ラモン・ルルの記憶術はマインドマップのルーツ

1235年にギリシアに生まれた「ラモン・ルル(ラモン・リュイ)」という修道士も記憶術の一種を生み出しています。

 

ルルが生み出した方法は、トニー・ブザンの「マインドマップ」のルーツになります。

 

ラモン・ルルはライムンドゥス・ルルス(レイモンドス・ルルス)とも言い、キリスト教の修道士でした。彼は、トマス・アクティナスと同年代の人物で、神秘学に傾倒しています。

 

神秘学家として知られているラモン・ルルですが、彼は一方で「記憶増強法」という書の中で、記憶術や記憶に関しても言及しています。

 

ルルは、記憶を助けるための食べ物や薬品といったものは否定的です。しかもイメージを使った古典的記憶術の場所法(ローマンルーム法)よりも、繰り返して反復記憶する方法を推奨していました。

 

ただし、単に反復学習して記憶するというのではなく、イメージを使ったやり方を導入しています。それがキーワードを絵の中に埋め込んだり、文字をイメージ化する方法です。

 

文字をイメージ化したり絵に埋め込む記憶術

ラモン・ルルの文字化記憶術とマインドマップのルーツ【13世紀】ルルの記憶術は、アルファベット文字の一つ一つに意味やイメージを持たせて、暗記する方法でした。つまり、文字をイメージ化して記憶する方法です。

 

また絵やイメージの中に重要なキーワードを配置したり埋め込んで、絵画として概念や事項を暗記します。

 

たとえば「知性の上昇と下降についての書」に見られる絵画的な情報整理です。

 

この絵では、各階段に、記憶すべき事項がキーワードとして埋め込まれています。

 

また「学問の樹」と称された絵では、まさに学術的なキーワードが、木の中に埋め込まれています。

 

ラモン・ルルはこうした手法を使って、キリスト教的世界観や概念を暗記するテクニックとして使用していました。

 

ですが、ラモン・ルルの方法は、暗記対象をイメージ化するといった古典的記憶術とは違い、キーワードを絵の中に組み込んで記憶を助けるといった手法です。

 

このラモン・ルルの方法はまさに現代の「マインドマップ」と同じです。

 

といいますか、マインドマップのルーツはラモン・ルルになるといえます。

 

現代では情報整理の有効な豊富としてマインドマップが各方面で使用もされていますが、元のルーツをたどるとラモン・ルルの方法になるのではないかと考えられます。

 

なぜならマインドマップの開発者であるトニー・ブザンは、記憶術の大家でもあるからです。彼が記憶術からマインドマップを連想し開発したことは、記憶術の歴史を知れば容易に見えてくると思います。

 

ラモン・ルルの記憶術的方法は、現代ではマインドマップとなりましたが、記憶術と併用すれば暗記と記憶の効果が高まることは言うまでもありません。なぜなら記憶術の便を助けるために作られていると思われるからです。

 

下記の洗練され効率も高まっている現代的な記憶術を使用すれば、記憶の効率もいっそう高まることと思われます。

 

 

ラモン・ルルの方法を活かせる現代の記憶術

 

 

 

ラモン・ルルの文字化記憶術とマインドマップのルーツ【13世紀】/おすすめの関連ページ

シモニデス〜記憶術の元祖「座の方法(ローマンルーム法)」【BC500年古代ギリシア】
キケロの記憶術【BC100年頃ローマ時代】
記憶術における三大古典【紀元前後ローマ時代】
メトロドロスの黄道十二星座・占星術的記憶術【BC100年】
スコラ哲学と記憶術【11〜13世紀の中世】
ルネサンス期の記憶術【14〜16世紀】
ペトゥルス「不死鳥」〜世界初の記憶術本【15世紀】
フランシス・ベーコンとルネ・デカルトは記憶術に造詣が深かった【16世紀】
ヨハンネス・ロンベルヒ「記憶術集成」【16世紀】
カミッロのオカルト・魔術的な記憶術と「記憶の劇場」【16世紀】
ウィンケルマン〜数字変換法記憶術の創始者【17世紀】
リチャード・グレー〜文字変換法記憶術の創始者【18世紀】
グレガー・ファイネーグの記憶術【19世紀初頭】
記憶術が欧米で大ブームとなった時代【19世紀】
記憶術が成功法則として秘密化される時代【19世紀後半】
井上円了「記憶術講義」【明治27年】〜渡辺式記憶術のルーツ
和田守菊次郎「和田守記憶法」【明治28年】
島田伊兵衛「島田記憶術」【明治28年】