記憶術の歴史

ファイネーグの記憶術

変換法記憶術は、ウィンケルマンの登場によって世の中に広まり、その後、リチャード・グレーも同じ方法を踏襲して変換法記憶術を広めましたが、さらにこの流れの系列に登場するのがドイツ人の修道士であったグレガー・ファイネーグ(Feinaigle)でした(1765年〜1819年)。

 

グレガー・ファイネーグはドイツの記憶術専門家であると同時に、ローマカトリック教会の修道士でした。

 

ファイネーグの記憶術専門家としての活躍は、1806年からはじまります。
彼は、フランスのパリで記憶術の講座を始めます。

 

しかしファイネーグは当時、批判されたりあざ笑われることもありました。
記憶術はドイツやイタリアでは知られていましたが、フランスではまだ知られていなかったのでしょう。
フランスではまだ記憶術への理解が乏しかった時代です。

 

そこで1807年に、2000人の観衆の前でファイネーグの弟子らが12名が、記憶術の公開実験を行い、これに成功し、記憶術の信頼性が高まったようです。

 

1811年には、イギリス・ロンドンに渡り、記憶術の講座を開きます。
ファイネーグは講座の代金を徴収していたため、まさに記憶術の専門家でした。

 

同年の1811年には「記憶する新しい技術」といった記憶術の本を出版します。

 

書の内容としてはウィンケルマンやリチャード・グレーの変換記憶術とほぼ同じではありましたが、キケロやクィンティリアヌスが説いたイメージと場を利用した古典的記憶術も含まれていて、現代の記憶術総合システムに近いものとなっていました。

 

ファイネーグはフランス、イギリスといった、まだ記憶術が浸透していなかったヨーロッパの主な地域で、記憶術を広めました。これによって次第に、ヨーロッパに記憶術が知られて世間にも広まっていきます。

 

記憶術の認知の広がりと、その効果と関係してでしょうか、ロンドンに渡った頃からファイネーグは、記憶術を秘密の技術とするようになり、一般公開を避けるようになったようです。

 

 

ファイネーグの方法が進化してもっと使いやすくなっている現代の記憶術