記憶術を独学でマスターするためのアドバイス

最近は記憶術の書籍やインターネット講座も出てきていますね。

昔と比べると、記憶術に関する書籍も多くなっています。
そのため独学で記憶術を習得される方もいるかと思います。

 

しかし独学で記憶術を習得する場合、

  • 記憶術の具体的な使い方をテキス・(講座・教材で公開しているか
  • 質問して回答が得られるか
  • 記憶術を使うことができる資質・素養の養成ができるか

といった3つの条件がそろっていることが大切です。
この3点が整っていれば、おそらく誰で独学で記憶術をおぼえることはできるでしょう。

 

ここでは独学で記憶術をマスターする方を想定して、下記にアドバイスを書いてみたいと思います。

 

 

記憶術の具体的な使い方をテキスト・講座・教材で公開しているか

先ず、記憶術の使い方について具体的な説明をテキスト・講座・教材で公開しているかどうかが重要です。

 

書籍やテキストに、記憶術における具体的な使い方をしっかりと説明していることは大切です。つまり、記憶術のノウハウを惜しみなく公開しているかということですね。

 

最近は記憶術の本が多くなってはいます。しかし一般書籍の中には、薄い内容のものもあります。ただし最近の書籍は、記憶術のやり方がきちんと公開されています。市販書でも記憶術のやり方をおぼえることができるようになっています。

 

しかし質問することはできませんね。市販の書籍は、質問することができないのが難点です。

 

記憶術の使い方でキモになるのは応用力

記憶術を使いこなすためには、具体的な使い方やノウハウを知らなければなりません。それと記憶術を実際に使いこなす「応用力」です。実は、この「応用力」こそ、記憶術のキモになる部分です。

 

一般書籍をじっくりと深く読んでいると、記憶術のノウハウを自分で発見することも出てくることでしょう。しかし、自力で記憶術のキモを見つけ、応用していくのは、なかなか大変です。独学でノウハウを発見しクリヤーできる人は、元々才能や資質のある方かもしれません。

 

記憶術は、具体的な使い方が分かってこそ、その威力を発揮させることができます。記憶術を使いこなす「応用力」や、具体的なやり方を説明したものがおすすめです。

 

独学で記憶術をマスターされる方は「記憶術のキモとノウハウを公開している教材」を選ぶ必要があります。その「キモとノウハウ」を公開している教材が、こちらの2つになります。

これは記憶術のキモとなる「応用力」が書かれたマニュアルになります。「ユダヤ式」は著者自ら生み出した記憶術により、東京大学、難関資格試験に合格しています。

 

「論文試験記憶術」は、法律の条文などの「文章暗記」に役立つノウハウが掲載されています。著者独自のノウハウになります。

 

こうした「記憶術のキモ」は、マル秘のテクニックであもり「応用力」になります。実は、一番、大切な情報が、これになります。ですので、高値の有料で販売もされているわけですね。

 

 

質問して回答が得られるか

あと次に重要なのは、疑問点を解決できるかということです。
記憶術はノウハウの世界です。使いこなすための具体的なテクニックを習得していく必要があります。技術を学びますので、この過程で分かりにくい点や疑問点も出てくることがあります。

 

一般書籍の場合は、疑問や不明点があって質問をしたくても、そもそも質問自体をすることが難しい体制になっています。質問ができたとしても、出版社より回答が返ってくるかどうかもわかりません(多分、不可能だと思います)。

 

記憶術を独学で学ぶ場合は、質問ができて回答が得られる体制や環境があることが望ましかったりします。この体制がありませんと、疑問点も自力で解決することになります。

 

通信講座では質問ができる

ところで、質問ができて、回答が得られるのが「通信講座」になります。最近では通信講座もいくつかでてきています。情報商材にもあります。これらは独学には最適な学習教材になりますね。たとえば次の講座があります。

こうした教材や講座を利用すると質問もできます。またサポート掲示板もあり、ユーザーとの意見交換もできるところもあります。分からない点などはクリヤーできますし、新しい発見も出来たりして重宝します。

 

しかし書籍の場合、不明な点があっても質問すらもできない場合も多いものです。その点、通信講座などは、独学で学ぼうとする方にはおすすとなる選択です。

 

 

記憶術を使うことができる資質・素養の養成ができるか

独学で記憶術を習得する方にとって、三番目に大切なことは「記憶術を使える資質を養えるか」といった点です。

 

実は記憶術は、右脳の働きが必要です。端的にいえばイメージ力です。想像する力を必要とします。脳内で映像を描く能力が弱いと、正直なところ記憶術を使うことは難しくなります。

 

右脳のイメージ力を伸ばす教材がはおすすめ

右脳的なイメージ能力が弱い方は、訓練によって右脳を鍛え、イメージ喚起力を発達させることがおすすめです。

 

最近の教材の中には、右脳的な才能を伸ばすトレーニングを含めているものがあります。実は右脳は開発できます。想像力は伸ばすことができます。

 

これは簡単な脳トレでできます。
要は、頭の中でイメージを描く練習を重ねていくことです。
脳トレは、一般書籍としても売っていますね。
こういった脳トレで訓練して、想像する力を身に付けるようにしていきます。

 

ただし独学で行う際、「あれこもこれも」ということにもなりやすく、結局、長続きしなくなります。そこでアドバイスですが、自分でトレーニングをする際、「一つだけ」を繰り返して行っていくことです。

 

継続が大切です。続けることでイメージ力はアップしていきます。

 

脳トレを含んだ記憶術教材

右脳開発トレーニングによる脳トレを含んでいる教材が新ジニアス記憶術になります。新ジニアス記憶術は、以前のジニアス式とは異なり、いくつかの脳トレを含んでいます。が、軽んじてはなりません。脳トレを継続することで、右脳的な才能は開発されていきます。

 

多くの人は、派手な方法やノウハウが素晴らしいと思いがちですが、実は違います。効果的な方法やノウハウというものは、一見すると地味です。単純です。しかしそのシンプルな方法を続けて行うことで、本質的な資質や才能は開花していきます。

 

脳トレも同じです。
特に独学で物事習得される方は、あれもこれもといったように目移りしないで、一つ二つの方法を続けていくことが大切になります。

 

 

以上、独学で習得したい方へのアドバイスとして、必要な条件を3つ挙げてみました。最近は良い教材も多くなっていますね。しかし、いくつか実際に購入することも良いのですが、できるだけ遠回りをしないで、自分にあったものを一つか二つ選んで取り組むことが良いかと思います。

 

◎独学で習得できる記憶術