記憶術の歴史

ジュリオ・カミッロのオカルト記憶術

記憶術は古代ギリシアの弁論術での使用を経て、中世ではスコラ哲学の中で宗教倫理の記憶や伝承に使われましたが、ルネサンスに入ってから再び用途に変化が出てきました。

 

その変遷の一つが、ヘルメス主義や新プラトン主義といわれる、いわゆる「魔術」「オカルティズム」の世界での使用です。記憶術をオカルトの世界といったサブカルチャーで使用しはじめた一人が、ジュリオ・カミッロといいます。

 

カミッロは15世紀の後半(1480年)にイタリアに生まれます。
彼は16世紀の前半に、「記憶の劇場」と呼ばれた木造の円形劇場をベネチアに作ります。
後にフランスでも同様の木造の劇場を作ります。

 

カミッロが建てた劇場は、キケロの記憶術を取り入れながら、なおかつヘルメス主義や新プラトン主義といったオカルト的思想を元にした建造物でありました。

 

カミッロは、劇場を「記憶の場」としながらも、オカルトの要点を暗記できるように記憶術と連動させていたといいます。

 

7つの柱と、7つの門、そして7つの通路と7つの観覧席からなるカミッロの「記憶の劇場」です。

 

「記憶の劇場」は神が住む超天上界、惑星からなる中天上界、地上としての四大世界といったカバラの世界観を包括しています。

 

ルネサンス期には、隠秘哲学も登場しますが、カミッロはこうしたオカルト的な世界に傾倒し、なおかつオカルト教義を記憶するにも役立つための「曼陀羅的劇場」を作りました。※この劇場の詳しい絵はこちら

 

ユダヤのカバラ、魔術としてのヘルメス主義、神秘学としての新プラトン主義といったように、特殊かつ独特な世界観の中で記憶術を使っていますが、記憶術の方法としては、キケロらの古典的記憶術になります。

 

ルネサンス以前では、記憶術といえばスコラ哲学的な方法でしたので、ある意味、カミッロは古典的記憶術に戻ったともいえます。

 

隠秘哲学で使用された古典的記憶術

しかしこうしてオカルティズムの世界で記憶術が使われるようになったというのが、記憶術の歴史にはあるということになります。

 

こうしたルネサンス期にはオカルティズムの世界、隠秘哲学の世界で記憶術が取り込まれるようになりましたが、これはとりもなおさず、印刷化したくない知識の伝承、あるいは、心に焼き付ける方法として記憶術が使用された証でもあります。

 

このことはつまり、印刷しないで伝承していたスコラ哲学的記憶術と、動機は同じです。
こうした隠秘哲学における伝承と暗記の方法として記憶術を使い出したのは、カミッロの他に、次のような人達もいました。

 

・ラモン・ルル(1235年〜1316年)
著書、「小さき術」「大いなる術」
憶えたいことの頭文字を利用した頭文字法的な記憶術を使用。
「ルルの輪」とも呼ばれる記憶術を生み出す。
※ラモン・ルルの詳しいことはこちら

 

 

・ジョルダーノ・ブルーノ(1548年〜1600年)
著書、「イデアの影」「キケルの歌」「記憶の術」「三十の像の燈」
メトロドロスのように天宮図を使用し、なおかつ360度に分割した天宮図を「記憶の場」として使用。
ブルーノは、どんな単語や言葉も、一つのイメージに置き換えることのできる独自の変換法「記憶の輪」を作り出します。
これは「ルルの輪」を応用した変換記憶術でした。

 

 

・ロバート・フラッド(1547年〜1637年)
著書、「記憶術体系」
記憶の場として架空の「記憶の劇場」という舞台を設ける。

 

こうした人々もいました。

 

この時代、カミッロを筆頭に場所法を深め、またラモン・ルルの「ルルの輪」やジョルダーノ・ブルーノの「記憶の輪」は目を見張るものの、記憶術はオカルティズムの世界で使用されていました。

 

これらのものは記憶術そのものというよりも、隠秘哲学に記憶術を導入していたというものであって、ほとんど特殊な世界になります。非日常的過ぎる思想や世界観であり、記憶術の方法も古典的な記憶術の踏襲です。

 

しかしオカルトや魔術といったサブカルチャーの世界であっても、憶えたいことをしっかりと暗記する方法として記憶術を活用していたことは、現代でも同じで、「しっかりと記憶したいことは記憶術を使用するのが良い」という証でもあります。

 

もっとも非日常的過ぎる世界で記憶術を使用するよりも、実生活に活用したほうが有益でありましょう。そういう意味においても現代の学校の受験や資格試験、その他、即効的に憶えたいシーンで活用できる「現代の記憶術」のほうが何倍も優れていますし、実用性もあり、健全であります。

 

 

 

実用性のある現代の優れた記憶術