高校受験に記憶術は役立つ

高校受験を目指す受験生にとって、それぞれの科目における膨大な量の内容を全て記憶することは非常に難しいことになります。

 

英単語や漢字だけでも何千何万とありますからね。その上、歴史の年号、地理、特産品の種類や統計データ、古文、生物等々、暗記すべき項目の総計はもの凄い量となります。

 

中学・高校・大学の受験のいずれもが、膨大な暗記事項があるというのが受験勉強の大半になるといっても言い過ぎではありませんね。

 

で、この「膨大な暗記」で力を発揮するのが「記憶術」です。もちろん、教科書や参考書の要点を拾い上げて、それを反復学習によって憶える方法も有効です。

 

しかしながら記憶術の場合は、1回憶えれば長期的な暗記・記憶が可能になるのが特徴です。何故、長期記憶が可能かといえば、それこそが記憶術である所以なわけですね。

 

記憶術に関する詳しいことは、このサイトでも書いていますので、ご覧になってください。

記憶術を使う基本テクニック

記憶術の種類

 

記憶術が役に立つ受験生

受験に役立つのが記憶術になります。ところで、高校受験における記憶術では、どういった人にふさわしいのでしょうか?一例を挙げてみますと、

  • 暗記が苦手
  • 暗記力をアップしたい
  • 暗記の仕方がわからない
  • 大量に暗記したい
  • 憶えたことをスグに思い出せるようになりたい
  • 受験勉強が味気なく面白くない
  • 楽しく受験勉強をしたい
  • 苦しんだり嫌々な気持ちで受験勉強をしたくない
  • 短時間の学習で成績をアップさせたい
  • 受験まで時間が少ない
  • 受験勉強の効率をアップしたい
  • 最短かつ効率よく受験勉強をしたい
  • 塾や家庭教師にお金がかけられない
  • 塾に行っても今ひとつ成績がふるわない
  • 部活が忙しくて受験勉強の時間が足りない
  • 志望校に合格したい
  • 志望校のレベルを上げたい

こういった方には、記憶術はおすすめです。

ゲーム感覚でできる「新・ジニアス式記憶術」

 

暗記モノは記憶術が最適

高校の受験においても「記憶術」の利用は役立ちます。高校受験に記憶術は最適ですね。といいますか高校受験における暗記モノは、比較的、シンプルですので「記憶術向け」といえます。

 

高校受験では、記憶術を利用した受験勉強がおすすめです。事実、大変効率がよく効果的な学習や勉強が可能となっています。

 

受験に特化された記憶術の方法はいくつかあります。が、現在の記憶術の原型は渡辺式記憶術となっています。ワタナベ式は近代記憶術の元祖であり、提唱者の渡辺剛彰市ご自身が記憶術を使って東京大学に合格したくらいです。ワタナベ式の記憶術は受験に役立ちます。

 

歴史の年号の暗記に最適な記憶術

現在ではワタナベ式を発展させた記憶術も多くなっています。といいますか、記憶術のほとんどは、ワタナベ式を下地にしています。で、さすがに元祖・記憶術だけあって高校受験レベルであるならば、世界史や日本史の歴史表は数日で覚えることも可能になっています。

 

ただし、人によっての個体差は出てくるとは思います。しかし、歴史の年号や年表に関しては、まさに記憶術が力を発揮する最も得意分野の一つといえますね。

 

記憶術は、英単語や熟語であっても1時間で50個以上、元素記号も1日で覚えることも出来るでしょう。まさに受験向けの記憶術といってもいいですね。

 

1日15分で受験対策もできる記憶術

記憶術の使い方には、多少の練習やトレーニングも必要です。

 

しかし、一度、使えるようになると、高校受験レベルの暗記物であるならば、比較的、簡単に覚えられるでしょうし、憶えたこともすぐに思い出すこともできるようになります。

 

記憶術は、頭の中に引き出しを何個も作って、そこに覚えたことをしまっていくやり方です。きっかけさえつかめば、すぐに憶えたことを取り出すことも可能です。

 

記憶術を習得するためには、トレーニング時間として1日15分くらいになるともいわれています。学校の勉強が苦手な方でも1日15分なら続けられそうですよね。

 

早い方なら10日くらいで、遅い方でも1か月で、記憶術で効果を実感することができるといいます。覚えることが多ければ多いほど、記憶術の効果は実感されてくるのではないかと思います。

 

記憶術の具体的な方法とは?

記憶術は、暗記の技術になりますので、中学生でもやり方はわかると思います。現在では、様々な記憶術も出ています。

 

歴史の暗記に特化した記憶術もあります。

歴史の記憶術

 

ちなみに、記憶術の主なテクニック(方法)には、

このような技術があります。

 

また、記憶術を使うための基本技術があります。
それが、

になります。
これらの記憶する技術を使っていくのが記憶術になります。

 

記憶術のキモは「場所法」になります。受験勉強で大量の暗記をする際に、「場所法」は威力を発揮することでしょう。受験対策には記憶術は役立ちます。

 

記憶術を活用し、暗記を得意とすることで、受験勉強の効率をアップさせることもできます。記憶術を使った勉強がおすすめになります。受験勉強に役立つ記憶術の活用をおすすめいたします。

 

◎受験に強いおすすめ記憶術