記憶術を受験勉強に活用

大学受験に記憶術を活かす

大学受験の勉強に記憶術を使うことはとても良い勉強方法になります。なぜなら大学受験では膨大な量の事項を記憶する必要があるからです。過去問題などを解くにしても、まず覚えるべき知識を暗記をして基礎を固めておかなければなりません。

 

大学の受験勉強では淡々と英単語や年表などを覚えていても確実に暗記できる保証はありません。たとえ覚えたとしてもすぐに忘れてしまうことも多いですね。また、暗記しても、いざという時に思い出せないことも多々あります。

 

「スグに忘れる」といったことは大学受験の勉強においては、克服や改善したいテーマです。といいますか学習効率を高めるためには、「一度暗記したら忘れない」としたいところです。けれども通常の受験勉強では、暗記と記憶の繰り返し・反復学習によって憶えていくものです。

 

しかし反復学習を不要とし一回暗記すれば長期記憶が可能となるのが「記憶術」なのです。

 

記憶術なら短時間で暗記が可能

通常、記憶力は、生来の能力に左右されると考えられています。
けれども記憶術は独自の暗記の方法を使っているため、大学の受験勉強などのように膨大な量の事柄を短時間で暗記することを可能とする記憶の技術です。大学受験用の英単語であれば1時間で50個以上記憶することもできます。

 

誇大妄想のような暗記が果たしてできるのかといえば、答えは「イエス」です。受験勉強の際、数多くの暗記する内容もありますが、これらを効率よく憶えていくことが可能です。

 

この秘密は、記憶術がイメージトレーニングと同等の原理で暗記する技術・方法だからです。人間の脳の海馬には映像で記憶しやすい特性があって、記憶術は人間の大脳生理学に基づいた記憶の技術になります。

 

ですので大学受験などでの英単語でも、文字だけで捕らえるのではなく画像や映像としても認識して記憶の定着を図っていくのです。

 

画像として認識するので試験にその事柄が出てきた時には頭の中にイメージが広がりやすくなります。そこから関連付けて思い出すことが出来るのです。受験に記憶術が有利であることは数多くの体験者によっても実証されています。

 

大学受験の新しい勉強法

大学受験では試験範囲も広いですし専門的な事柄も多く出題されます。しかし記憶術を効果的に利用すれば超難関大学にも合格することは夢ではありません。

 

なんといっても基礎となる暗記の部分が大幅に効率よくなり、かつ暗記が長期にわたって定着するからです。記憶術を大学受験の軸に取り入れることは学習効果を高める新しい勉強法といえます。

 

実際、この技術で今までクラスの成績がビリだった方がたった3ヶ月で東大の大学受験に合格したという実績もあるくらいです。それだけの短期間で覚えることが可能だということなのです。

 

記憶術は大学受験以外にも使える技術

ここで紹介する記憶術は大学受験対策用として活用できます。1日たったの15分で誰でもマスターできるということです。

 

早い人なら1週間で遅い方でも1か月で効果があらわれてきます。これなら忙しい受験勉強の合間でもマスターすることが可能でしょう。

 

記憶術をマスターすれば大学受験も怖くありません。受験において他人と差があらわれやすいのは何といっても暗記力になります。勉強法としては白眉なやり方になるでしょう。

 

これを制覇するかしないかで合否が決定すると言っても過言ではないでしょう。
記憶術は大学受験だけでなく社会人になっても資格試験対策に活用できます。
まさに一生の財産となる暗記のテクニックであり技術なのですね。

 

◎大学受験で活かせるおすすめ記憶術