場所法の「記憶の宮殿」が足りないときの増やし方

場所法での「記憶の宮殿」が足りない

場所法を使っていて「記憶の宮殿が足りない!」と思うときは結構あります。

そもそも場所法は「記憶の宮殿」があってこそ暗記ができる記憶術です。

覚えることが増えるに従って「記憶の宮殿」も増やしていく必要があります。場所法を使っているならば「記憶の宮殿」を量産していくことは宿命です。

これは場所法が持っている宿命ですね。

記憶の宮殿の増やし方

場所法では肝心要の「記憶の宮殿」が足りなくなることは死活問題です。なぜなら場所法を使うことができなくなるからですね。

そこで「記憶の宮殿」の増やし方です。

一言でいってしまうと泥臭いのですが、「記憶の宮殿」を作り続けることになります。

「記憶の宮殿」の作るアイディアはいくつかあります。が、一番簡単なのは「とにかく外へ出てお店などの建物へ行く」です。

建物を多く見てまわる。で、その建物を「記憶の宮殿」に使う。これに尽きます^^

ただし「記憶の宮殿」の素材にふさわしい建物があります。それについて、この記事では書いてまいります。

記憶の宮殿の建物にショッピングセンターを使う

「記憶の宮殿」におすすめなのは、「ショッピングセンター」を使うやり方です。

「ショッピングセンター」は全国にあります。郊外にわりとありますね。たとえば、
・イオンモール
・イオンタウン
・ららぽーと
・コストコ
・アリオ
など有名です。

で、ショッピングセンターは巨大です。
一日で全てを巡るのも大変なくらい。
多くの店舗がひしきめきあっています。

で、このことは逆に豊富な「記憶の宮殿」の素材があるってことになります。

豊富な素材。
それがショッピングセンターなんですね。

「記憶の宮殿」作りに「ショッピングセンター」を活用することはおすすめです!私も実際に使っています。

ショッピングセンターでの注意

ただしショッピングセンターでは注意が要ります。

それはショッピングセンターによっては撮影が禁止されているお店もあるということです。撮影禁止なお店をスマホで撮影して、後でトラブったりしては厄介です。

行く先のショッピングセンターでは、撮影禁止になっているかいないかのチェックは欠かせません。

で、写真撮影できないショッピングセンターでは、スケッチ(メモ書き)するのがおすすめです。

記憶の宮殿を手書きで描く

スケッチやメモ書きはアナログのやり方ですが、実は建物の中をしっかりと覚えることができる作業です。

写真は便利なのですが、後になってから「はて?ここに、こういうのがあったっけ?」と思ったりして、リアリティが乏しくなることが多々あります。あまりハッキリと覚えていないこともあるんですね。

そもそもリアリティの無い建物を「記憶の宮殿」に使う場合は、鮮明な記憶に修正・加工する必要もあります。

実のところ、リアルさの無い写真は、想像の産物とそう変わりがありません。

場所法の「記憶の宮殿」に使うならば、リアリティが感じられる部屋(お店)のほうがいいんですね。記憶に焼き付けるためにもスケッチやメモが、実はおすすめです。

各階のフロアーにあるベンチに腰掛けて、お店のレイアウトを描いて、じっくりと記憶の宮殿作りに励むのもいいですね。

ショッピングセンターに行くこと自体が気分転換にもなります。気持ちを切り替える目的も兼ねて、「記憶の宮殿」作りにショッピングセンターへ行くのもいいですね。

記憶の宮殿となる建物探しは難しい?

しかし、こう書きますと

  • そんなのわかっている(でも遠くて行けない。だから困っているんだ)
  • ほとんど似たような店内ばかりで使えない
  • 建物の中はゴチャゴチャして使う気になれない

と思う方もいるかもしれません。なので「記憶の宮殿作りは難しい」「素材となる建物を探すのも大変」と。

が、それでも基本は建物(部屋)を使うのがおすすめなんですね^^ しかも便利です。

ショッピングセンター内のお店は、フロア内のスペースで画一的に間取りをしているため、外側から見ると、似たようにも見えます。

ところが店内は、違うんですね。それぞれ個性があります。内装は違いますし、扱っている商品も違います。

よくよく見ると、いろんなお店がありますので、「記憶の宮殿」作りの素材になります。

なお「記憶の宮殿の作り方」の基本は、こちらで解説しています。よろしければお読みになってください。
記憶の宮殿の作り方~5種類の方法を解説

「記憶の宮殿」の使い回しはどうなの?

そうはいってもやはり「記憶の宮殿」を新しく作り続けていくことは大変です。

今まで言ってきたことと矛盾するようですが、ネタ切れになることも少なくありません。

それじゃあ「記憶の宮殿」を使い回したらどうなの?と思うかもしれません。

でも残念なことに「記憶の宮殿」の使い回しは基本的におすすめできません。いえ、できるんですが使い回しや止めたほうがいいですね。

なぜなら混乱するからです。

初めに覚えたことと、後になって覚えたことがイメージの中でダブってしまって、記憶に混乱を引き起こすことが出てきます。

これでは記憶術の意味が無くなります。

ですので「記憶の宮殿」が足りなくなれば、新たに作ることをおすすめします。てか、作らないとなりませんね。

「どうしても記憶の宮殿を使い回ししたい」という方には、こちらに裏技を書きましたので、ご覧になってください。

記憶の宮殿の使い回しはできますが、イメージング能力に長けた人向けになると思います。
場所法「記憶の宮殿」使い回しテクニック

記憶の宮殿を作らず1個で済む記憶術

「記憶の宮殿」作りは大変です。

記憶の宮殿を作るアイディアや工夫は、あるにはあります。しかし、やはり大変です。

ところが「記憶の宮殿」作りをしなくてもよい記憶術があります。なんと「記憶の宮殿」を量産しない記憶術があります。

その記憶術が「ユダヤ式記憶術」です。

「ユダヤ式記憶術」は、場所法とは違って、覚えることが増えても「記憶の宮殿」を新しく作る必要のない記憶術です。

「生命の樹」という一つの図式をテンプレートとして使っていく全く新しいコンセプトに基づく記憶術です。いわば「記憶の宮殿」を1個しか使わない記憶術です。

え?そんなことができるの?と思うかもしれません。が、実際にできます。

場所法のやり方とは根本的に異なります。
まったく別の系統の記憶術になります。

「ユダヤ式記憶術」は、場所法と違うシステムで作られている記憶術です。

こちらにレビュー記事を書いていますので、興味のある方はお読みになってみてください。特典としてこの記事でも書いていない「記憶の宮殿の作り方」マニュアルや「進化した場所法」マニュアルを付けています。
ユダヤ式記憶術を徹底解説【レビュー・ネタバレ】~実際に購入したから言えること

「ユダヤ式」は最も新しく、そして記憶の定着がよく、正確に思い出すことができる全く新しい記憶術です。

⇒ユダヤ式記憶術公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。