鈴なり式記憶術とは?

鈴なり式記憶術というのがあります。

この方法は、日本の記憶術の元祖である渡辺剛彰氏が命名したものです。

 

鈴なり式記憶術は、一言でいえば「系統図」です。
あるいは「樹形図」ともいいますね。

 

目次--見出し--小見出し--項目

 

といった箇条項目を数珠つなぎで示したような形式(系統図)にして、
これらを系統立てて暗記をしていく記憶術のテクニックです。
一例を出すと、こういう形です。

 

 

「鈴なり式記憶術」では、このような系統図を用意して、
関連する事項を高速で暗記していきます。

 

ちなみに、鈴なり式記憶術は「いもづる式記憶術」といった
別の名称で呼ばれる場合もあります。

 

鈴なり式記憶術を進化させた「ユダヤ式記憶術」は受験や資格試験にはおすすめ

 

鈴なり式記憶術は場所法は似ているが異なる

「鈴なり式記憶術」は「場所法記憶術」と並んで、

記憶術では最強のテクニックの一つになります。

 

ちなみに「場所法」では、「記憶の宮殿」とも言うべき、記憶する空間を設けます。この記憶する空間に、記憶対象をひっかけて暗記していくわけですね。

 

一方、「鈴なり式記憶術」では、「記憶の宮殿」は使用しません。
暗記するための「空間」は使わないんですね。

 

鈴なり式記憶術では、基礎結合法連想結合法を複合させて使っていきます。
いわば記憶術の基本テクニックをフル稼働していきます。

 

ある意味、場所法の一種ともいえます。
しかし、空間にひっかけて暗記する方法ではないんですね。
どこまでも連想記憶をしていきます。

 

あと、鈴なり式記憶術は、系統図になっていますので、見やすく、また憶えやすくなっています。
素早く暗記できる利点があります。

 

教科書やテキストの丸暗記に最適な鈴なり式記憶術

教科書やテキストには、分類図や一覧図が載っていることがありますよね。
たとえばこういう分類図です。

 

 

こうした分類図や一覧図を暗記する場合、「鈴なり式記憶術」が手っ取り早くなります。
法律関係も、こういった系統図に整理できますので、
鈴なり式記憶術は法令関係の暗記でも効果を発揮します。

 

そもそも、これらの分類図や一覧図は、要点を整理しまとめたものが多くなります。
ですので、これらをを暗記することは、効率の良い学習ができることを意味しています。

 

鈴なり式のノウハウを知ると、たとえば教科書を丸ごと一冊暗記することもできるようになります。
ただし、教科書を丸暗記といっても、全文を憶えるのではありません。
テキストのポイントを憶えていくことになります。
教科書のポイントを拾い上げて、これを系統図にしていきます。
おわかりでしょうか?
これが教科書やテキストを丸暗記するの意味になります。

 

実際、「鈴なり式記憶術」の創始者である渡辺剛彰は、
こうのようにして教科書やテキストを暗記したと述べています。

 

いったん分類図や一覧図が用意できていると、鈴なり式記憶術で
機械的に一気に暗記していくことも可能です。
こういう学習方法は、高校や大学の受験や資格試験に大変役立ちます。
まさに記憶術で丸暗記といった感じになります。

 

体系的な知識の暗記、受験や資格試験には役立つ鈴なり式記憶術

「鈴なり式記憶術」が、どれほど功を奏する記憶のテクニックかがおわかりかと思います。
勉強する場合、要点をササっと暗記できてしまえば、学習効率がアップすることは言うまでもありません。

 

「鈴なり式記憶術」では、連想と結合の記憶術のスキルが習得できていれば、
スピーディに暗記することができます。
実用的な記憶術が「鈴なり式」といえます。

 

鈴なり式記憶術のやり方には細かいテクニックも実はあります。
こうした技術は記憶術世界選手権に出場する選手や専門家がよく知っています。

 

鈴なり式は記憶術の基本テクニックともいえますが、実際の受験や資格試験に活用するためには
工夫も必要になります。
その点、こちらの記憶術は、鈴なり式を工夫した点もあって、おすすめできる記憶術です。
ただし、ある程度、地頭がよくありませんと、この記憶術は使いこなせないかもしれません。
しかしながら、使いこなすことができれば、一生使える記憶のテクニックになります。

体系的な知識の記憶におすすめな「ユダヤ式記憶術」