大概、ほとんどの人は使えるようになると思います。

このことはスポーツも同じです。
スポーツを含めて技術というものは、全て本人の資質や才能によって習得の違いに差が出てきます。早く身に付ける人もいれば、時間をかけて習得する人もいます。

素養的に記憶術を取得しにくい人もいます。
こうした記憶術の素質や適性は、こちらのチェックテストで分かります。

記憶術の本当の話しをすれば、才能や資質も必要です。ハッキリ言ってしまいますと、そういうことになります。

これが記憶術の真実でもあります。けれども何度も練習することで身につけることも可能です。

記憶術は下準備が必要

あと記憶術は、使用するにあたって「事前準備」が必要なものもあります。暗記するために用意する下準備が必要なんですね。

この準備に時間がかかったり、手間がかかって「面倒」と感じる人もいます。しかしこの準備は「慣れ」の部分もあります。

もっともこうした下準備の作業は、記憶術以外にも役に立ちます。暗記事項の整理や、試験前の暗記集として活用することもできるんですね。

ですので記憶術を使うための下準備作業は決して無駄にはなりません。

けれどもグウタラで何もヤル気の無い人は、記憶術を使っても効果は出てこないでしょう。

もっともこういった方は何をやっても期待できる効果は得られないと思います。

くどいようですが、記憶術は効果は確かにあります。しかし人によって差が出てくるということですね。このことは重要なことになります。

おすすめの現代式記憶術

しかし現代では、ヒネリが加えられた記憶術もあります。しかも大学受験などの受験や資格試験に特化した記憶術です。それが「ユダヤ式記憶術」です。

ユダヤ式記憶術のレビュー・効果・ネタバレ~実際に購入したから言えること

ユダヤ式は、あっと驚く記憶術です。大変、画期的です。しかも試験に合格するための「総合戦略マニュアル」にもなっています。

ユダヤ式記憶術だけを使うのではなく、語呂合わせ、ペグ法、場所法などを適宜使い分けて、試験合格にフォーカスした「記憶術を使った勉強マニュアル」となっている点も特徴です。

あと記憶術を使いこなせるための「資質や能力開発」も踏まえたプログラムもあります。それが

⇒東大記憶法

です。こちらは大学受験に特化された高校生や浪人生向けとなっていますが、社会人でも参考になるところがあります。

記憶力そのものを高めるなど、記憶術を使いこなせるための配慮がされているのが特徴です。

ですので、記憶術に自信の無い方や、記憶術を著書を読んだり独学しても、いまひとつと感じている方は、こうした通信講座を利用するのがおすすめになります。

「値段が高いなあ」と思うかもしれませんが役に立ちます。

社会人になってからも役に立ちますので、記憶術は中学生くらいから身につけたほうがいいと思うくらいです。

ネット上などの口コミにあまり惑わされないで、記憶術の習得に励むことは良いことですね。

もしも習得ができれば一生使うことができますし、恩恵を感じるようにもなると思います。

⇒記憶術の教材(現代記憶術)