「学校の受験・試験勉強に記憶術を活かす」の記事一覧

記憶術を受験勉強に活かす

記憶術は受験や試験に活かすことができます。といいますか、記憶術2500年の歴史を見ていきますと、現在は、受験や試験に活かす時代になっているといえます。

元々記憶術は、弁論術の一つとして誕生しています。その後、倫理や道徳、宗教的概念の暗記に記憶術は使用され、やがてオカルトにも使用されれいきます。

しかし19世紀に入ってから、記憶術は大衆に広まり、立身出世のノウハウとなり、現代では、大学受験や資格試験に突破する成功術の一つとして使われています。

ですから、記憶術を受験勉強に活かすことは時宜にかなっています。適切な使い方になります。

受験に活かす記憶術の具体例

実際、記憶術を受験勉強に活かすことができます。特に丸暗記の科目には大変効果的です。歴史にはかなり効果があります。

また古典にも使えます。英語や英単語には専用の記憶術もあります。

記憶術は応用が効かないと言う人もいますが、これは誤りです。使い方を知らないだけですね。

記憶術を受験に活かすためにはコツが要ります。丸暗記したって使い物にならない、という人は分かっていません。といいますか、偏りすぎです。

試験会場に百科事典や辞書を持ち込んだ場合と、持ち込まない場合とでは、どちらが試験に有利でしょうか。

思考型の試験であっても、百科事典や辞書があったほうが有利です。これは明白です。

記憶術は、あなたの頭の中に百科事典や辞書をインストールするようなものです。記憶術のテクニックの世界はすごいものがあります。1時間で大量に暗記することも可能です。

受験勉強に記憶術を活用するコツ

ただし、こうした短時間で膨大な記憶という作業になると集中力が必要にはなります。そのためには、頭脳明晰にしておく必要も出てきます。記憶力を高める工夫が必要です。

頭脳を良くするためには、記憶力をアップする食事を摂ること、頭脳明晰にする生活習慣をすること
あるいは頭を良くする運動をしたり、成功法則でメンタル管理をすることです。音楽を聴くのもいいでしょう。ヘミシンクというメタミュージックもあります。また勉強術も必要になってきます。

このように記憶術以外にも、頭脳を良くするテクニックを複合的に使うことが、受験に成功する秘訣です。なぜなら、受験は、短期即行戦になるからです。時間対効果の勝負の世界だからです。

ですので、記憶術以外の方法も駆使して、勝利を目指すのが得策になります。時は金なり、といいますが、時は成功なり、ともいえます。時間の上手な使い方が、受験で成功するポイントです。

ですから記憶術を使ったほうが得策です。また記憶術のノウハウが、受験に活かせることは明らかです。

どうかあなたに合った記憶術を使用して、合格の栄冠を勝ち得ていただきたいと思います。