記憶術を受験勉強に活かす

記憶術は受験や試験に活かすことができます。
といいますか、記憶術2500年の歴史を見ていきますと、
現在は、受験や試験に活かす時代になっているといえます。

 

元々記憶術は、弁論術の一つとして誕生しています。
その後、倫理や道徳、宗教的概念の暗記に記憶術は使用され、
やがてオカルトにも使用されれいきます。

 

しかし19世紀に入ってから、記憶術は大衆に広まり、
立身出世のノウハウとなり、現代では、大学受験や資格試験に突破する
成功術の一つとして使われています。

 

ですから、記憶術を受験勉強に活かすことは時宜にかなっています。
適切な使い方になります。

 

受験に活かす記憶術の具体例

実際、記憶術を受験勉強に活かすことができます。
特に丸暗記の科目には大変効果的です。
歴史にはかなり効果があります。

 

また古典にも使えます。
英語や英単語には専用の記憶術もあります。

 

記憶術は応用が効かないと言う人もいますが、これは誤りです。
使い方を知らないだけですね。

 

記憶術を受験に活かすためにはコツが要ります。
丸暗記したって使い物にならない、という人は分かっていません。
といいますか、偏りすぎです。

 

試験会場に百科事典や辞書を持ち込んだ場合と、持ち込まない場合とでは、
どちらが試験に有利でしょうか。

 

思考型の試験であっても、百科事典や辞書があったほうが有利です。
これは明白です。

 

記憶術は、あなたの頭の中に百科事典や辞書をインストールするようなものです。
記憶術のテクニックの世界はすごいものがあります。
1時間で大量に暗記することも可能です。

 

受験勉強に記憶術を活用するコツ

ただし、こうした短時間で膨大な記憶という作業になると集中力が必要にはなります。
そのためには、頭脳明晰にしておく必要も出てきます。
記憶力を高める工夫が必要です。

 

頭脳を良くするためには、記憶力をアップする食事を摂ること、頭脳明晰にする生活習慣をすること
あるいは頭を良くする運動をしたり、成功法則でメンタル管理をすることです。
音楽を聴くのもいいでしょう。
ヘミシンクというメタミュージックもあります。
また勉強術も必要になってきます。

 

このように記憶術以外にも、頭脳を良くするテクニックを複合的に使うことが、受験に成功する秘訣です。
なぜなら、受験は、短期即行戦になるからです。
時間対効果の勝負の世界だからです。

 

ですので、記憶術以外の方法も駆使して、勝利を目指すのが得策になります。
時は金なり、といいますが、時は成功なり、ともいえます。
時間の上手な使い方が、受験で成功するポイントです。

 

ですから記憶術を使ったほうが得策です。
また記憶術のノウハウが、受験に活かせることは明らかです。

 

どうかあなたに合った記憶術を使用して、合格の栄冠を勝ち得ていただきたいと思います。

 

学校の受験・試験勉強に記憶術を活かす記事一覧

近年の記憶術は創意工夫を施したノウハウが多くなってきています。脳トレを取り入れたり、NLP(神経言語プログラミング)を導入したり、あるいは今回紹介するように「勉教術」を組み込んだ記憶術も出てきています。記憶術のひな形や原型は、すでに完成されています。が、これに加えて、より記憶の定着効果を高め、またス...

高校受験を目指す受験生にとって、それぞれの科目における膨大な量の内容を全て記憶することは非常に難しいことになります。英単語や漢字だけでも何千何万とありますからね。その上、歴史の年号、地理、特産品の種類や統計データ、古文、生物等々、暗記すべき項目の総計はもの凄い量となります。中学・高校・大学の受験のい...

大学受験の勉強に記憶術を使うことはとても良い勉強方法になります。なぜなら大学受験では膨大な量の事項を記憶する必要があるからです。過去問題などを解くにしても、まず覚えるべき知識を暗記をして基礎を固めておかなければなりません。大学の受験勉強では淡々と英単語や年表などを覚えていても確実に暗記できる保証はあ...

英単語の暗記に特化した記憶術「V6000」をご存じでしょうか。もしもあなたが学生や社会人で受験の英語、英検、TOEICといった英語の学習をしているなら「V6000」を知らないと損です。V6000は英単語を暗記するために脳生理学に基づき記憶の効率を高めた「英単語記憶術」でもあります。その暗記の効率は「...

東大記憶法は吉永賢一(よしなが・けんいち)氏による最も新しい記憶術になります。しかし吉永賢一氏は、あえて記憶術とは言わないで「記憶法」と称しています。この理由は大変理にかなっていて、また「東大記憶法」の特徴にもなっています。吉永賢一氏が何故、記憶術という名称を使用しないかといえば、それは明快で、「記...

「勉強の説明書」と言われる学習法は中村タケシ氏が著者ですが、記憶術をベースにした勉強方法の集大成です。一言でいえば、資格試験や高校・大学の受験学習に特化した「記憶術を組み合わせた勉強法」といえます。記憶術の応用範囲は無限です。試験の対策のほか、あらゆるシーンで利用できます。ですが「勉強の説明書」では...

池田義博 (いけだ-よしひろ)さんの「脳にまかせる勉強法」がいいですね。著書には「世界記憶力グランドマスターが教える」という言葉も付いています。ちなみに、池田義博さんのプロフィールはこのようになっています。生年月日/1967年5月11日年齢/51歳 (2018年現在)出身地/茨城県一般社団法人日本記...

学校や受験勉強をしているときに、「自分は物覚えが悪いなあ」と感じる人がいるかもしれませんね。また「暗記は苦手だ」「暗記は苦痛だ」と感じている人もいるかもしれません。ここから「勉強が嫌だ」となってしまっている人もいるかもしれませんね。けれども、通常は、人は「忘れるようにできている」というのが本当だった...