記憶術の効果を高める食べ物

オメガ3脂肪酸を摂ろう

記憶力を高める食べ物として「オメガ3脂肪酸」があります。
オメガ3は聞き慣れない言葉の方もいるかもしれませんが油脂成分の一つです。

 

油脂とは、つまり脂質になりますが、油脂の中には、身体に良い物と悪いものがあります。
いわゆる善玉コレスレロールと悪玉コレステロールといった分類されるように、身体に良いものと悪い油脂があります。
オメガ3は、油脂の中でも最も優れ、身体にも良い影響を及ぼす脂質になります。

 

そもそも油脂であるところの脂肪酸は、

 

飽和脂肪酸・・・悪玉コレステロールを増殖させ肥満をうながす身体に悪い油脂
不飽和脂肪酸・・・善玉コレステロールを増やし血液をサラサラにする健康に有益な油脂

 

の2つに分けられます。
このうち、「不飽和脂肪酸」は、身体によい油脂となります。

 

さらに、不飽和脂肪酸は3つに分類できます。
それが、

 

オメガ3(n-3系脂肪酸)・・・中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす
オメガ6(n-6系脂肪酸)・・・悪玉コレステロールも善玉コレステロールも両方とも減らす
オメガ9(オレイン酸/一価不飽和脂肪酸)・・・悪玉コレステロールを減らす

 

というものです。

 

この3つの中でも、極めて優れているのが「オメガ3」になるわけです。
ですから、良質な油脂を摂取しようと思えば、オメガ3脂肪酸を含んだ油脂がおすすめになるわけです。

 

脳の60%は脂質(脂肪酸)でできている

何故、記憶力を高めるために、脂質(油脂)が重要なのかといえば、
なんと脳は、その60%以上が油脂で作られているからです。
脳は、タンパク質が多いと思われていますが、実はそうではなく、その60%以上が油で出来ています。
つまり大半以上が脂質です。

 

具体的にいえば、脳内における神経伝達細胞、つまりニューロンやシナプスが、実にオメガ3脂肪酸で作られているということです
しかも驚くことに、脳の神経細胞は、オメガ3を20%以上含んでいないと、正常に作動しないといわれています。

 

つまり、オメガ3が脳内に充分なければ、頭の回転が悪くなるということなのです。
もっといえば、オメガ3脂肪酸が不足すれば、頭が悪くなるということです。

 

ですから、記憶力や暗記力を高めるためにも、いやそれ以前に脳機能を正常または高めるためには、オメガ3といった不飽和脂肪酸を摂っていく必要があるわけです。

 

しかしこのことは驚きではないでしょうか。
もしかすると知らない方もいらっしゃるかもしれません。

 

オメガ3脂肪酸が不足すると頭が悪くなる

実際、オメガ3が不足すると、神経伝達に障害が出てきて、アルツハイマー、認知症、ADHD(注意欠陥多動性障害)という症状を引き起こすことが分かっています。

 

ですから、脳の状態を良くして、暗記力を良くしようと思えば、オメガ3の摂取は不可欠となってくるわけです。記憶力が良くなるだけでは無く、脳そのものを健康にしますので、オメガ3脂肪酸を積極的に摂取したほうがよくなります。

 

反対に、飽和脂肪酸を筆頭に、不良化した油脂、劣化したオイルの摂取が、いかに脳にダメージを与えるかもおわかりでしょう。

 

このことは、こちらのほうでも詳しく解説しますが、トランス脂肪酸を含んだ食品は、脳に大打撃を与えます。ハンバーガーやスナック菓子、アイスクリーム、ケーキといったものには、脳にダメージを与えるトランス脂肪酸という油脂が多量に使われています。

 

ですから、日頃からトランス脂肪酸を含んだ食品は摂らずに、オメガ3脂肪酸を含んだ食事を取ることが大切になってきます。

 

オメガ3脂肪酸を含んだ食べ物とは

このように、頭を良くしようと思えば、つまり、良質で高性能の頭脳にしようと思えば、まずは良質な「油脂」を摂取することが非常に大切になってきます。

 

細胞は日々、新陳代謝を繰り返しています。
脳を包み込む脳梁の油脂もまた日々、作り替えられています。
高性能の脳にしたければ、まずは良質な油脂の摂取からです。

 

頭をよくする油脂の一つが「オメガ3」ということですね。
そして、このオメガ3を含んだ食品というのが、亜麻仁油、タラの肝油、DHAやEPAになります。
これらを摂取しますと、脳の状態がよくなり、頭の働きの良くなって、記憶力もよくなることでしょう。

 

では以下に、オメガ3脂肪酸を多く含む食品についてご説明いたします。

 

亜麻仁油

オメガ3を含んだ食用のオイルといえば「亜麻仁油(あまにゆ)」です。
「フラックスシードオイル」ともいいます。

 

亜麻仁油は、いくつかのものもありますが、良質な亜麻仁油と、粗悪なものがありますので、購入の際には注意が必要です。

 

おすすめの良質な亜麻仁油は、

 

・容器が不透明のもの
・コールドプレス(低温圧搾)のもの
・防腐剤が入っていないもの(賞味期限があるもの)
・オーガニック素材のもの(いわゆる天然の亜麻にから生成したもの)
・自社生産し自社瓶詰したもの

 

となってきます。
これらが選択基準になります。

 

これらの条件を満たした亜麻仁油は少ないのですが、次の商品は安心できます。

 

 

 

上の亜麻仁油は、輸入品ですので、近くのスーパーには売っていません。
しかし下の亜麻仁油なら、最寄りのスーパーに置いてあることがあります。
確実に入手するならネット通販がおすすめですね。

 

亜麻仁油は、毎日、大さじのスプーン一杯を摂取するのがよくなります。
これを3ケ月くらい続けてきますと、身体が入れ替わっていき、脳の状態も改善されていきます。

 

タラの肝油

また「タラの肝油」もオメガ3を大量に含んでいます。

 

こちらはサプリメント式で摂取も可能です。

 

 

DHA・EPA

また、DHAやEPAもオメガ3を含んでいます。
こちらもサプリメント式で摂取は可能です。

 

 

しかしサプリメントは加工の手が入っていますので、良質な状態でオメガ3脂肪酸を摂取しようと思えば亜麻仁油のほうが断然、おすすめになります。

 

「経済的にどうしても」という方は、タラの肝油などのサプリメントとなるでしょう。

 

オメガ3脂肪酸は受験生必須の栄養素

オメガ3脂肪酸は、脳の状態を良くするだけでなく、悪玉コレステロールや中性脂肪を下げ、メタボリックシンドロームを予防できます。
また、成人病に多い、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞の予防もできます。

 

さらには、花粉症やアトピーなどアレルギー症状の改善効果もあり、うつ病の予防、精神的な不安感の解消にも役立ちます。

 

オメガ3脂肪酸は、受験生をはじめ勉学に励む方々には、老若男女に関わらず必須の油脂になります。

 

ただし、オメガ3が体に良いからといって多量に摂取するのは問題です。
これは言うまでもありません。

 

ジャンクフードやスナック菓子に含まれるトランシ脂肪酸という最悪の油脂を筆頭とした飽和脂肪酸の摂取を控えつつ、オメガ3脂肪酸をたくさん含んだ食品を摂ることですね。

 

そうすることで、あなたの頭も健康も良くなり、記憶力も高まっていくことでしょう。

 

そして下記の記憶術などのノウハウを活用すれば、120%以上の効果を発揮することも可能になると思います。