記憶術を活かす

記憶術をマスターするコツは「イメージ力」

大学や高校の受験だけでなく、難関の資格試験、あるいは簡単な資格試験であっても、受験を控えた方にとって試験に必要な知識を効率よく頭に入れていくことは急務であり必須なことですね。

 

とかく「試験」というものは「記憶」「暗記」による部分が多いのは否定出来ない事実です。これは誰もが実感していることでしょう。「試験」とは、まさに「記憶」「暗記」の多い少ないによる部分が多いものです。もちろん「思考」「論述」を試す設問もありますが、思考にせよ論述にせよ、それを導くためには、やはり「記憶量」「暗記量」があってこそです。ですので記憶量・暗記量を増やすための努力こそが、試験対策になるくらいですね。

 

けれども記憶術は、この記憶・暗記を助ける最強のツールとなります。記憶術を身に付ければ、今まですぐに頭に入らなかった情報ですらも、スムーズに暗記していくことができるようになります。もちろん暗記するためには下準備や工夫が必要です。記憶術といえども万能ではありません。魔法のようにすぐに憶えられる術ではありませんね。記憶する下準備が必要です。それが「記憶の場」といわれるものですね。このことについては、こちらでも書いています。

 

記憶術は重宝することは間違いありませんが、その記憶術のやり方にはいくつかの方法があります。その中でももっとも有名な方法、活用されるやり方にイメージ変換法があります。「イメージ変換法」は別の名称もありますが、記憶術の基本スキルである「基礎結合法記憶術」がもっとも素朴なやり方になります。

 

別の言い方もありますが、イメージ変換法は、おそらく一度は聞いたことがある方も多いかもしれませんね。といいますか昔から「記憶術」といえばほとんどが「イメージ式」になります。

 

ですので、イメージを使った記憶術をマスターできれば記憶術は使いこなせるといっても過言ではありません。実際のところ記憶術のコツ・秘訣とは「イメージ変換」能力に尽きるともいえるくらいです。

 

イメージ変換力が重要な理由〜場所法を使いこなすためにも欠かせない

ちなみに記憶術のやり方は人によって呼び方が様々です。「イメージの変換」ではなくその他の呼び方をされることもあります。例えば国内屈指の経営コンサルタントである神田昌典氏が提唱されている「フォトリーディング」もある種の「イメージの変換」というやり方でできます。

 

 

イメージ変換は、まさに記憶術そのものになります。「場所法」もイメージ方式が基盤となっています。記憶術にも各種の方法がありますが、もっとも大量かつ大規模に暗記できるやり方が「イメージ」を使った「場所法」だったりします。

 

場所法は他の名称でも呼ばれる代表的な記憶術の方法ですが、整理整頓しながら効率よく暗記をしていくため、長期間の記憶保持も可能となっている方法になっています。

 

ちなみに場所法のやり方は各メディア、テレビ、雑誌等で様々な呼び方をされます。たとえば「連想法」「キーワード法」「マイルーム法」「ミュージアム法」といった言い方もされています。が、すべて基本的には同じなんですね。場所法になります。

 

結局、記憶術とは、一言でまとめると「覚えようとする情報をイメージ化する技術」と言えます。そして現在の記憶術術は「イメージ変換力」を重視したものがほとんどだったりします。

 

イメージを使った記憶術には種類やバリエーションも多くありますが、イメージ変換力が重要になります。実際に記憶術を使いこなす秘訣・コツとなるとくどいようですがやはり「イメージ」能力になります。これに尽きます。

 

記憶術ができるようになるコツ・秘訣とは

本題でもある「記憶術のコツ、秘訣」とは、以上、ご説明した通りで「イメージ力」になります。一般的にイメージを使用した記憶術では、物事を大きな事件と捉える(変換する)ことによって脳に刻み込んでいくやり方をしています。このイメージ・テクニックを使用すれば、莫大かつ大量の暗記事項でも短時間で記憶ができるようになります。これこそが、まさに記憶術のキモになるわけなんですね。

 

しかしながら記憶術の技術を習得するスピードは個人差があります。得意な人と苦手な人がいることは事実です。しかしコツさえ掴めば、どんな方でもすぐにスピードアップして暗記することができるようになると思います。記憶術の方法の秘訣といいますかコツとは、小さなことであっても巨大なイメージを描いたり刺激の強い映像にして暗記することになります。

 

記憶術のこの秘訣・コツを理解して自分なりにイメージが作れるようにトレーニングを重ねていきます。五感を使って感情移入することが記憶術の方法なのです。

 

興味があれば記憶術の方法に是非トライしてみて下さい。
一生の財産になること間違いありません。
これは本当ですね。