「資格試験に記憶術を活かす」の記事一覧

記憶術は資格試験の勉強に活かしやすい

記憶術を資格試験の学習の際に活用するのは良い使い方になります。といいますか、資格試験の勉強こそ記憶術を使うにはもっともふさわしい分野といえます。

大学受験などは、思考型の試験もあります。たとえば数学、物理といった科目です。こうした科目は、記憶術は得意ではありません。といいますか、パターン化された問題でない限り、記憶術を使うのはふさわしくありません。

しかし資格試験の多くは「暗記」です。重要な箇所や項目を暗記し、その暗記の度合いを測るのが資格試験には多くあります。

もちろん、思考型の資格試験もあります。ですが、資格試験のほとんどは「記憶力テスト」のようなものです。

憶えたもの勝ちです。ですから、短時間で、しっかりと暗記するには記憶術がおすすめです。

記憶術で頭の中に辞書や辞典を作る

記憶術は、極端な言い方をすれば、あなたの頭の中に辞書や辞典をインストールするようなものです。

よく試験の直前期になると「整理ノート」のように大切な項目をまとめた参考書が発売されます。

こうしたものを記憶術で、最初に暗記してしまいます。そうすると、その試験科目の世界も分かりますし、重要項目も暗記できて一石二鳥になります。短時間で資格試験の対策もできます。

記憶術で広がる世界

記憶術は、資格試験には有益です。ぜひともあなたも、記憶術を資格試験の勉強に使用してみてください。

併せて、バイノーラルビートで脳の状態を良くすると、脳そのものが良くなりますのでおすすめです。

また食べ物に気をつけたり、記憶力を高める方法も取り入れますと、ますます脳の状態もよくなり勉強もはかどるようになります。

これらは資格試験対策だけでなく、仕事にもプラスとなっていきます。そうして仕事を持ちながらでも資格試験に合格できます。