「記憶術を習得する方法」の記事一覧

記憶術を習得するための近道

記憶術の方法を理解できると、今まですぐに覚えることのできなかった情報を速やかに脳の中で整理し、覚えることができるようになります。これは記憶術のやり方を身につけ始めたほとんど多くの方が体験していることです。

社会人の方のほうが、むしろ記憶術は必要なスキルになるといっても過言ではないでしょう。臨機応変に自分の記憶を引き出し活用できる、この時に役立つのが記憶術のやり方です。

どのような試験であれ仕事であれ、短期間、短時間で人はものを覚えようとしてもなかなか簡単に暗記できないことが多いものです。しかし、これを改善し克服する方法が記憶術になるわけです。

記憶の限界を超える暗記の方法

記憶術の方法ですがやり方はそれぞれのシステムによっても実際は違ってきます。それぞれの記憶術というのは渡辺式やジニアス式といったような各種の方法論を提唱する人々の「記憶術のシステム」をいいます。

日本の試験システムはそのほとんどが暗記をしないと及第点が取れないような内容になっています。英単語であったり歴史の年表であったり、ほとんどが暗記し記憶する必要のある科目です。

そのため試験を受ける学生たちは試験範囲の中から毎回膨大な量を記憶しなければなりません。そこで効率的な暗記の方法として「記憶術」が注目もされます。しかし通常、人間が一定期間に覚えられる量というのは限られています。

一般の方が記憶において使うのは左脳です。左脳では記憶する量に限度があります。また覚えたとしてもすぐに暗記したことを引き出すことは出来ません。そこで斬新な暗記の方法が必要になるわけですね。記憶術の方法とは、実に人間が持つ生理的な「記憶の限界」の壁を乗り越える暗記のテクニックになります。

記憶術をマスターするためには

記憶術にも各種の方法がありますが、もっとも大量かつ大規模に暗記できるやり方に「イメージ」を使った「場所法」などがあります。場所法は他の名称でも呼ばれる代表的な記憶術の方法ですが、整理整頓しながら効率よく暗記をしていくため、長期間の記憶保持も可能となっているほうほうになっています。

記憶術の方法のコツといいますか公式とは、小さなことであっても巨大なイメージを描いたり刺激の強い映像にして暗記することになります。

記憶術のこの公式を理解して自分なりにイメージが作れるようにトレーニングを重ねていきます。五感を使って感情移入することが記憶術の方法なのです。

良いテキスト・教材が習得のコツ

記憶術を習得・マスターするためには実はコツがあります。
それは「良いテキスト・教材で学ぶ」ということです。

「なあんだ」と思われる向きもありますが、
実は記憶術を勉強するための教材が重要です。

最近はネットでも記憶術のノウハウを公開しているサイトもあります。
当方のサイトも公開型のHPになります。

ですが、ホームページ情報は断片的になっています。
記憶術はトレーニングです。
継続して行う記憶テクニックの練習です。

ですから、毎日とか時々、訓練をしないと記憶術を使えるようになりません。
実際、記憶術の世界大会に出場する選手は半年以上をかけて、トレーニングを続けています。
記憶術の世界大会「ワールド・メモリー・コンテスト」でチャンピオンになる人は、記憶術のトレーニングに加えて、生活習慣も整えていきます。
まさに「受験戦争に勝ち抜くための実践」を行っています。

記憶術は、そんなに簡単にマスターできるものではありません。
ですので、しっかりとし、体系だった記憶術の教材で勉強するのがおすすめになります。

これが記憶術をマスター・習得するための秘訣にもなってきます。
こうした下地があって、各種の記憶術のテクニックも体系的に習得できていきます。

見よう見まねで記憶術は習得できます。
しかし受験や各種試験に活かすためには、教材で学んだほうがいいと思います。