記憶術を活かす

先天的にイメージ能力がある人は記憶術をマスターできる

記憶術使いこなすミソ・肝は「イメージ能力」です。

アニメやマンガ、絵が好きな方、無意識のうちに頭の中で映像を描いたり見ることができる方は、今すぐにでも記憶術をマスターできます。ビジュアル能力のある方は、間違い無く記憶術を使いこなせて、その恩恵を被ることができます。こういった人達は先天的にイメージ能力がある人になります。記憶術をマスターできるでしょう。

 

もしもここを読んでいて、「自分はイメージ力に自信がある」「できる」という方は、迷わず記憶術に挑戦してください。かならず習得できます。
そして受験から試験、またビジネスなどの各シーンで重宝するようになります。

 

記憶が得意ということは、どこの世界へ行っても重宝されます。
人間の能力のうち何が最も評価されるかといえば記憶力です。

 

かの田中角栄は首相まで登りつめましたが、田中角栄が成功した最大の理由は、卓越した記憶力でした。
一度見た官僚の顔や名前は一発で暗記。彼は持ち前の記憶力で人心掌握していったとさえいわれています。

 

記憶力の良さは人生に成功をもたらします。
イメージ力が豊富な方は、今すぐにでも記憶術を使いましょう。
⇒おすすめはこちら

 

イメージ能力を高めるトレーニング方法

しかしイメージ能力が無い、脳内でイメージを描くのが苦手な方は、まず、イメージ能力を高めましょう。
イメージ能力は「集中力」と関係があります。

 

集中力といっても、実は、2種類あります。
 1.意念を凝らす集中
 2.リラックスして明晰性をともなう集中

記憶術では、「1.意念を凝らす集中」が必要になります。
一つの対象物を、ずっと想起し続けたり、心をつなぎとどめておく能力ですね。

 

シンプルな脳トレですが、意識を一つに固定し続けるトレーニングは、
記憶術のイメージ能力では必須になります。

 

まずこういった脳トレの方法であなたのイメージ力をアップしてください。
訓練によってイメージ脳力は高めることができます。
イメージ力をアップさせる方法として紹介できるのは、次の方法です。

 

牛を描く方法

頭の中に「牛」を思い描いてみてください。

このときできるだけ詳細に描きます。
想像でよいので描きます。
顔、胴体、脚、尻尾、こういった各パーツにわけて頭の中でみていきます。
モウーっと声が聞こえてくらいだと、かなりのビジュアル能力があるでしょう。
そしてさらに、その牛をいじっていきます。
まず解体してみましょう。
牛を胴体で半分で切ってしまうのです。
かなりショッキングな映像になりませんか?
衝撃映像であると、実は記憶術には役立ちます。
牛を胴体からスパっと切って、その時、臓器や脊髄が出ているシーンを描いてみましょう。
ちょっとしたホラー映画ですね。

 

花をイメージする

牛は少々残虐なビジュアルシーンもありましたが、花を脳内で描くこともおすすめです。

バラの花をイメージしてみましょう。
バラの花が分からない人はネット検索してみましょう。
そうしてそのバラを脳裏に焼き付けます。
花びら、葉っぱ、茎もイメージで憶えていきます。
そうして目を閉じてビジュアル化してみましょう。
どうですか?できますか?
できない場合は、何度も練習してみましょう。
バラの花をイメージできるようになったら、それを拡大したり、回してみてみましょう。
背景も変化させることができるようになると、あなたのビジュアル能力も相当なものになっているはずです。

 

瞑想を行う

ビジュアル能力を高めるためには「瞑想(メディテーション)」がおすすめです。

瞑想を1日10分でも15分でも行っていくと、脳力がアップしていきます。
集中力も高まり、心の穏やかになり、言うことはありません。
瞑想を行う際、注意していただきたいは「リラックスする」ということです。
瞑想では「緊張」は大敵です。
効果がでないどころか、心身に悪い影響が出てきます。
瞑想は、緊張を取り除いて行うことで、素晴らしい効果と恩恵を被ることができます。
イメージ能力を根本的にアップさせるためには瞑想が最もおすすめになってきます。

 

イメージ力を基礎にした「体系的な知識の記憶」には最適な記憶術はこちら