記憶術の歴史

島田伊兵衛の記憶術

「和田守記憶法」が出た明治28年と同年の10月に、関西から「島田記憶術」という本が出版されます。

著者は島田伊兵衛という大阪の人でした。

 

島田伊兵衛は明らかに和田守菊次郎を意識していて、東京で和田守と似たような記憶術の公開パフォーマンスを行います。

 

大阪毎日新聞に記憶術の公開実演の広告を載せたり、和田守記憶法に対抗意識を燃やします。

 

しかし島田伊兵衛の公開パフォーマンスは失敗し、記憶した正答率も6〜7割だったといいます。実際、島田本人も東京での公開パフォーマンスは「失敗」だったと述懐しています。

 

では、和田守記憶法への対抗意識で作られた「島田記憶術」とは一体、どういったものだったのでしょうか。

 

島田記憶術の中身

島田記憶術は、その著を見ると

 

・数字を容易に記憶する仕方
・事柄を数とを結付て記憶する仕方
・順序を容易に記憶する仕方

 

といった方法が基本テクニックであることがわかります。

 

「数字を容易に記憶する仕方」とは、数字に該当する「五十音」をあらかじめ当てておく「変換法」のプリミティブな方法です。
語呂合わせ感覚も入り交じった稚拙な変換法記憶術である感は否めないといったのが率直な感想です。

 

また「事柄を数とを結付て記憶する仕方」では、語呂合わせとイメージを使用した素朴な方法です。記憶術にしては発展途上な感がします。

 

そして「順序を容易に記憶する仕方」ですが、こちらはいわゆる「イメージ」と「場」を使った古典的記憶術になります。しかし、記憶の仕方が甘いところがあり、記憶の定着にやや疑問があるやり方になっています。

 

ちなみに島田伊兵衛は「記憶の場」を「目当」と言っています。

 

島田伊兵衛は、和田守菊次郎と同じように「島田記憶学会」と称する記憶術講座を開きます。
和田守菊次郎よりも安く、金額も半額程度で受講できるものでした。
入会金が1円(現在価値に換算すると2万円)、質疑応答が10銭(現在の2千円)、特別会員になると月50銭(現在の1万円)の会費といった具合です。

 

和田守菊次郎、島田伊兵衛は、井上円了に並ぶ明治時代の代表的な記憶術家ですが、その記憶術に稚拙な部分がある印象は拭えません。

◎おすすめの記憶術
 1.ユダヤ式記憶術
 2.東大記憶法