記憶術を活かす

記憶術を使うと頭が良くなるという驚きの報告

「記憶術を使うと頭が良くなる」、

こんな話しを聞いたことがあるでしょうか。

 

そもそも「記憶術を使って頭が良くなるなんてあり得ない」と思うでしょう。
普通は、そう思いますね。
私でさえ、長年、そう思っていました。
なぜなら、記憶術は「記憶するための技術」だからです。
「いくら記憶の技術を学んでも、頭そのものが良くなるとは考えにくい」
私も長い間、そう思っていました。

 

しかし驚くべき研究結果がここにあります。記憶術に優れた人の脳

 

こちらの記事を読みますと、「Nature Neuroscience」という脳神経科学の研究に関する情報雑誌に、World Memory Championships(世界記憶力選手権)に参加した選手の脳MRIで検査したところ、脳か活性化している(頭が良くなっている)という意外な結果が得られとあります。

 

ちなみに世界記憶力選手権(World Memory Championships)とは、マインドマップでお馴染みのトニー ・ブザンとチェスマスターのレイモンド・キーンが1991年から始めている「世界で最も記憶力を優れた人を選ぶ」コンテンストです。

 

強者揃いの記憶力ホルダーが、この世界大会に出場しています。
ですが、実はこの世界記憶力選手権(World Memory Championships)に出場したり優勝している方々は、全員「記憶術」を使っています。

 

実は、記憶力に卓越した人というのは、ほとんどが記憶術を使用しています。
いわば、世界記憶力選手権(World Memory Championships)とは、記憶術選手権なんですね。

 

この記憶術の達人達が、記憶力を競い合っているということです。
そして、「Nature Neuroscience」で研究されたこととは、記憶術選手権に出場している選手の「脳を調べた」ということです。

 

そうしたところ、驚くべき結果が得られたといのです。
それは、脳の部位が活性化し、頭の良い状態になっているということだったといいます。

 

記憶術の使用で記憶の中枢の海馬が発達する

記憶術を使用することで活性化する脳の部位とは、

 

右の小脳

・左上中側頭回
・両側後部板状皮質
・右海馬後部
・右帯状皮質
・左紡錘状皮質
・左下前頭溝後部

 

といいます。
専門用語のため分かりにくいかもしれませんが、要するに
・分析思考を司る「新皮質」
・記憶を司る「海馬」
・運動機能を司る「小脳」
といった、脳機能でも重要な部位が活性化するということです。
これは記憶術を使用する際の「空間記憶」が、頭脳を活性化しているあらわれとしています。

 

中でも記憶術に長けた人の「海馬」が活性化していることは注目に値します。
実際、記憶力のトレーニングで、海馬が活性化し、頭がよくなるという報告があります。
記憶訓練は海馬を大きくする
こちらの記事では、タクシー運転手の事例を挙げて、記憶トレーニングをした人の海馬が大きくなっていることを報告しています。

 

記憶術は単なる技術ではなく、長い間使い習練することで、海馬が活性化し、記憶力そのものも良くなるということでしょう。記憶術によって頭脳そのものが良くなる可能性があるということです。
確かに、記憶術は「頭のトレーニング」としての側面があります。
一種のパズルですね。
痴呆防止にパズルが良いといいますが、記憶術を使うことで痴呆を防止できる可能性も考えられます。

 

記憶術を使い続けると頭がよくなる可能性が高いですね。
そういう意味からも記憶術を使ってみませんか。

◎おすすめの記憶術
 1.ユダヤ式記憶術
 2.東大記憶法