評判の宮口式記憶術

「宮口式記憶術」というノウハウがあります。

 

宮口式の記憶術は昔から話題になっています。著者の宮口公寿さんは記憶術で東大と東大の大学院へ合格し人生に成功した実績の持ち主です。

 

論より証拠です。本当に、記憶術によって、難関大学の東大に合格し、大学院まで合格し、首席で卒業も果たしています。まさに記憶術で成功を勝ち得た体現者です。

 

しかしながら、そんな宮口公寿さんは高校1年の11月の時点では偏差値が41しかなかったというから驚きです。しかし、記憶力の活用と、記憶の定着率を7倍以上にあげる方法を実践してからは、ぐんぐんと成績がアップし、東大とその大学院に主席で合格するまでになったのです。

 

記憶術で成績がアップした体験者は、記憶術の開祖とも言える渡辺剛彰氏もそうですね。本人達が実際に経験したとあればかなり信頼のおける方法です。

 

実際に、記憶術を利用して合格へと導かれた方が何万人もいらっしゃいます。宮口式記憶術も渡辺剛彰氏のやり方を踏襲しています。しかし宮口公寿さんならではの工夫があります。それがこの記憶術ノウハウにもなっています。

 

宮口式記憶術

 

 

記憶力が悪かった学生時代

著者の宮口公寿さんは、生まれながらに記憶力が良かったのかといえば、そうではなかったようです。高校時代は偏差値が41と言われていましたが、これは勉強をしなかったからではなく、本当に暗記が苦手で、憶えることができなかったからだといいます。

 

失礼ながら、正真正銘の「落ちこぼれ」の生徒だったようです。しかし、それが記憶術を使えるようになってから、東京大学と東京大学の大学院という最高レベルの大学を首席で卒業もしたというから驚きです。

 

合格するための私の記憶術の歴史を話します

 

こちらの動画でおっしゃっていますが、宮口さんは、学生時代は、暗記が苦手で、なかなか憶えることができなかったと述懐していますね。900人の生徒の中で、850番目という、「落ちこぼれ」の順位だったといいます。

 

けれども記憶術と出会って、人生が逆転。
苦手だった「記憶」が得意になり、東京大学に合格。
卒業のときも主席で卒業。
すごいですね。
まさに、記憶術が人生を変えたといっても過言ではありません。

 

 

 

宮口式記憶術とはどういった記憶術か?

暗記が苦手で、成績もビリに近かった宮口さんが、人生を逆転させた記憶術。
そんな宮口公寿さんの記憶術とは、どういった方法なのでしょうか。
こちらに、ご本人が解説している動画があります。

 

宮口式記憶術7つのステップ

 

宮口公寿さんは、記憶術で人生を逆転させています。
今は「宮口式記憶術」と命名して、独自の記憶術を構築されています。
それにしても、記憶術のすごさを垣間見せますね。
「宮口式記憶術」もそうです。

 

 

暗記や記憶が苦手な人こそ「宮口式記憶術」がおすすめ

「宮口式記憶術」は、PDFと音声ファイルから成り立っています。
冊子やDVD版もあるようです。

 

どの記憶術にしようか迷っている方には宮口式はおすすめできますね。
暗記が苦手、勉強で苦労している方は、宮口式記憶術が合っているのではないかと思います。
なぜなら、著者の宮口公寿さんも、同じように、暗記、記憶で苦しみ悩んだ経験をお持ちだからです。同じ悩み・苦しみを持った方の気持ちもおわかりかと思います。

 

記憶術は、本当に役立ちます。
怪しい、眉唾と揶揄している方もいますが、そうじゃあないんですね。
私自身、記憶術を習得して、実際に資格試験などに合格しています。本当に、一生の財産になるテクニックです。

 

記憶術を習得して、活用し、て効率的に記憶力をアップさせて、希望をかねえて下さい。

 

宮口式記憶術の公式HPはこちら