記憶術の歴史

和田守菊次郎の記憶術

和田守菊次郎は明治28年(1895年)に「和田守記憶法」という記憶術の本を出版します。
彼は代言人(現在の弁護士)でしたが、記憶術の本を出版します。

 

和田守記憶法は、ファイネーグらの欧米の記憶術に似ています。
といいますか、当時は記憶術が大ブームであり、欧米の本を翻訳し、それを各自の「オリジナルの記憶術」と称して本を出していた時代です。和田守菊次郎も、そうしたところがあったのでしょう。

 

日本では、和田守菊次郎が「和田守記憶法」の本を出す16年前に、つまり明治12年(1879年)に、日本で初めての記憶術本が出版されます。その後、日本では数多くの記憶術本が出版され、「和田守記憶法」も、そうした記憶術ブームの中で発刊された書になります。しかし当時出版されていた記憶術本は、かなりいい加減なものも多く、記憶術とは言えないものが多く出ていました。

 

しかし和田守記憶法は、そういったいい加減なものとは違い、本格的な記憶術に入れることができるものでした。そうはいっても、当時は記憶術ブームの下地があったため、和田守菊次郎の記憶法も受け入れられたと考えられます。

 

和田守菊次郎の記憶術は、当時の記憶術ブームの最後に出てきたアンカー的な「記憶術大全」としてのノウハウ書とも言えます。実際、和田守記憶法は、当時としては大著の記憶術本で総ページ数が440ページになり、しかも数多くの記憶術テクニックが掲載されていました。

 

和田守記憶法は、

 

帳簿法
連環法
作文法

 

とういう3つの方法が基本となっています。
これらは名称こそ違っても、「イメージ」と「場」を利用した古典的記憶術のテクニックになります。
ですが、まだ発展途上的なテクニックとなっていて、現代の記憶術のほうが技術的には優れています。

 

また上記の基本技術のほかに

 

数字記憶法
外国語記憶法
演説記憶法
詩歌記憶法
姓名記憶法
地理学記憶法
歴史学記憶法
法津学記憶法

 

などがあります。
しかしこれらの方法は、全て基本的な記憶術のスキルを、それぞれの分野に活用したものになります。

 

日本で初めて記憶術をビジネス化した和田守菊次郎

和田守記憶法は、当時、かなりの反響を呼んだようです。
明治12年からの記憶術ブームという下地と、大著であり中身が濃いこともあってか、当時の政界、財界人らも彼の記憶術の推薦を寄せています。たとえば、経済界の重鎮の渋沢栄一、学習院大学院長の近衛篤磨、講道館の創始者の嘉納治五郎といった蒼々たる面々が推薦し、続いて、理学博士、医学博士らが謝辞を添えています。

 

こうした蒼々たる人が推薦・謝辞をしたのも、実は明治12年から出版された記憶術本の多くが眉唾的なものが多かった割りには、和田守記憶法は、未熟な記憶術の部分があったとしても、欧米の記憶術の手法を取り入れたしっかりした大著となっていたからでしょう。彼の宣伝の巧さもあったでしょうが、書籍自体はまずますなものだったことも推薦や謝辞を取り付けたのではないでしょうか。

 

けれども彼は本を出版する際、パフォーマンス性の高い宣伝をしています。
当時の万朝報という新聞紙上で「和田守氏の大発明」という宣伝を打って、帝国ホテルで大々的な記者会見と記憶術のパフォーマンスを行います。

 

しかしこうした宣伝などは派手さは違っても、ペトゥルスファイネーグも行っていました。
彼らも大道芸のように記憶術のパフォーマンスを行い、記憶術の効能を宣伝しました。
和田守菊次郎はかなり派手な演出と、高額な講座を開講します。

 

和田守のパフォーマンスは大変な反響を呼び、新聞には質問等が殺到したといいます。
この反響を受けて、和田守菊次郎は、「日本記憶学院」を創立します。

 

入会費は2円で、現在の価格に換算すれば4万円になる学院でした。
ちなみに、2円という金額は、当時の東京大学の学費1ケ月分です。
しかし一回の質問の手紙に対して25銭(現在の価格で5千円)を取るなど、トタールの費用でいえば、かなり高額になる記憶術学院でした。
けれども日本記憶学院の会員は5万人くらいにまで増えたようです。

 

こうした和田守菊次郎に対して、当時の風刺家である宮武外骨は痛烈に批判をしています。宮武特有の揚げ足を取る批判もあるにせよ、高額な費用を取るビジネス色が強かったこと、彼自身に禁固歴があったことも関係でしていたのでしょう。

 

記憶術は確かに効果のある方法であり、また和田守菊次郎は明治期における記憶術ブームでも代表的な人物でありますが、彼の記憶術は未完成といいますか、現代記憶術から見れば稚拙なところがあったことは否定できません。

◎おすすめの記憶術
 1.ユダヤ式記憶術
 2.東大記憶法