記憶術の歴史

リチャード・グレーの記憶術

ウィンケルマンの数字変換法が世に出た後、イギリス人の「リチャード・グレー」(1696年〜1771年)という人がさらに改良を加えます。

 

リチャード・グレーはオックスフォード大学を卒業した後、教会牧師となり、イギリス・ベッドフォードの副司教も務めています。

 

知識人でもあったリチャード・グレーは、ウィンケルマンが開発した数字変換法をベースに改良を施して、新しい変換記憶術を生み出します。現代で言うところの「文字変換法」という変換記憶術です。

 

リチャード・グレーの記憶術は、1730年に出版した「記憶の技術(メモリアテクニカ)」という本に詳しく掲載されています。
当時は、「ユダヤ式記憶システム」とも言われていたようです。

 

ヘクサメトロスとニーモニック・デバイスを使ったユダヤ式記憶術

リチャード・グレーの方法は、ユダヤ式とも言われた文字変換法記憶術です。
仕組みとしては、「ヘクサメトロス(六歩格)」と呼ばれる詩の形式を利用しています。

 

ヘクサメトロスは、1行の中で6個の韻を踏む詩で、言葉の最後に韻を踏む形式の詩をいいます。

 

実は記憶術の元祖であるシモニデスらが作っていた叙情詩もヘクサメトロスであり、ヘクサメトロスと記憶術とは深い関連性のあるものでもありました。

 

ヘクサメトロス的なリチャード・グレーの記憶術は、たとえば、「紀元前2348年の大洪水」を記憶する際、「Deletok」とします。
DeletokのDelは洪水。
etokは2348を文字変換した言葉です。

 

つまり、リチャード・グレーの記憶術とは、

 

・単語の前半・・・暗記したい意味の言葉
・単語の後ろ・・・暗記したい年代などの数字(ニーモニック・デバイス)

 

という構造の合成語(グレー・メモリアル・ライン)を作る方法になります。

 

実際の用例としては、次のような接尾語(ニーモニック・デバイス)をあらかじめ用意しておきます。

 

az = 10
tel = 325
teib = 381

 

こうした言葉を、文字の最後に付け加えて、暗記の便を助けます。
文字の最後に変換した記憶術コード(ニーモニック・デバイス)をおいて、年代などを記憶する方法になります。

 

こうしたニーモニック・デバイスが言葉の後ろに付けた新たな言葉を「グレー・メモリアル・ライン」とも言っていて、歴史の年号を暗記する学生らは、当時、こぞって使用していたようです。

 

大人気だったリチャード・グレーの記憶術

リチャード・グレーは、古典的記憶術の手法を活かしつつも、それを数字の記憶に活かせる方法とし、ウィンケルマンの変換法記憶術に修正を加えています。

 

年代の暗記、地理学、重量や長さといった度量衡や数値、天文学、日付などといったおよそ数字の記憶には重宝したようです。

 

そのため、リチャード・グレーの記憶術は18〜19世紀における約130年間、ドイツでは大変な人気を博したようです。
この方法は、欧米圏ならではの記憶術でもあります。
単語の後ろに韻を踏む言葉を付け加えて、新しい言葉にする方法です。

 

こうした言葉の語感や思考の仕方は、欧米圏特有になります。
日本人や日本語には、そぐわないやり方にもなります。
けれども、文字変換を利用した方法として注目に値し、現代記憶術に通じるノウハウを内包しています。

 

 

 

リチャード・グレーの記憶術が進化した現代の記憶術