記憶術の歴史

ファイネーグに続く記憶術専門家の登場

ファイネーグがフランスやイギリスで記憶術講座を開き、ヨーロッパの各地を旅行しながら記憶術を教えたため、19世紀には記憶術が欧米で大流行します。

 

またファイネーグの後には、続々と同じような記憶術専門家が現れます。

 

たとえば1840年のロンドンには、18の言語を話せたというポーランド人のベニウィスキィ(Beniowsky)が記憶術の専門家として登場します。この記憶術もファイネーグの方法と同じです。

 

またアメリカでは、1845年にフランシス・フォーベル・グーロー(1808〜1847)が「記憶技術の精神」という本を著し、アメリカで記憶術を広めます。

 

フランシス・フォーベル・グーローは記憶術で大変な記憶が可能であることを、ニューヨークにおいて多くの人の前での公開実験を行い、数千もの記憶が可能であることを証明しました。フランシス・フォーベル・グーローの方法はアーネスト・ウッドが引き続き、研究もされました。

 

またコペンハーゲン大学で研究をしていたカール・オットー・レーベントロー(Karl Otto Reventlow)もアメリカで活躍した当時の記憶術専門家でした。彼は、「アメリカの記憶技術精神」という本を書き著します。

 

ベン・プリデモア(Ben Pridmore)は、こうしたファイネーグ系の変換式記憶術をさらに改良し、バリエーションの多い記憶術としました。

 

世界中に広まる記憶術

19世紀には、他にも数多くの記憶術専門家が登場します。
たとえば、

 

1845年、ウィリアム・デイ(William Day)
1852年、ヘルマン・コーセ(Hermann Kothe)
1866年、リヨン・ウィリアムズ
1866年、T・マクラーレン
1867年、トーマス・A・セイヤー
1869年、牧師アレクサンダーマッケイ
1870年、ジョージ・クラウザー
1880年、F・アップルビー
1885年、ヒューゴ・ウェイバー(Hugo Weber)
1890年、エドワード・ピッグ博士(Edward Pick)
1890年、フェアチャイルド(Fairchild)、ストークス(W.Stokes)、JHベーコン(JH.Bacon)
1896年、スミス・ワトソン

 

こうした学識のある知識人らが記憶術の本を次々に出版します。
19世紀に入ってから記憶術は、専門家講師らの手によって宣伝もされ、世界中に広まっていきます。

 

記憶術はギリシアで発明され、後にローマ時代はイタリアで弁論術として広まります。
その後中世からはスコラ哲学で活かされて、ルネサンスの時代には隠秘哲学となったものの、15世紀にペトゥルスが成功術として公開してからは17世紀にはドイツでも広まり、18世紀にはフランス、イギリスで公開され、そしてアメリカと伝播し、世界中に広まっていきます。

 

日本でも19世紀の明治時代、記憶術が大ブームになります。
明治12年(1879年)〜明治40年(1907年)の間、特に明治20年代(1887年以降)だけでも、記憶術本が16冊ほど多くが出版され一大ブームを巻き起こします。19世紀どヨーロッパやアメリカでも記憶術本が数多く出版されていた時代です。

 

現代の記憶術も、19世紀に普及した記憶術を元にしているところがあります。
しかし現代の記憶術は、19世紀当時の方法とは少し違っているところもあります。
記憶術は、進化し改良された現代の記憶術のほうがおすすめだったりします。

 

 

19世紀の記憶術が洗練されたる現代の記憶術