東大式IT記憶術は新しい記憶術

東大式IT記憶術は、浅田哲臣氏が作り上げた新しい記憶術になります。もっとも記憶術ですので物事を暗記する技術になります。暗記は、実は技術・テクニックで上手に行うことができます。このことはこのサイトの他でも何度か言及もしています。いわゆる丸暗記というものは、生まれながらの記憶力の良い悪いによって差が出てきます。

 

しかし暗記する技術であるところの記憶術は、生まれながらの物覚えの良さとは関係なくなります。覚えるためのテクニックなので、元々暗記が苦手な人でも東大式IT記憶術などの技術を活かせば物覚えが得意になるからです。

 

生まれながらにして暗記が苦手な方でも記憶が得意になれます。その方法が記憶術ですが、各人によってこのテクニックの秘密が違っています。この肝の部分は、まさに記憶術の秘密ですね。しかし浅田哲臣さんの東大式IT記憶術の秘密の部分をここでは少し暴露してしまいましょう。

 

パソコンとインターネットを使った記憶術

東大式IT記憶術の秘密を一言でいってしまいますと、それは従来の記憶術に多い「イメージ化」とは少し違う方法になります。また語呂合わせのテクニックでもありません。東大式IT記憶術はパソコンとインターネットを使いながら記憶の効果を高める新しい記憶術になります。それ故に、浅田哲臣氏のこの記憶術が新しいといえるわけですね。

 

パソコンを使ってインターネットを駆使することが東大式IT記憶術のキモになります。初めて聞く人はビックリするかもしれません。拍子抜けするかもしれませんが、イメージ化や語呂合わせによらないテクニックで構築されているのが東大式IT記憶術の秘密であり特徴になります。しかし、あなどってはいけません。暗記するためのものすごいパワーが秘められているからです。

 

東大合格の浅田哲臣氏による東大式IT記憶術 公式HPはこちら

 

一般的な記憶術と東大式IT記憶術との違い

そもそも記憶術の方法は古代ローマ時代の弁論のテクニックでも使われていました。自分が話す内容を空間にイメージ化させて記録させて、弁論する内容を記憶していました。

 

映像・ビジュアル化を駆使した技術が、記憶術になるわけですが、細かな技法に関してはマニュアルを見ていただく必要があります。

 

この細かい技法。テクニックこそ、じつは、記憶術の第二の秘密になるからです。どうすれば上手に暗記対象を映像化できるのか、抽象的な概念のイメージ化などなど。こういったビジュアル化のテクニックが記憶術の第二のキモになります。

 

一般的な記憶術は、暗記する対象を映像化・ビジュアル化して覚える技法です。全てイメージ化させて、そして「あること」に関連付けて暗記していくテクニックです。「イメージ化+あること」で暗記していくため、長期に脳内に定着し、忘れることが少なくなっていきます。浅田哲臣氏のこの方法は、言い換えると、五感を駆使して覚える技術ともいえるでしょう。

 

しかしイメージ化することが苦手な人には、従来の記憶術は使いこなせません。ここに格差が生じます。

 

しかし東大式IT記憶術なら、イメージ力が弱い人、脳内に映像を描く事が不得意な方でも記憶術の効果を実感することができる新しい方法になります。浅田哲臣氏の方法はまさに最新の記憶術といってよいでしょう。

 

従来の記憶術の方法やテクニックを使っても効果が出ないという口コミでの感想や意見を聞くことがあります。これは本当なのでしょうか。記憶術とは効果の無いまゆつばのインチキなテクニックなのでしょうか。

 

いいえ、それは違います。記憶術の方法で効果的に暗記することはできます。しかも覚えたことは長期間脳内に保持されています。だから確かに効果のある方法で有益な暗記のテクニックです。実際、自分自身、体得していますので検証もできます。いくつかの資格試験も取得しましたし、運転免許に関しては数日で筆記試験合格できました。

 

けれども記憶術は、暗記する能力が関係ないといっても、映像化・視覚化させる能力が必要になります。逆にいえば、脳内での空想力、映像化が苦手な人、できない人は、残念ながらT記憶術は活かせない可能性が出てきます。

 

東大式IT記憶術はおすすめ

しかし、これを改善したのが浅田哲臣氏の東大式IT記憶術になります。映像化の能力をパソコンやインターネットによって自然に獲得させるのが東大式IT記憶術といってよいでしょう。

 

そうはいっても、人間のほとんどが、脳内での映像化を無意識のうちに行っています。したがって、この方法はほとんどの人が使いこなすことのできる技術といえましょう。

 

人によっては、脳内でビジュアライズするのが得意な人、この能力が発達している人もいます。もしも映像化が得意なら、他の記憶術を使い込ませますし、200%活かすことができるでしょう。

 

浅田哲臣氏の東大式IT記憶術は、従来の記憶術に基づきながらも、パソコンとインターネットによって新しい方法を提唱しています。

 

大学や高校といった受験や、資格試験といった分野にも活かせます。もちろんビジネスにも活かせます。現在、受験合格を目指している人、資格試験に取り組んでいる方は、ぜひとも東大式IT記憶術は習得しておきたい技術です。

 

ただし、わざわざ映像化しないで、ストレートに暗記するのが得意な人、また耳で聞いて覚えるのが得意な人は、浅田哲臣氏の記憶術以外の方法でもOKでしょう。物事をビジュアライズする、脳内に仮想空間を作ったり、空想することが好きな人が東大式IT記憶術を使用すれば、いっそうの効果が得られます。

 

世にある成功術の中でも東大式IT記憶術は特異な方法でもあり、効果も高いノハウウになります。まさに人生の一発逆転を可能にする秘術といっても過言ではない技術、それが東大式IT記憶術です。

 

従来の記憶術に加えて東大式IT記憶術を使用するなら鬼に金棒でしょう。おそらくすぐに浅田哲臣氏のこのやり方を習得し、高校・大学などの受験、ビジネス上での資格取得試験、難関であろうとも、記憶術で勝ち得ることができるはずです。人生での成功を勝ち取ることができるでしょう。

 

パソコンとインターネットを使いこなして暗記能力を高める全く新しいの浅田哲臣氏の東大式IT記憶術 詳しいことはこちら