記憶術の歴史

ペトゥルス「不死鳥」は世界初の記憶術ハウツー本

ルネサンス期では記憶術もいくつかの方面で使用されていきます。
その中でも大衆向けに記憶術を普及し始めた人がいます。

 

それがラヴェンナの「ペトゥルス」という人でした。

 

ペトゥルスは1491年に「不死鳥」という記憶術の本を出版します。
折しも印刷技術が普及したルネサンスです。
この書は、世界初の「記憶術ハウツー本」として出版されました。
ペトゥルスの記憶術本は、ハウツー本としても先駆けだったのでしょう。

 

ペトゥルスは、記憶術を使えば世俗的な成功を収めることができるとして、世に出したようです。
こうした動機は、現代の記憶術と全く同じになります。
ペトゥルスがこうした「成功するための記憶術」を世界初、世に出したことになります。

 

しかもペトゥルス自身、記憶術を身に付けていて、歴史上の哲学者らの言葉は300以上、法律の条文は2万以上を暗記していて、その膨大な暗記量を披露して、大衆を驚かせていたといいます。

 

一種の「大道芸」的なノリで、記憶術の宣伝をしていたようですが、こうした宣伝の仕方は現代もさほど変わりがありません。
記憶術によって東大に合格したとか、司法試験に合格したといったケースと同じになります。

 

しかしそうだからといって、決して記憶術を卑下することはありません。
あからさまな宣伝方法と思われる向きもあるかもしれませんが、実際、記憶術が本当に暗記・記憶に役立ち、効果がありますので、ペトゥルスが行った膨大な暗記は、まさに「記憶術の賜物」として解釈ができます。

 

そしてこうした記憶術の使い方は、弁論や宗教といった一部の世界だけで使用する記憶の技術ではなく、実生活に役立つ技術として認めることができます。

 

ペトゥルスの記憶術は古典的記憶術

ところでペトゥルスの記憶術は、古典的な記憶術でした。
つまり、シモニデス、キケロ、ヘレンニウス、クィンティリアヌスといった「イメージ」と「場」を利用した記憶術を紹介していました。

 

ちょうど当時は、地獄や天国といった倫理道徳の世界で記憶術が使用されていましたので、「物事を暗記する記憶術」としての本来の使い方は、むしろ新鮮だったようです。

 

スコラ哲学の世界で記憶術が、変容して使用されていた歴史が長かったということへの反動もあります。

 

ペトゥルスは、記憶術の使い方を具体的かつ細部にわたってレクチャーしています。
たとえば「場」を使い際、まず「教会」を勧めています。
まず教会へ行って、3〜4回、教会の周囲を歩き、その教会のイメージを脳裏に焼き付けます。
そうして教会のドアを開けて、各部屋を記憶していき、記憶術で使用する「場」を用意することをハウツーを詳しく述べています。

 

こうしたレクチャーは、現代の記憶術講座や通史講座とほとんど同じです。
ペトゥルスの著書を読むまでもなく、現代の記憶術講座を利用すれば、もっと豊富でバラエティに富んだ記憶術も習得できますので、わざわざ古い古典を読む必要はないかと思います。

 

しかしペトゥルスが開拓した「世俗的な成功」としての記憶術は、決して卑俗なものではなく、人生を有意義に生きていくためには必須でもあります。

 

ペトゥルスのこの記憶術の大衆化の流れは、その後、ウィンケルマンリチャード・グレーグレガー・ファイネーグといった記憶術の専門家の登場も促し、現代記憶術へとつながっていきます。

 

ペトゥルスの「不死鳥」は、ルネサンス期に発刊された世界初の記憶術ハウツー本です。
世俗的な成功を収めたい人向けに書かれた画期的な成功術本とも言えるでしょう。

 

 

 

ペトゥルスの記憶術よりもはるかに優れている現代の記憶術