記憶術の効果を高める方法

早寝早起きは頭脳明晰する

記憶力や暗記力を高めるために、生活習慣を整えることは、かなり効果があります。
これは多くの人が実感もしています。

 

中でも早寝早起きは頭脳明晰にする効果があります。

 

早朝は早く起きると、心身が爽やかになり、気分壮快、頭脳明晰な状態にもなります。
反対に夜更かしが続き、朝遅く起きると、不健康で病気がちになり、またボーっとした冴えない状態が多くなります。

 

ですから、記憶力をアップさせようと思えば、早寝早起きの生活習慣を身に付けることが肝要です。

 

ゴールデンタイムに就寝すると頭がよくなる

「早寝早起き」は、頭脳の状態を良くし、記憶力を高める最も効果があり手軽でにできる方法です。
当たり前と思われるかもしれませんが、この当たり前のことが、頭脳明晰にする秘訣であったりします。

 

何故、早寝早起きが頭脳に良いのでしょうか。
これは明確になっています。

 

なぜなら、人間は、午後10時から午前2時の間は、「ホルモン活動がもっとも活発となり、人体の再生や修復もこの時間に行われるから」です。

 

午後10時〜午前2時は、「ゴールデンタイム」とも言われています。
女性なら、この時間帯に就寝をすれば、美肌にもなり綺麗になります。
お肌の状態がかなり違ってくるくらいです。

 

これは脳の神経伝達細胞にも該当します。
「ゴールデンタイム」である午後10時〜午前2時の間に就寝をすれば、疲れた脳の機能回復が著しくなり、しかもホルモン活動も活発となって、全身が蘇ります。

 

昔から言われている「早寝早起き」とは、午後10時〜午前2時の間は「寝てましょう」ということになります。これが真実です。

 

深夜の勉強は脳を酷使する

しかしそうは言っても、現代人は、夜更かしをする方も多い傾向です。
夜更かしの理由もいくつかありますが、夜更かしをしてしまう理由の一つに、「深夜の爽快感」があると考えられます。

 

深夜、頭が冴え渡って「スカーっ」とすることがあります。
なんか頭が冴え渡って、勉強等が進むことがあります。

 

しかしこれは、深夜は静まりかえっていて雑音が少ないからです。
決して頭が冴えているからではありません。

 

実際は、深夜に脳を使用すると非常に疲れます。
翌日、脳だけでなく、心身共に疲労感が残ります。

 

ですから、深夜、勉強をするのは、実は非効率なやり方になります。
本当に効率の良い脳を使う時間は早朝になります。

 

早朝に勉強をすることのすすめ

深夜と違って、早起きをした様態は、交感神経が盛んで、とてもリラックスしています。
寝起きからしばらくの間は、副交感神経から交感神経へ切り替わるタイミングでもあります。

 

実はこの時間帯が最も学習効果の高い時間帯になります。
ですから、学習効果を高めたいなら、早朝に起きて、勉強をすることがおすすめです。
これが最も学習効果の高い勉強の仕方です。

 

実際、仕事のできる人は、朝3時とか4時起きにして、午前中に仕事を片付けてしまいます。
そうして夜は9時に就寝します。

 

早寝早起きは、頭の状態を良くし、記憶力をアップさせます。
ぜひとも、午後10時〜午前2時には就寝して、朝起きたら勉強をする習慣に切り替えてみましょう。

 

「早起きは三文の得」も真実です。

 

勉強の仕方は、専門のマニュアルもあります。
こうした勉強術マニュアルには、学習効果を高める様々なノウハウが掲載されています。
これ一冊あれば勉強術は事足ります。