記憶術を受験勉強に活用

高校受験には記憶術を

高校受験を目指す受験生にとって科目の膨大な量の内容を全て記憶することは非常に難しいことになります。英単語や漢字だけでも何千何万とあるのです。その上、歴史の年号、地理、特産品の種類や統計データ、古文、生物等々、暗記すべき項目の総計はもの凄い量があります。

 

ですので中学・高校・大学の受験のいずれもが、膨大な暗記事項が受験勉強の大半になると言っても言い過ぎではありません。

 

そこで「記憶術」の利用になるわけですが、受験に記憶術は最適です。といいますか記憶術を利用した受験勉強がおすすめであり、実際、大変効率がよく効果的な学習や勉強が可能になります。

 

受験に特化された記憶術の方法はいくつかあります。中でも渡辺式記憶術は元祖であり受験に役立ちます。ただし現在ではワタナベ式を発展させた記憶術もあって、最新式のほうが実際はおすすめになります。

 

とは言ってもさすがに元祖だけあって世界史や日本史の歴史表を何と1日で覚えることが可能と言われています。年号や年表に関しても瞬時に覚えることが出来るのです。

 

渡辺剛彰さんの方法なら、英単語や熟語であれば1時間で50個以上、元素記号なんかも1日で覚えることが出来るのです。まさに受験向けの記憶術といっても良いでしょう。しかも簡単に覚えられる上にすぐに思い出すことも出来ます。

 

渡辺式記憶術では頭の中に引き出しを何個も作ってそこに覚えたことをしまっていくのできっかけさえ掴めばすぐに取り出すことが可能となるのです。

 

1日15分で受験対策もできる記憶術

渡辺式記憶術は現在では下記の方法に進化しています。

実は渡辺式記憶術は日本の元祖ではありますがやや古くなっているといいますか古典的な方法にもなってきています。

 

現代に適した説明の仕方、言葉、観念の使い方があります。さすがに渡辺式はやや古い印象はぬぐえず、そのため若い人には違和感を憶える方も少なくありません。

 

ですので現代では下記の吉永式、藤本式、ジニアス式、宮口式などがおすすめになるでしょう。これらは渡辺式を進化したもので、なおかつ記憶術では最も効果の高い「場所法」も採用していますので、受験勉強で大量の暗記をする際には最適な記憶術となっています。

 

ちなみに気になる勉強時間ですが1日わずかに15分でよいということです。学校の勉強が苦手な方でも1日15分なら続けられそうですよね。

 

早い方なら10日で遅い方でも1か月でこの系統の記憶術で効果を実感することができます。覚えることが多ければ多いほどその効果は絶大なものとなるのです。

 

日本の記憶術の元祖・渡辺式の改良型ともいえる方法を暗記能力と効率をアップさせるやり方が最近はおすすめですが、ぜひ受験勉強に強いワタナベ式系列の記憶術を活用されてみてください。

 

◎受験に強い ワタナベ式と同じイメージ型のおすすめ記憶術